« ブログが(^^;... | トップページ | あにまるこみゅにけーしょん »

2012年7月21日 (土)

千葉県の現状

平成22年度の犬の返還譲渡頭数(1743頭)は国内で一番多いが...

(捕獲&引き取り頭数は3636頭)

猫の殺処分頭数(約5000頭)は全国一shock...

犬は2000頭あまり...

大まかに言えばそれが千葉県の現状。

犬については、引き取りも、捕獲も大幅に減ってきている、その事で殺処分数も大幅に減ってきているのだが...

譲渡に関して多くの団体や個人が譲渡に向け努力してくれている。

皆さんの知っているちばわんさん、CatNapさん(現NPO法人ALMA)、ライフボートさん等多くの団体さんが頑張っている。

わん子達の引き出しに向けた、千葉県動物愛護センターで活動しているボラトリ(ボランテアグルーマー)さんの活躍も見逃せない。

そんな中で何故猫だけが...

                   

                    

理由の一つに、

殆どの個体が産まれて間もない子達。

                    

一年ほど前、センターに持ちこまれた仔猫(ノラネコが産んだと主張していた飼い主)や生後数日で警察に保護された子達。

http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-8d48.html

http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ff03.html

殆どがこの様な子達なのである。

殆どが自力で命を生きながらえる術を持たない個体。

人の手あるいは同族の経験のある個体が居なければ...

                       

                            

次の朝には冷たい骸になっているのです。

その様な子達もセンターでは同じように殺処分数にカウントされてしまいます。

      

その様な子が約8割程度...

助けようが無いのですcrying...

             

                 

それらを防ぐためには親猫の不妊手術以外方法がありませんが、地方部の飼い主や住民の意識が其処まで到達していないと言うのもあります。

今年になっての取り組みとして、地域猫(千葉県としては珍しくこの言葉を使っています)の不妊手術を愛護センターにて行うことになりました。

地域を決めて、其処の地域の猫達を、愛護団体やの千葉県動物愛護推進員、県の愛護ボランテアの協力の下行ってゆく計画です。

千葉県の全地域を一気に行うことは事実上不可能ですが、地域を決め順次行ってゆく...

気の遠くなるような計画ではありますが... 

                

今、猫の被害に遭っている人達の心情を考えれば、少しでも早く推進してあげたいですね。

                   

上記については基金&計画を募集しております。

詳しくはこちらから観てねhappy01

順調に軌道に乗ってほしい計画なのですが...

資金が少ないので...

皆さんのご協力支援をお願いしますm(__)m

               

                       

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« ブログが(^^;... | トップページ | あにまるこみゅにけーしょん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/55239365

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県の現状:

« ブログが(^^;... | トップページ | あにまるこみゅにけーしょん »