« 犬の不思議。 | トップページ | 七つの子 »

2021年12月12日 (日)

世にも不思議な世界が有る

現実の世界しかも関東の某県にある新〇〇市での出来事。


実は友人が猫の譲渡をその地域に住む人に行ったのだが、譲渡後すぐに逃げられたそうです。


里親さんは嫌味つらみを言い放ち猫を探すでも無い人だそうです、仕方なく友人は捜索に毎日のように出向くも手掛かりは皆無。


その地は、猫の姿はおろか、犬達の鳴き声すらしない静寂(笑)に包まれた世界だそうな!?。


街の入り口には通り抜け禁止の立て看板すらある。


家々はコンクリートで固められた庭が多く、街を歩く人も何故かまばらと言うか殆ど人に行き合わないと!!。


 


何か昔読んだSF小説を思い出してしまった、人のサイボーグ化が進み長寿な世界ではあったが!、町は無機質な世界と化し!家々は皆同じような建物ばかり!動物はおろか、木々も無く静寂に包まれた世界。


あの小説は未来を予見していたのだろうね。


グーグルマップでその地を観たのだけれど、私の記憶にある地では無かったよ、里親さんの近くだし何度か迷子犬の捜索で訪れていた場所なのだけれど、その頃はまさに田園風景の広がる場所だった。


それが無数の小さな家が立ち並ぶ場所になって居た!。


 


   


便利を追い求めた結果、余計に人間として住みづらい場所を作っているのかもしれないね。


因みに友人は東京在住、その友人ですら違和感が満載だったと。


 


人との会話の無い世界では動物ですら違和感を感じ取り逃げ出すのかもね??。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« 犬の不思議。 | トップページ | 七つの子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬の不思議。 | トップページ | 七つの子 »