« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

あきたいぬ

更新のままならない日々が続いていますがcoldsweats01sweat01sweat01

秋田犬( しろ 雌)

が、わが家にやってきました。Img_3382 肩口の所に傷があり、猫の保護活動をしている友人から相談を受けたのだが...

虐待を受けているのでは?

と言うのが相談の理由だった。

確かに、咬み傷では不自然だし、皮膚疾患を疑う余地もない。

一応みて貰った獣医さんの所見では外傷coldsweats01sweat01...

毎日の洗浄と抗生物質で現在は傷も小さくなりつつある。

             

           

現在の飼い主にもお会いしたのですが。

現状独居高齢者であること、近隣からの吠え声での苦情等shock

等で知人宅において飼育していたのだが...そこも近いうちに...

引き払わなければならなくなったとshock...

保健所にも相談を行っていたが、秋田犬と言うことで譲渡が難しく...

その後相談に来ていないと、担当者から言われた。

お陰で我が家に来る羽目にshock...

               

                            

               

性格は温和しく人にはすぐに甘える。

              

                   

が...

        

対犬となると、相性の悪い子?には向かっていってしまう。

性格のきついモモなどはいきなり取っ組み合いを仕掛けられてしまった(笑)

が、老犬の松やチャッピー、セッターのジミーや小鈴小萩姉妹などは全く問題がない(笑)

そこにいないかのように振る舞えるのだ。

カーミングシグナルは普通に出せる事を考えると、ストレス度がまだ高いのか?...

カーミングシグナルについては、こんなイラスト付きの解説をしてくれている人(マールの飼い主 きむらみほ さん )が居ますのでリンクしておきます。

そぶりをみていると、虐待を受け続けていたようには観えないのだが...

 年齢的にはすでにシニア犬に入っているようす。畜犬登録も08年と言うからすでに5歳以上だと思われる。

まあこの辺りは、現在の飼い主に確認してみよう。

飼い主と相談の上里親さん募集するか決めますね。

あきたいぬdogのしろちゃんが、可愛いと思う人はポチッとねlovely

 

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく!

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

バザーを

今度の日曜日

バザーに参加します。

場所  千葉県木更津市羽鳥野6-21-4

     みなのば広場特設会場

マップhttp://www.minanoba.com/location/#map

日時  平成25年6月30日 10時から16時まで。

ちんまりと参加しています。

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

百島診療所が...

告知が遅れた(^^;...

里親さんがまたまたTVに...

田中看護師さんが次田先生と共に...

6月17日朝8時からのTV番組、日本TVのスッキリの中で...

15分ほどですが紹介されます。

暇な方は観てね~~

           

あたしゃ直接行きたいのだが...

暇が全くない。

だれか広島あたりで里親さん居ないかな~~

広島で思い出したけど、何処かにゴールデンの女の子(1歳くらい)保護していないかな(^^;...

                  

百島診療所をよろしくですlovely

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

なんだかな~~(^^;...

警報発令cryinghappy02わが家のわんにゃんが増加中shockshockshock...

富津警察署から電話があったのを皮切りに、あっと言う間に十数頭の引き取り依頼がshockcrying...

流石に今の私の事情では飼育困難に陥ってしまう事態が有り、警察や保健所からの依頼以外は申し訳ないが引き受けていない。

今の千葉県動物愛護センターは、持ち込み=即sign03殺処分ではないので、状態を良く説明し相談に行って欲しいと。

それでもあっと言う間に、仔猫が9頭も増加(助け上げることが出来なかった子も5頭ほど)shock

睡眠不足が慢性化している今日この頃shock...

                   

                       

そんな中にまたまた凄い話しが...

秋田犬(あきたいぬ)の女の子が...

自宅での飼育が近隣からの苦情で飼えなくなり、知人の家に預けたところ...

近所の子供?達から虐待を受けてしまい、大きな怪我を負ってしまったコ。

たまたま散歩中に、猫のボランテアをしている知人が見つけ、私の所に相談に来た。

しかもその子の飼育場所が近々なくなるとshock...

日曜日に、ボランテアさんと飼い主が面談して今後を決めると言うことですが、そう言う事情であれば引き取らざるを得ないでしょうね。

保健所とも相談の上だしshock...

わが家はもう...

でも頑張るのだ、皆さん支援よろしくcoldsweats01sweat01scissors...

                  

これを書いている途中で見知らぬ電話が...

多頭飼育現場で立ち退きを迫られ、11頭のワン達の行き場を探していると...

そのうちの5頭はなんとか里親さんを見つけることが出来たのだが、後6頭残っている。

不動産屋からは矢のような催促(笑)(早くウッパライタイのかなsmile

がなんとか引き留めて引き延ばしていると。

飼い主本人からではなく、介護支援の会社からだった。

             

とりあえず近日中に写真を載せることは出来るでしょう、随時里親さん募集中です。

                     

しかしわが家が多頭飼育崩壊になったらどうなるんだろうか?...

そんなわけで支援をお願いいたします

                     

今日は手抜きってえ事でsmilecoldsweats01sweat01、ぽちっとね。

 人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく!

                       

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

あうとれっとせーる(^^;...

友人が記事をあげていたのでcoldsweats01sweat01そのままリンク(笑)

ペットショップなどに並んでいる売れ残り商品を投げ売りshockするわけだけれども...

殆どのペットショップは付加価値を付けることが出来ずに原価販売するわけだけれど...

オークションなどで仕入れるとまあもっと安い場合があるわけで、これでも多分大損はしていない(笑)

確かに、保護犬でも保護猫でも1ヶ月以内の子供はいませんか?と言う訳の解らない希望者が多いのには驚く。

中には何故不妊手術まで待たなくちゃいけないのか?(笑)なんて人も(^^;...

そう言う人達が多い日本という国、ましてやこの房総半島のド田舎ではsmilesadcoldsweats01sweat01sweat01...

お年寄りまで2ヶ月以内の子を欲しがる(曝)

そして1年後には手を焼いて相談に来る(曝)(ぶんたの家からの家からの子じゃあないよdelicious

少なくとも一番早い子で2ヶ月令、しかも不妊手術済の子しか渡さないからねhappy01scissors

       

私のリンクしてあるブリーダーさん、特にalwayshereさんなどは、引き渡しまで、社会化とトレーニングを行っているからね。

小犬が来るまで出産から半年後以降happy01goodeyescissors

代表の松崎さんの考えに共鳴した私(訓練方法の違いはあるけれどもねcoldsweats01sweat01

やはり小犬でまだ社会化の出来ていない大型犬は...

後で泣きをみますよ飼い主さんcoldsweats01sweat01smile...

どんな訓練やり方であっても飼い主責任(犬は飼い主を選べませんが)でその子を迎え入れたら生涯にわたって義務を果たして欲しいな。

こんなはずじゃあなかったshock...

と言うのは、責任放棄の言葉。

それが、たとえ200万の...又は貰い受けた保護犬であっても...

生涯を通じて愛で続ける覚悟が必要なのです。

                 

                          

話が逸れてると思った人は、ポチッとな。

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »