« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月19日 (月)

対岸の火事?...

昨日の続き...happy01...

             

まあ狂犬病という病気は人獣共通感染症、そして...

「最も致死率が高い病気」として後天性免疫不全症候群(エイズ)とならんでギネス・世界記録にも記録されている。

※Wikipediaより引用

まあ発症してしまえばそれで死を待つしか殆ど方法はない。

唯一生存している、コウモリに咬まれ発症した当時15歳の少女。

ミルウォーキー・プロトコル(Milwaukee protocol)と言う治療法で治療が行われ、世界で始めて狂犬病ワクチン未接種で発症し治癒できた唯一の例。

それ以外は...

予防接種を受けていた5名以外、発症して助かった例は無いbearing...

                  

講習会の内容に戻しますcoldsweats01...

フィリピン帰国後発症例

.水を飲もうとすると受け付けないような感じで息苦しくなる。

.風に当たると辛いので避けながら歩いていると言って、来院した60代男性。

.発熱、咳、鼻汁

⇒投薬で症状改善せず。

検査⇒脱水のみのため、補液、制吐剤投与後帰宅

翌日通院

.虫が観える等の幻覚症状が出現

.水が恐くて触れない

.空調の風や人がそばを通る動きだけででも非常に不快感を持つ

.興奮状態

やはり人間でもかなり暴れてしまうようです、看護師などを蹴る...つばを吐きつける...痙攣などなど...

もはや人間では無くなってしまうのでしょうか?
脳組織を破壊され続け、その終焉に向かって...

                     

                       

入院翌日、家族からの情報で、滞在中手をかまれたかも知れないと。

その時点での病院への受診や、曝露後予防が無かったと思われると...

                 

その提供された情報と、症状を元に狂犬病を疑い⇒検体を検査して狂犬病確定。

                 

                           

海外などで狂犬病の疑いのある犬等にかまれたら...

.すぐに水と石けんで傷口を洗い流す。

.エタノールやヨード液で消毒する。

.出来るだけ速やかに医療機関を受診して、予防処置を受ける。

.破傷風予防も大事です。

曝露後予防接種は。

WHO方式、狂犬病免疫グロブリン使用(日本では未承認)。

1回目、出来るだけ当日(0日とする)

2回目、3日

3回目、7日

4回目、14日

5回目、28日

の5回の、ワクチン1㎣接種を行います。

                                 

そして日本独自の(笑)接種方法、ここでもガラパゴス化があるなshocksweat01...

日本方式

1回目、出来るだけ当日(0日とする)

2回目、3日

3回目、7日

4回目、14日

5回目、30日

6回目、90日

の6回の、ワクチン1㎣接種を行います。

必ず渡航中に予防処置を開始してください。

しかし...

実は、狂犬病免疫グロブリン...

高価で品薄状態、途上国でも手に入りづらいとかshocksweat01...

狂犬病免疫グロブリン、日本ではまず手に入らない、と言うか...

承認していないので、販売及び人間に使用できないと言うこと。

                                

これは厚生労働省の怠慢としか言いようがない、まさに対岸の火事としか観ていないのだろう。

                         

今日はこの辺で...

お後が宜しいようでcoldsweats01sweat01...

             

                   

狂犬病なんてよそ事だと思う人も、身近なことだと思う人も                        

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく

               

                

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

今傍にある驚異

狂犬病.(http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-2e87.html#comments)の記事を以前書いていましたが、又蒸し返すように(笑)

まあ発症してしまったら笑い事ではない病気なんですがshock...

厚生労働省のPDFファイルにあるマップ

それによると...

何と、発生国はお隣さんとも言うような国々。

特に多いのがインド、パキスタン、バングラデシュ、中国

インドに至っては2万人shock...

                

あまりに少ないと感じる中国は...しっかり報告が出来ているのだろうか?...

北朝鮮は...

壁の向こうの国のようなcoldsweats01sweat01...

                    

日本との交易の盛んな中国ロシアからは、入ってくる危険性はかなり高いと言った方が良いと思う。

コンテナに紛れて入ってくれば、荷主以外鍵を開けることが出来ないために、水際の防止策は...

税関の検疫と言っても荷物の確認以外しないからね。

そこからどれだけ漏れ出るか...

それらによっても狂犬病に曝露する確率は変わってきてしまうけれども...

何しろ最強の人獣共通感染症ですからね、しかも中間宿主?はほ乳類全部shockshockshock...

           

実は今の日本国内で、狂犬病の症例を観た人は僅かだと言って良いでしょう。

なぜなら近年帰国者の中に発症例はあっても、狂犬病に冒された犬やほ乳類を観た人は殆どいないと言って良いでしょう。

獣医師でさえ録画でしか観ていないでしょうしね。

インドやそのほかの国々で実地で研究している人達以外はね。

タイランドは国を挙げて研究しているそうなので、観る機会は多そうです。

                                 

さて本題です。

狂犬病の症例として...

まずは潜伏期間。

2週間から2ヶ月、(最長6ヶ月という報告有り)程度。

                                        

発症3~4日前からウイルス検出。

                                    

発症後10日以内に死亡(平均2日)

とまあそんな感じな様ですshock

                            

                           

症状としては...

                      

前駆期 

元気、食欲の低下。

行動や性格の変化。

脳神経がウイルスに冒され始めて行動に変化が出るようです。

           

狂躁期

目の前の物に突然噛み付く。

大きな声で吠える。

舌麻痺。

咽頭麻痺。

無目的に走り回る。

協調運動障害。

              

麻痺期

横臥。

流涎(ヨダレが止まらない)。

意識低下。

Photo_2

講習会資料よりsmilecoldsweats01sweat01...

この後は...

                     

shocksweat01eyeが待っているだけです、どうしようもなく手だてがありません。

曝露後(咬まれたり!)何もしなければこの様になると言うこと、すぐさま対処して発症を押さえ込めば、助かる確率は高いのです。

                          

今回、何でこんな記事を書いているかというと...

今年度の動物取扱責任者研修を鴨川市で受けたさい、夷隅健康福祉センターの新人の方がこのネタを持ち出してくれましたhappy01scissors

                       

講習や研修というと、私は居眠りをこくsmile...

まあそれをせずに済んだので(笑)

                  

資料の中に...

こんな記事が。

犬の臨床診断

タイ赤十字研究所のveera  tepsumethanonら提唱

94,6%の精度で生前診断可能

          

1.咬傷事故を起こした時点での犬の年齢。

2.観察中の犬の病的状態。

3.発病した犬の経過。

4.直前3-5日間の症状の推移。

5.旋回運動の有無。

6.直前の1週間に次に挙げる17兆候の内、少なくとも2項目に該当するかどうか。

           

.下垂した下顎

.攻撃

.吠えるさいの音声異常

.理由のない咬みつき

.乾燥してぶら下がった舌

.理由の解らない走行

.自分の尿を舐める

.歩行や走行時のつっぱり

.異常な水の飲み方

.落ち着きの無さ

.逆流や嘔吐

.観察中オリなどに咬みつく

.行動の変化

.安静時の嗜眠

異嗜

.歩行の不安定さ

.しばしば観られる犬座姿勢

※意識不明、横臥(頭蓋損傷などによる)、薬物使用時、潜伏期にはこの方法を適応する事は出来ない

              

ちょっと長くなったので、この続きは後日(笑)

書いている時間が無くなったshockcoldsweats01sweat01impactdash...

          

狂犬病なんて恐くないと思う人も、恐いと思う人もポチッとよろしくlovely              

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく

                

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

えびぞう(^^;...

すでに数日前になりますが(笑)シュリンプ君がトライアルに旅立ちました。

殆ど私から離れないストーカー野郎lovely...だったのですが...

里親希望さんの家に着くなり、3歳の娘さんに抱きつかれ(曝)、私が帰るまで私の元には近づけませんでしたcoldsweats01

その家族は、大家族happy01

家の中に大人4人子供達4人、そして先住のわんこが...

3頭も(笑)、まあ家の中で仕切られた場所に居るから問題は無いでしょうけれどhappy01

先住のトイプードル君はと言うと...

       

              

                     

大々だい興奮(曝)、まあ我が家から総勢3頭も行ったので...

仕方がありませんが、プーキー君に遊べ~~とばかりマウント(曝)

ぶんたとプーキーにしっかり怒られていましたgawkcoldsweats01sweat01...

肝心のえびぞうは...

女の子兄弟に揉みくちゃに(笑)

そんな家族の元に...

もう寂しい事なんて無いからね、誰かが何時も家にいる家。

ひとりぼっちではないよ、一番最初に抱き上げたときに見せたイメージで、君がどんな境遇で育ったか、おおよその事は解っているけれど。

君が望んだ家族を見つけられたね。

幸せにねlovelylovelygood

シュリンプ君にポチッとよろしく                   

人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ こっちもよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »