« しばらくぶりの(笑) | トップページ

2019年6月 7日 (金)

保護活動を。

シロちゃんの保護以来20年もの間続けて来た保護活動。

文太を偶然我が家に迎え入れた事で私の犬達との触れ合いも大きく変わって行った。

関わったワンコの数?今はもう忘れた(笑)

幸せになった子の事は忘れるようにしているからね、我が家を終の棲家にした子は未だに覚えているのにね。

幼少の頃、シェパードを実家で飼育していて犬に対する怖さを知らなかったはずなのに、何時からか犬に対するまた猫たちに感じる嫌悪感が大きくなり、自分の身の回りにいつしかわんにゃんが居ない時代があった。

昔の私を呼び戻したのはシロちゃん事件だろうね。

何とかしたい!と言う思いが直談判と言う行動を取ったからね(笑)

それが今の私の原点。

 

でもね寄る年波には勝てない、気力があっても体が動かない時期が既に5年以上。

惰性でサンタの家との連携をしてきたけど、ここにきて気力さえ出なくなってきた。

保護活動と言う物はものすごく気力と体力と財力を使う、体力気力が無くなって如実に感じるこの頃。

 

去年の暮れから原因不明の体調不良もあって、気力をそがれてしまってから、ワンズの世話が疎かになって行ってしまった時期がある。

その時に、老人から後を診てくれと託され我が愛犬になった秋田犬のシロちゃんを、老齢で介護していて闘病生活の末その子を亡くし一気に落ち込んだのを思い出している。

もっと出来たのか?と自問自答してしまった時期もある。

悲しい事だけど、踏ん張れる時期は終わってしまったのだろう、今居る老齢の子達を看取るまで頑張らなくっちゃ!だね。

 

まさに保護活動の終焉の時が来てしまったのだろう。

後は若い人たちに任せよう!!。

今後一切保護っ子を我が家に受け入れる事は無いでしょうね。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« しばらくぶりの(笑) | トップページ

コメント

お疲れ様でした。私も犬を飼っており、ある意味その仔に終生寄り添うことしか出来ません。本当に逆説的な意味でボランティアの皆様が必要とされない日が訪ればいいなと思います。本当にお疲れ様でした。

投稿: 犬飼ってます。 | 2019年7月10日 (水) 23時34分

10年ほど前ですね、お会いしたの。
多夢ちゃんは既に虹の橋を渡って行ってしまっています。
幸せに出来るかと思っていたのですが、かたくなに我が家から出て行く事を拒否(笑)
私から離れたくなかったのかも(笑)

色々とお世話になりましたがやはり寄る年波には勝てません、キリの良い所で身を引こうと思います。
これからは今居る子達の看取りを10年くらい続けることになりそうです(笑)
何と言ってもネコちゃん達は長生きだから。

投稿: ぶんた | 2019年6月25日 (火) 04時24分

ご苦労さまでした。
色々お世話になり、感謝しております。
これから本格的な夏、ご自愛ください。

投稿: ユイちっち | 2019年6月24日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しばらくぶりの(笑) | トップページ