« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月25日 (火)

似て非なるもの

あまりに似ていて我が目を疑う

 
 
そんな経験をお持ちの人はいるだろうか?
 
 
先月行われた、サンタの家感謝祭。
忙しくてブログには上げなかったのですが...
 
写真を整理していたら、記事アップしていない事とを思い出した(笑)
 
 
まあその我が目を疑うという事例。
でもって直ぐにサンタ感謝祭(*´∀`*)
 
 
そこにもサニー君が(爆笑)(名前は違いますけれどもね)
Dsc02054
Dsc02061
Dsc02100
Dsc02098
Dsc01673
Dsc01671
Dsc01672
よく見れば、違いは歴然なんですが(*´∀`*)
 
しかも同い年、でも生まれ月がサニー君のほうが若干遅い。
まあ同じような系統の親から生まれているのだろうけれどもね、偶然とは言えこんなに似た子が生まれるんですね。          
 
 
 
 
応援のポチをよろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

朝霧高原で大根祭り

サンタの家での活動費を捻出するために始めた事業の一つ。

サンタ農園happy01fuji
Dsc02179
試験的に無農薬で栽培した大根やたけのこ白菜が豊作。
でもって...
Dsc02251
大根祭りを行いました。
Dsc02234
 
残った大豊作の野菜は、契約農家の方が出荷してくれるということです。
 
しかし、我が地方で取れる大根とは別物。Dsc02190
 
 
短冊に切って、マヨネーズ和えにしたものを食べたのだが、大根ですと言われないと全くわからないくらい美味しい。
煮物にしても大根おろしにしても非常に甘い。
クセのない自然な甘さは嬉しい。
まあ砂糖ほど甘くはないですよ(笑)
 
Dsc02201
 
そのついでに、里親希望者のもとに一旦行ったピレ達のうち、一頭を連れ帰るという事になった。
要求ぼえの酷いミッシェル。
Dsc02206
 
甘えん坊だけなんですが、まあ我が家は近所が新興住宅地なら、2区画ぐらい先まで家がないので(笑)
Dsc02262
里親希望(爆笑)という事で応募したら?担当スタッフに一蹴されてしまった(大爆笑)
まあトレーニングということで我が家に来たからいいかsmile
Dsc02186
 
性格はピレの見本、おとなしい。
でもちゃんと自己主張はしてくれる。
Dsc02207
我が家に来てもそれほど吠えない印象。
Dsc02268
まあ我が家にはダックス軍団と、インギーのももちゃんがいるし(笑)
私の大好きな犬種の一つ。
ミッシェルに愛の手を、お願いいたします。
 
 
 
応援のポチを(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

ボルゾイのオルガちゃん

昨日、サンタの家スタッフと待ち合わせで、静岡県へ...

オルガの搬送をバトンタッチするためなのだが...
 
何時ものようにオルガは車内では静かなもの、途中のSAのドッグランで
 
Dsc02127
ストロボなしの撮影のため私のようにボケています(笑)
初めての場所、匂い嗅ぎに忙しいオルガ(笑)
 
そしてスタッフの面々の待つ、ファミレスへcoldsweats01
 
サンタの家のスタッフは、広範囲に広がったエリアを受け持つために、滅多に会うことはない(笑)
実は、北海道から沖縄まで(爆笑)サンタの家のスタッフはいる。
おかげで私は会った事の無いスタッフが多い。
今回は、事務的な打ち合わせも有って、会長とサンタママ、そして搬送スタッフ?兼DCWのドラミちゃん(だって可愛くてソックリなんだもの)
打ち合わせは深夜まで及び(爆笑)
何をしていたかは謎(笑)、ちなみにファミレスだから想像に難くないsmilecoldsweats01sweat01
そして...
私とおおわかれcrying...Dsc02134サンタママとも、
Dsc02138          
会長とも...
そしてドラミちゃんと共にサンタ号に乗り、旅立っていった。
 
オルガのいなくなった、我が愛車のぶんた号がやけに広く感じるshock
 
 
実はこの搬送をこの地まで行ったのは他に理由があった。
数日前までは、我が家まできてもらう予定だったのだが、トライアル中の子の問題行動で相談されていた。
 
それがたまたまこの地の近所だったという事。
 
飼い主が亡くなり、親族がその子を介護タクシーに載せ保健所に搬送を依頼したのだ。
あまりにその子を不憫に思った運転手さんが...
サンタママに相談したのだ。
 
 
そして、ある夫婦が既に老犬の域に入るその子を、里子にと申し出てくれた。
問題行動は実際に見ないと安易な判断はできないので、実は仕事をほとんど開けられなかった私は躊躇していた。
 
 
が...
 
 
何故か?日曜日が突然オフに(笑)
 
運命の女神さまありがとうcryingsweat01...
 
 
その子は里親様が離れると...
不安から遠吠えのような鳴き声を...
 
対処の仕方を教えて欲しいと。
 
その子は既に目はほとんど見えないほどに白内障の進行があり、そして耳は外耳炎によりほとんど聞こえないほどに症状が進行。
 
タッチシグナルしか解らない程。
良心的な獣医さんに掛かり、適切な治療を行ってもらっているが、それらはやはり負担になってしまうだろうな(滝汗)、何かうまく支援する方策は無いだろうか?
 
自分で老犬の介護を行いその苦労がわかっている私は、対処法を色々伝えたが...
それでも伝え切れたかどうか?
 
トライアル期間が終了するまでに改善できるといいな。
 
 
 
オルガとこの子に幸多からんことを。 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 
みなさんよろしく                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

子犬たちの旅立ち

子犬たち、サンタの家のスタッフに連れられて、里親さんの元へ旅立ちました。

富(ふう)ちゃんは、岩手県へ
景ちゃんは、神奈川県へ
万感の思い。
 
 
真夏の灼熱の海浜公園に捨てられていて、富津警察署の署員が保護してくれた子達。
体重は400gを超えたところ、まだまだ自力では生きてはいけない。
 
署から電話が入った土曜日、朝霧高原にあるパセオ朝霧にてスタッフとの打ち合わせ、私はその日からロングバケーション(爆笑)
もしもその数日前だったのなら、この子達は骸にならざるを得なかったかも...
 
日曜日、夕方に受け取った子達は目も明いていない、生後数日と言うところか?
 
その日から、活かせるための戦いがcoldsweats01sweat01smile...
 
 
まあ飲みっぷりも良く、そしてよく寝る(笑)
 
 
こんな時期を経て、順調に大きくなり...
我が家で1週間ほど過ごしたあと、富ちゃんと景ちゃんは旅立っていった。
家族に幸せを届けるために。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残りの1頭はどうなったかって(笑)
 
 
 
 
行方不明じゃあないよ、あるところに拉致された(爆笑)
 
岳くんは、聴導犬への道を歩み始めました。
適性はギリギリでの合格、これから先幾多の試練は待っていると思う。
耳の不自由な人の一助になればいいな!という事で始めた聴導犬普及協会への協力。
 
 
きっと飼い主とともに幸せになってくれると思う。
 
 
 
しかし、天塩にかけた子が全部いなくなると、何時もの事だけど寂しくなってしまう。
仕方のないことなんだけれど、何時ものことながら(^^;...
 
 
さんぴきの幸せにポチット応援を。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 
みなさんよろしく       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »