2011年12月 9日 (金)

アクセス数が多いので...

最近何故か?、農業用の無人産業ヘリコプターのアクセス数が多いので古い映像ですが...

過去記事にあった映像は、ニフテイさんなどが映像配信のサービスを止めてしまったので、今は観ることが出来ませんからYouTubeにアップした物をあげておきます。

          

これは我が家の近所(笑)での散布風景、こんな田舎に暮らしています。

       

農薬散布をするにはぎりぎり風のある状態ですので、又GPSを切った状態ですからかなり操作が粗い感じがします。

それでもオペレーターさん要点はしっかり押さえていますからかなりの経験者か?。

 

この映像はもっと古く(笑)...しかも狭い山間部というか谷間でのオペレーションcoldsweats01sweat01...

実機では遥か上空からの散布でしたので、余分な所まで薬剤が飛散してしまっていたと思われます。

目の前を通っているのに薬剤の噴霧状態が殆ど映っていない(笑)、この時少し浴びたくらいでカメラには付着していない...

実機ではこの高さでは不可能。

まさに地を這うが如く...

オペレーターからもかなりの高さから見下ろすような感じですので、経験が必要ですね、良く対応していると思います。

このお二方とも話はしていませんが、たぶん趣味でもRCヘリコプターを飛ばしているのではないのでしょうか?。

目線より下というのは、慣れないとけっこう難しい物です。

       

去年、一昨年と何故かオペレーターさん、前進後退しかしない人たちだったので、面白くないので撮影していません。

趣味で飛ばしている人たちなら解りますが、そのレベルは超初心者(爆)

安全の為と言われているみたいですが、実はヘリコプター...

後進が苦手、LTEと呼ばれるテールローターの推力不足を起こし、制御不能になるため実機などでは過去後進は禁止されていた時期もあります。

今では実機でも十分な推力を確保しているようで、殆どの機材は問題は起きにくくなっているようですね。

模型や無人ヘリの場合は、レートジャイロの発達によってあらゆる条件に対応できるようになっていますから、あらゆる方向に進行しても安定はしていますが...

やはり、不慮の事故を防ぐためにも、無人ヘリの場合はあらゆる方向から機材をコントロール出来るスキルを、オペレーターに身につけさせる教育をして欲しい物です。

          

ちなみにお値段ですが...

この機材ですと、700万くらい?からオプションなどを含めるとほぼ2000万円くらいだったかな?。今度ヤンマーの販売店で聞いてみようcoldsweats01sweat01...

もう少し若くて体力があれば、仕事として行いたいが(笑)...

全国行脚は...

犬の関係だった行くのにね(笑)

                   

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

農薬散布の時期がやってきました(^^)

Img_2831 水稲の病虫害予防農薬散布。

稲の花の咲く今の時期集中的に行われる。

花は良い天気が数日続き温度が上がるとその田んぼは一斉に花盛り、しかし素人さんには花は全く見えません(笑)。

花の咲いているのが解る人!.......

ちびっと白い物が見えています、それは雄しべ......

地味~~な花なのです(爆)

この頃に農薬散布をしないと、病虫害で美味しいお米が出来ません。

673674  全域を行わないと効果がないので、以前は実機での農薬散布。

煙のように大量の農薬をばらまいていました。

677675_2

また比較的低高度(10~15m位?)で飛行するために近隣住民からの苦情が多くなり農薬散布が出来ないような地域が出てきたようです。

20年ほど前から始まった無人ヘリ(ラジコンヘリ)による農薬散布の試験。

紆余曲折があったと思いますけれど、ヤマハとヒロボーで共同開発した産業ヘリが農薬散布の中心になってきています。

Img_2827 現在は同じ物をヤンマー農機からも販売されていますから、相当数の無人ヘリコプターが農薬散布に従事していると思います

Img_2823 Img_2825 産業用無人ヘリとしては比較的安価(爆)、他の商品はこの数倍のお値段が......

それでもベンツや高級乗用車1台分(大爆)......

GPS等を装備したフライトロボットのようなヤマハの製品には(カタログ)1億の文字が.......

たぶんミスプリとは思いますけれど.......

ヤンマー農機の物で高い物で1千万くらいですから、まあ費用対効果としたら実機を飛ばすより苦情が少ない分良いのかも?。

 この機材GPS付きでは無いため動きが荒く感じます、まあオペレーターさんがそのような方かもしれませんが......

この日かなりの風力でしたから仕方がないのかもしれません、地を這うように飛ばしていましたから......

