« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 保護活動のきっかけ(^^) »

2016年1月 1日 (金)

仮説

柴犬。

それに対する他の犬の反応で、面白い仮説をサンタの家スタッフで建ててみた。
まあそれは柴犬だけではなく他の和犬でも言える事なのだが。
我が家で一時預かりをして、噛みを矯正する訓練を行っている柴犬の諒君。
Dsc03809
Dsc03820
Dsc03880
サンタの家では噛み犬に対する対処を会長はじめ私やスタッフたちとよくデスカッションする。
暮れにひょんなことから柴犬の話になり...
ほかの犬が柴犬にだけ異常反応するのはなぜ?という話が出て。
確かに我が家の柴連合軍は、ほかの洋犬たちの反応が悪い(笑)
 
なぜ柴犬だけ?
和犬すべてじゃあなく、柴ナノはなぜ?(笑)
 
仮説として浮かんできたのは!尾の形。
 
実は、犬が威嚇行動として見せるシグナルの中に、尾を直立させて小刻みに振る行動がある。(噛む直前に見せる)
以前射殺された紀州犬の動画にはっきりと残っている。(残念ながら現在動画は再生できないので貼り付けしません)
2fcf1aad
この写真だと解りづらいけど、尾が直立しているのはわかると思います。
動画では尾の振幅が小刻みだったのがわかるのだけど。
 
 
柴は通常状態でも直立しているんだよね(写真参照)
しかも巻いた尾はちょっと動いただけで小刻みに揺れる(笑)
このあたりがほかの洋犬に嫌われる要因ではないのかと?。
顔をそむけず、しかも尾は直立。
ケンカ売ってんのか!このやろ~~という感じに見えるのではないかと!?
カーミングシグナルやストレスシグナルが、見える人たちだからこんな会話が成立するけど、ほかの人たちには意味不明な会話かもね(笑)。
 
 
良かったら応援のポチッとを

|

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 保護活動のきっかけ(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/62982499

この記事へのトラックバック一覧です: 仮説:

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 保護活動のきっかけ(^^) »