« あはは(^^;... | トップページ | ひさびさの(^^;... »

2013年4月22日 (月)

飼い主の責任

藤田りかこさんがこんな記事を書いていた。

Dogactually 犬を感じるブログメディア
犬を責めないキャンペーン(飼い主の責任)

犬が社会から受け入れられると言う土壌は、一朝一夕には出来ないだろう。

今の日本では犬や動物の好きな人だけ大騒ぎしているだけのような感じを受ける。

世の大半の人は、実は興味がないかあるいは嫌いな人が...

7割程度いると言っても過言ではないと思う。

騒ぐとは言ってもその大半は飼い主ではなく業界(笑)

まあそれはオイトイテ(笑)

       

         

今の日本の事情としては、飼い主に自覚と責任の無い人が多数存在しているのも確か。

法律によって義務づけられている、狂犬病予防と畜犬登録。
それすら知らない飼い主の多さ。

他人の家の玄関先におしっこやうんちを放置する飼い主。
(かなり苦情として話しが私の元にやってくる)

吠え(^^;...

指導後も改善しない等の苦情も(笑)

                

これらを改善しないで、要求のみ押し付けてくる(笑)そんな飼い主の多いこと...

中には犬だからしょうがないだろ...

なんて逆ギレも(笑)...

             

先にも書いているが、7割にも及ぶ人が嫌いかあるいは興味がないと言う事実。

それらの人々に理解を求めるのは並大抵ではない。

そんな中で動物が市民権を得ると言うことがどんなことか?。

                 

飼い主に責任感がなければ、動物は安心して暮らせないだろう。

               

Dogactuallyにもう一つこんな記事が...

数字で観る動物愛護の途中経過

ちょうど1年遅れ(笑)のように発表されるデータなんですが...

殺処分数だけを観れば、わが千葉県はトップから陥落(^^)/

それでも15位という数値。

それがいかに多いのか...

だが猫だけに関しては未だにトップを独走(3723頭)。

産まれて間もない子達のため殆ど翌日には冷たい骸(殺処分数にカウントされてしまう)...

職員の手が足らないし、センターは生かし続けるための設備がそろっていない。

愛護団体がたまたま訪れてくれれば、助かる可能性は無きにしもあらず...

何度も書いているが、持ちこむ人はリピーターのようだ(と思う)

年に2度も3度もであれば顔も覚えられてしまうだろうが...

ノラネコが...

とか

家の前に棄ててあって...とか

そんな理由で愛護センターに持ちこむ。

          

                  

動物を飼う責任

それは義務を放棄したときに、権利を消失する様に、責任を放棄した時点ですべてを失うと言うことになるのだろう。

義務を果たさない人間に、動物を飼う資格がない。

そう言ったら言い過ぎなんだろうか?

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく!

|

« あはは(^^;... | トップページ | ひさびさの(^^;... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/57225591

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い主の責任:

« あはは(^^;... | トップページ | ひさびさの(^^;... »