                         

                         

  

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^) 

                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

無人ヘリによる農薬散布

夏の今の時期に行われる水稲の病害虫防除!。

ここ数年実機ヘリコプターから、無人の小型ヘリコプターの防除に切り替わってきた、コストの面では大きく変わらないのですが!、やはり騒音と薬剤の散布範囲が大きく、問題になっていたのです。

最近では無農薬栽培をする農家が多くなり,薬剤が飛び散ってしまう実機での散布は敬遠されてきたのです。

古いタイプのデジカメで撮っているために、音声は入っていないはず(笑)、再生もかなり荒い画像ですから!!(ニフテイさん何とかしてよ!!)見づらいのですが、薬剤の散布状況を観ることが出来ます。

どうもニフテイのビデオクリップは使いづらく旨くブログにアップできません。一つのブログに多数のビデオを入れようとしても上手くいかないし、何とかしてよニフテイさん!!。

使いづらさは、何処のビデオクリップでも一長一短はあるとは思いますが、私のような使い方をする人には向かないかも?。

何とかしてよニフテイさん!!

たったこれだけのこのブログをアップするのに丸々1日掛かっています!

こんな山間部ですから、実機では相当高度をとっての散布になりますから、薬剤の散布は広範囲になってしまいます。

この様に目の高さくらいの飛行高度、実機ではほぼ無理ですから小型ヘリの真骨頂ですね、薬剤も目の前を通ってもカメラに付かないくらいですから、飛散の量はほとんど無いのでしょうね!。

ブログランキングに参加しています、ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

産業用の無人ヘリ

アクセス解析を観ていて面白いことに気がついた、このブログの検索のトップは何と無人ヘリなのです。

動物愛護を書いているつもりが、ちょっと書いたヘリの話に毎月沢山の方が見に来てくれている。

何か嬉しい様でこそばゆい感じがします。

前にも書きましたが、今現在商用ベースで販売されているのは、ヤマハとヤンマー、あとラジコンヘリメーカーから出ている小排気量のガソリンヘリ。

富士重工川田工業の無人ヘリは販売しているのかな?。

価格はヤンマーヤマハとも約1千万円、ヤマハのカタログには何故か1億円の文字が?。

ヤンマー、ヤマハとも各販売会社又はJA(農協)に問い合わせてみてください!。

前に書いたヘラクレス、またはヘラクレスⅡは、現在販売する会社が変わって名前も変わっていた、価格は多分350~500万円くらいだと思うのですが。問い合わせしてみて!。

この他にも捜せば有るとは思うのですが?。

小排気量のガソリンヘリは、ラジコンヘリからの量産品であるために、安い(と言っても)約20万円くらいから有ります。フライトさせるにはもう少しお金が掛かるのかな?。

安全にフライトさせるにはペイロードが3~4Kg程度しかないので、カメラを積むくらいしかできませんが。

軍事用の無人ヘリはやはり高いんでしょうね?、数億円規模なのでは?...

システムで揃えなければなりませんしね、高出力のエンジンや高度な通信システムでコントロールしているわけだし、ほとんど人間の乗れる大きさですし!。

前に(大分前)聞いた話ですがベル206がオプション設定で3億くらいだったと記憶しています、民間用でそれくらいですから、軍事用はもっと高いと思います。

ヤマハの無人ヘリ(農業用の物)が不正に輸出され、軍事用に転化されたと聞きます、あまりにも無防備な事なのですが、そこまで思いつかなかったのでしょうか?。

搭載しているシステムに手を加えるだけで、目的地まで行きそして帰ってくることが出来るはず。偵察や情報収集などでは大した重量ではないはず、高機能の通信システムでも今や日本製の物はかなり軽くできているのですから。

ブログランキングに参加しています、ポチッとしてね!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月28日 (土)

農薬散布用無人ヘリ

田舎ですと、農薬散布は年中行事のようなのですが?、なかでも楽しみというか?年に一度のイベントというか、実機ヘリでの空中散布が楽しみだったのですが.......

677674 実機の迫り来る迫力は何とも言678えず良かったのです、...が近年、騒音や薬剤が広範囲に飛ぶ事で、苦情が多くなり数年前から、空中散布を行うことの出来ない地域が有りました。

実は、今のように無人ヘリで農薬散布を行うことがあまりなかった頃(10年以上前)、友人からのお誘いで朝の5時前から、ヘラクレスという62CCのガソリンヘリでの試験的な薬剤散布の作業を行ったことがあります。

013 この機材は、ヤンマーの無人ヘリなのですが、この機材に比べれば、値段的には1/5程度、当然GPSや高度な自律安定装置は搭載していなくて、パイロット(オペレーターとも言う)の腕次第なのです。

当時のF3Cをこなして??いた私としては難しい事ではないと、たかをくくっていたのですが?やはり挙動の違い、重量物(農薬10Kg及び散布装置)の搭載でいつものコントロールではかなり違い、早め早めのコントロールが必要で、最初はとまどってしまいました!。

パワーは十分でしたし又舵の利きも十分だったのですが、やはり重量物を乗っけていますから?予測しなかった事態も発生??.....

知り合いの田んぼに、直径3mのミステリーサークルを、書いてしまったのは私です......

セトリング.ウイズ.パワーという現象が起きたのですが、回避するコントロールが(前進+フルパワー)遅れ不時着をしてしまったのです。現在のラジコンヘリではほとんどお目に掛かることは有りませんが、初期の固定ピッチヘリではよく起きていました!。

セトリング.ウイズ.パワー..... 力を掛けても(入れても)沈み込む?...まあその通りなのですが、パイロットに取っては嫌な現象なのです!、ローターの吹き下ろしの中に機体が入ってしまうと、そのまま機体が沈下していく(浮くことが出来ない)と言うことで、知らないと勝手に機体が墜落してしまった?と言うくらい地面にくっついてしまう!(当然バラバラに壊れるのですが)

その時はたまたま条件が良かったのか?壊れることもなく、作業を再開できたのです。

機体のセッテングを変更させて貰い、少しだけ操縦しやすくして作業の再開お昼くらいには作業の終了!良い経験をさせて貰いました!!。

今の方々と違い、インカムや機材に着いている高度な補助装置無かった(買えなかった)時代、機体一機に付き5~6人もの人員を付けて作業をしていました。P7210008

ヤマハやヤンマーがこの機材を発売し、又補助装置などの発達で格段に作業性が向上しているのでしょう、2人で来て、その他農家の方何人かが付いて作業をしています。

P7210025P7210016   農薬の飛散が少ないためオペレータや農家の方が近くに居ても、マスク程度でよいようです。実機の写真と比べてみても格段に少ないのが解ると思います。

   ブログランキングに参加しています、ポチッとしてね!!       

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年11月17日 (金)

産業用の無人ヘリ

長く続いている趣味に、模型飛行機がある。今は犬猫の保護活動が生活のほとんどと言っても過言ではないが?。

小学生か、保育園の頃(記憶が定かではないが)隣の家のお兄ちゃんにもらった、ゴム動力の飛行機が良く飛んで無くしてしまい!、(田舎なので田んぼが広くかなりの範囲見渡せるのだが高く飛んで山の方まで行ってしまった)自分で組み立てたのだが、子供である、上手く飛ぶはずもない。

今思えば、上手い具合に上昇気流に乗ってしまったのだろう、今のように経験と技術が有れば簡単なのだろうが?

何故かのめり込み、なかなか貰えない小遣いを貰っては?買い込み組み立てては、上手くいかず、落ち込んでいた記憶がある。

何故こんなに長い間、空を飛ぶ物が、興味の対象なのか?.....

どうも先祖からの遺伝のようだ???

父方のじいさん、ひいじいさんは大好きだったらしく、(飛行機なんか有ったのかな)良く凧揚げをして有名だったらしい?.... 母方のおじさん(母のお兄さん)などは、木更津の海軍航空隊まで、用事を作っては観に行って、なかなか帰ってこなかったそうだ。....

母も影響を受けているのか、好きである?何故に?...農家の嫁なんかにならず。時代と、境遇が合っていれば、女性パイロットになっていたかも。そんな気がする...

さて、産業用の無人ヘリである。現在2社から販売されているだけである。

ヤマハヤンマーである。詳細はホームページを観ていただくとして、機体はほぼ同じである、補器やサービス体制に違いは有ると思うが?

かつて?富士重工からも、大型の無人ヘリ(ペイロード100Kg)が販売されていたはずなのだが?需要が無いのか、会社の方針であろう。(これを書いたあと調べていたら、なんと別会社を立ち上げていたのだ。富士エアロスペーステクノロジーと言う事業を立ち上げていました)

もっと大きい物が有った、販売はしていなかったと思うのだが、川田工業で仕様は忘れてしまったが、人が乗ってしまえるくらい大きく(人が乗らない分ペイロードが増える)笑ってしまった記憶がある。

産業用と言えるか解らないが、小型のガソリンヘリはラジコンヘリ各社から販売されている、ランニングコストがわりかた安い事と、安定性が普通のラジコンヘリに比べて良いので、産業用ヘリの練習用には良いのでは?....ただ自律安定装置が簡単な物しかない事で、(コントロールパドルやヨーレイトジャイロしかない)通常の産業ヘリよりは操縦が難しくなる。

