« 道満グリーンパーク里親会 | トップページ | Boss君 »

2011年9月25日 (日)

ストレスシグナル

先日、埼玉県戸田市にある、彩湖 道満グリーンパーク、ドッグランでPaletteさん主催の里親会場で沢山のわんこを観る機会があった。

当然私の目には可愛いのもあるがわんこしか観えていない。

人間の若いギャル(死語か?coldsweats01)が沢山いても(写真や動画を見て初めて解ったという)全く目に入っていなかった...

会場にいたわんこの殆どが多かれ少なかれ、ストレスシグナルを発していて私には騒々しいとしか感じることは出来なかったが...

飼い主の中には全く意に介さない人が多いのも目に付いた。

ストレスシグナルのもっともな物は...
カーミングシグナルも代表的な物と思うけれど、それだけではなく相手を無視することから始まり、匂いかぎ、威嚇、噛み、要求吠え、毛が抜ける、ふけが出る、よだれだらだらcoldsweats01、自傷行動、常動行動Etc...

何故そうなってしまうのか解らない方が多いのには驚いてしまった、躾け本や様々な訓練士トレーナーの元をハシゴして、なお問題行動が治らない人(悪化している場合が殆ど)。

中には、訓練士が連れている子が酷いストレスシグナルを出していたし、訓練士の名札が観えなかったら危うく注意してしまうところだった(笑)

ストレスを発散させる方法は、色々あるけれど...
その根本を治すことから始めなければ意味がないと言うことを知ってほしい。

その根本は飼い主にあると言っても過言では無いと思います、が...
それらを治すはずの訓練士やトレーナーの多くが、ストレスシグナルを無視したトレーニングを続けている、本来ならその様な子に遭遇したら飼い主によく説明し、その元になる飼い主の行動をレクチャーし改善に努める事をしてほしい。

何故か我が家の門を叩くときは(叩く門が無いと言うことはオイトイテshock)...
手遅れ寸前、明日保健所とか、獣医の所で安楽死とか..
訓練士に見放された、トレーナーが逃げた、保健所に相談し躾け教室に行ったがどうしようも無いと言われた、などなど...

私でなければそんな子が救えない訳ではない。

もっと多くの人々にストレスシグナルの重要性を解ってほしい。

犬と会話をしながらのトレーニングの方がわんこも楽しいはず。
酷くなってしまった子でも、一ヶ月ほどで落ち着き始め、以後の進捗が遅々滞々としても、ほぼ1年くらいで普通の生活が送れる位に回復する。

多くの人に犬語(ボデイランゲージ)を解ってほしいと思うのは私だけではないはず。

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« 道満グリーンパーク里親会 | トップページ | Boss君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/52825704

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスシグナル:

« 道満グリーンパーク里親会 | トップページ | Boss君 »