« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月30日 (水)

早い物で!。

今日で11月も終わり、明日から師匠も走ると言われる師走の12月、私自身も怒涛の一ヵ月になるだろうか?(笑)


保護活動を始めてからだと既に20年以上な歳月すら物凄く早く過ぎ去ったと感じている。


 


はなちゃん、正式譲渡になりました!。


多頭飼育現場において、私を早くここから連れ出してとでも言って居るかの様なアピールをしていた子、そして我が愛車に飛び乗ったんだよね。


普通はさ、ケージやバリケンすら嫌がるのに!、飛び乗り用意していたケージに入ってまったりって(笑)。


その子が我が家に来たら、乗車拒否(笑)


譲渡会すら連れて行けない子だったのにね!、アッサリといっちめえやがったぜ(笑)


今では里親様の旦那さんにストーカー(笑)


幸せ見つけたね。


 


柴の多頭飼育現場から引き取って来た6頭の内、3頭に幸せがやってきましたよ。


それぞれの家に最初から居たかな?と思わせるような行動は何時も不思議です。


縁が決まっているかのような行動は私にも何時も読めない(笑)、譲渡を行っている友人曰く縁の在る家庭は感じが良いと言う!。


柴の子達も縁が繋がったね。


 


 


仔犬も一頭幸せを見つけそう!。


やんちゃ坊主なロメオ君、譲渡会で様々な方からのお声がけがあったのに、殆どの方が子供のアレルギー反応などの様々な理由で辞退された。


ただいまトライアル中なり、どうなりますかね?。


 


仔猫のまりもちゃん。


保護当時、慣れてもらうのに一苦労したのが嘘のように里親さんやスタッフに抱っこされの喉をゴロゴロさせていて幸せへの階段を登って行ったよ。


 


総ての子に小さくても幸せが訪れますように!。


良かったらポチっとクリックしてね!。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

はなちゃん。

多頭飼育現場の最初の一頭だと聞く。

数年間子供を産まず、増える事等無いと思い込んでいた飼い主。

産れた子達がどんどん繁殖して行った事により近所からの苦情が増え一昨年あたりに保健所の指導が入り、去年業を煮やした保健所からの相談でまずは仔犬からと言う事になり7頭の仔犬を引き取った。

様々な話術の末(笑)徐々に飼い主の信頼を得て(いると私は勝手に思って居るが!)親犬になる数頭をまず引き取ったのは今年の5月。

その中にはなちゃんは居たと言うか自分からアピールしてきた子だったよ。

引き取った後、まさかの仔犬を4頭出産。

飼い主は、はなちゃんは仔犬が出来ないと思い込んでいたよ、数年間仔犬を産んでいない事がそう思わせていたのだと思う。

仔犬達は8月頃に様々な里親さんの下へ旅立って行った。

産後と言うか、子供達が旅立っても中々体重が回復しなかったが、不妊手術などを行った。

引き取り時既に子育て中だった子と一緒にね。

はなちゃん、意外と気難しくて(笑)譲渡会には絶対に行かなかったよ、何時も不思議な面持ちでみていたよ、引き取り時嬉々とした表情で私の車に飛び乗ったのにね。

 

今回友人のHPに応募があり、老人世帯と言う事で家までお邪魔してのお見合いでした。

静かな高原地帯にお住いの素敵な老夫婦。

廻りは管理されたような森の中、私が一番好きなシュチュエーションなんです。

と言うかね、今回も余り乗り気じゃあないかなと思って居たけれど、はなちゃんあっさりと車に乗ったよ。

他の仔犬や成犬も車に慣れてもらうために乗せたけれどもね。

しかしどの子もロングドライブ中騒ぐ子は居ませんでした。

 

現地につき他の子が下りたがらない中、はなちゃん嬉々として車から飛び降りてご対面。

私には殆ど見せなかった笑顔をその家族に振りまいていたよ。



幸せ見つけたね、後はトライアルが無事に終わる事を願う。

 

イイネと思ったらポチっと宜しくね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

それぞれの幸せへの旅立ち。

先月初めに近所の農家に段ボールに入れられて遺棄されていた子猫たち、避妊手術の傷が癒え農家の子にそして猫専門の譲渡を行っている知人の下へ旅立って行った。


怯えていた子も抱っこされてゴロゴロと喉を慣らし甘えてくれるまでになったよ。


美ネコちゃんだし可愛がってもらえると思う。






https://youtu.be/5FiowOEvkdA


幸せへの階段を登り始めたね。


 


そして我が家に来た柴軍団の内の一頭がお見合いそしてトライアルへ。



キラちゃんと言う仮の名は動物病院で受付時名前を書かないといけないと言う事で思い付きだ(笑)


まあすぐに反応したからまんざらでも無いんだろうね?。



そしてトライアルへ、幸せへの階段を登り始めました。


聴いていなかった先住猫の話(笑)、でもねお互い長年寄り添ったかのような行動は驚きでした!。


幸せになって欲しいですよね。


ブログランキング、ぽちっとね!。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »