« マリーが来たなら... | トップページ | 新たな飼い主さんを募集 »

2011年12月27日 (火)

何故見捨てる。

毎日のようにのぞき見している(笑)、ドッグウオーカー博士のスローライフ

  

今日の記事は...http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51318444.html

それは老犬の死。

余命幾ばくもなく、そして癌に冒されてしまっている子。

それがグラさんの散歩中に出会ったしまった...

その後の処置は見事だし、末期癌に苦しむその子を最善の方法で送り出してくれた。

    Img_4712                 

何故世の飼い主の多くが、未だにこの様な仕打ちを行うのか?。

共に育ち共に生きた大事なパートナー。

その様な人は愛情のかけらも持ち合わせないのか?...

未だにセンターに持ちこむ飼い主、その理由は様々ではあるが...

殆どが身勝手。

 Img_4706              

病気でもう飼えないから。

Img_4703

子供にアレルギーが出て...

Img_4739 引っ越すから...

Img_4530 たったそれだけの理由で、保健所やセンターに、そして野山や人の多く集まる場所に、遺棄して行く人々...

その様な人々は捨てることに何の反応を示さないのかも知れない。

自分と一緒に生活していたパートナーを、その様に姥捨て山に捨て去るかの様な行為を出来る神経が私には解らない。

時分が逆の立場になったどうするんでしょうねその人。

自分の身内にそれと同じ事をされたら。

多分...

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« マリーが来たなら... | トップページ | 新たな飼い主さんを募集 »

コメント

初めまして。lioと申します。今はカリフォルニアにいますが、本当に、どこの国でも動物を捨てる人がいますよね。
動物だからといって、こういう冷淡な残酷なことをできる人、人間的にも親しくはなれません。
つらい現実をなんとか変えられないものでしょうかね。。。

投稿: lio | 2011年12月29日 (木) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故見捨てる。:

« マリーが来たなら... | トップページ | 新たな飼い主さんを募集 »