« すみれのお見合い | トップページ | 相棒、虹の橋へ。 »

2014年4月17日 (木)

家族を見捨てる人の心理

避妊手術でお世話になっている獣医さんの元へ行った時に...

プーキー君を里親さんに引き渡した。

その後に、捨てた人の心理がわからずに、獣医さんとの雑談した時に...

 

 

私たちには永遠にわからない!!

 

 

そういう答えが返ってきたcoldsweats01sweat01

どんなにかわいくても。

どんなにお利巧でも。

どんなに愛くるしくても。

 

 

捨てる人に都合がわるければ、見放してしまう。

 

 

うるさい。

煩わしい。

噛む。

家の中が汚くなる。

 

引越しする家が、動物不可?

家族が増えた?

 

我々からすれば....

なぜ?

なのだけれど、捨てる彼ら彼女たちにとっては、まっとうな理由なのだろう。

 

 

君津警察署で、最初に観たときに、ほとんど動かずにいたプーキー君。

その身なりから警察署員でさえも老犬だと思っていたほど。

うるさい、とか

噛むとか、そんなこととは無縁な子だった。

 

我が家に来ても自分を主張することなく、大勢いるわんこの中にすぐに溶け込んだ。

片目を失う大けがで、私の元が終の棲家にするつもりでいたのだがhappy01confident

 

捨てる神あれば拾う神ありlovely

 

ずっと見守っていてくれた看護師さんが名乗りを上げてくれた。

 

私の仕事が忙しく....

お届けがかなり遅れてしまってcoldsweats01sweat01...

 

 

私にとって、捨てる人の心理は死んでも理解できないんだろうな?

まあ理解しようともしないけれどもね(笑)

協力関係にある、NPO法人 サンタの家の会長さんが、飼育放棄は虐待であるsign03と言っていたが、全くの同感だ。

 

 

理解できる人も理解できない人も、応援のポチをよろしくhappy01

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

|

« すみれのお見合い | トップページ | 相棒、虹の橋へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/59483673

この記事へのトラックバック一覧です: 家族を見捨てる人の心理:

« すみれのお見合い | トップページ | 相棒、虹の橋へ。 »