ヤマハとヤンマーのヘリはラジコンヘリのメーカー(ヒロボー)との共同開発なので機体自体は比較的安価である、価格のほとんどをしめる物、それは制御システムなのだ。富士や川田の無人ヘリは実機からのスケールダウンの為、最初から制御システムを組み込まないと、操縦が出来ない?...実機には、最初から高度な制御システムが、歩いて乗っかる?...そうパイロットが乗るために、ラジコンヘリのような複雑な機械式システムが、必要ないのだ。スケールダウンの為それらは当然のように省かれているのだ。

ラジコンヘリは操縦が難しいと言われている。

何故かと言うと、実機との大きな違い...そう、操縦者が乗っていないのである、実機を操縦すると解るのだが、体がセンサーのように反応してくれるのだが、外にいてはそんなことは全くと言って良いほど解らない!。目で見て、動き出してから、コントローラーを操作する、かなり遅れた操作になるため、操作量が多すぎる、結果ひっくり返ってしまう。繰り返し訓練をすれば、必要量を必要なだけ操作できるようになるのだが?....

実機の操縦にはない、向かい合って操縦する、対面と言う操作がある。慣れてしまえばなんのことは無いのだが、どうしても操作が逆になるために、なかなか上手くできない方が多い。

今は、パソコン等で使える、RCフライトシュミレーターなる物が、販売されて、なおかつ高性能の物になっている。活用されたら良いであろう。販売価格もリーズナブルになってきていますし。

近い将来、モニターカメラや、高性能なセンサーを搭載した機体を、実機を操縦する感覚で、フライト出来たらな?そんな夢物語もすぐそこまで来ているような?.......

実際、米軍等で使用されている無人偵察機や、無人の標的用戦闘機などは、システムを組み込んで使用されている。実際我々が使用できる値段まで、プライスダウンは時間がかかると思いますが?.....

注、コントロールパドル    今では実機にはない部分、風等の外乱により機体が揺れてしまうことを押さえる機能や、操縦装置を動かしたときの負担の軽減をになっている。

ヨーレイトジャイロ    メインローターによる反トルクを打ち消すための、テールローターをコントロールするためにある。本来テールは不安定になってしまうため、高性能なジャイロセンサーが必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

農薬散布ヘリ

我が家の近所には、田舎なので当然のように田圃がある。稲が生育してほばらみする頃、我が家は早朝から騒音にさらされる?

_677 _674_1 こんな感じでヘリコプターが迫ってくる?実機のローター音は ドン ドン ドンと言う感じで迫力なのですが、

寝起きの悪い私は、もう少し寝かせてくれ~~~~

ただ 私は空飛ぶ機械が大好きなのだ?

寝ていられる訳もなく、当然こんな写真を撮りまくっていた!

が、今年は様子が違って、音がしないのだ?

実際には、音は出ているのだが、聞こえない?

なぜ?................

_013 正体はこいつ!!

無線操縦無人ヘリ......

ぶっちゃけた話ラジコンヘリ!

趣味で、長く(黎明期、シュリューター氏や沖氏の頃から)ラジコンヘリを飛ばし続け、色々な大会に出場したり、(成績は??)

でも、金とど根性が無かった為に、たいした足跡は残せませんでしたが、

産業用のラジコンヘリも開発を身近に見ていた為、親近感が有ります。音も刈り払い機より少し大きいくらいの!

でも迫力ね~~~

_001 軽トラックにちょこんと乗っていますが、お値段は?

高級車が(セルシオやベンツ)買えてしまうくらい!!

高級車はいらないけれど?ヘリほしい?仕事の幅が広がるモン!

なぜ今年こんなんなってしまったのか?憶測ですが、予算削減?

ちがいます~  農家一軒辺りの費用はあまり変わりません!

こんな田舎でも農家ばかりでは有りません、農業を行っていないサラリーマンや自営業の方には、実機での農薬散布は、迷惑なのです!(私は大喜び、この日は子供です。)

飛行高度が高い為、(約15mくらい)薬剤が家や車にかかってしまう被害が、毎年発生して、又早朝から行わなければならず、苦情がどうしても出てしまいます。

産業ヘリでの作業は、早朝から行う事は一緒なのですが、飛行高度が1~3m程度で、なおかつ静か?これなら苦情も無いでしょう。

_034          _037          _061          _056 _023

| | コメント (0) | トラックバック (0)