ちびっと大きくなって、はんぶんたになった頃。
はんぶんたの名は、被毛の色が半分ずつに分かれているから。