« 仔猫の里親募集は | トップページ | 国民をバカにしていないか? »

2011年5月17日 (火)

FUKUSIMA

震災から今日まで爆心地の動物たち(人間もね)は地獄の様相です。

被爆地と書かないのは、すでにニュースにも流れていますが、メルトダウンが起こってしまっていたから。

それらの放射能はすでに日本国内では逃げる場所など無いくらいに汚染されてきてしまっている。

福島から有る程度の距離のある、千葉県館山市でさえかなりの放射性物質を検出してしまっている。

海洋汚染はもっと深刻だろう、この先何年かは放射性物質によって違うけれど、汚染は残ったままになる。

それがどういう事か、解る人は少ないだろう...

我われはそれらを食す事になるのだから、この先子孫にどのような物を残したか?問われることになるだろう。

すぐに消えてゆく(半減期の早い)物質ばかりスポットを当てているが、生成された放射性物質(飛散した物)の中には数万年規模の半減期の物はざらにあると言うことを解って欲しい。

自然環境に与える影響、それがどんな物か?、チェルノブイリでは海洋汚染は名目上無かった。

が少なからず大気は地球を巡る。

我が地球には、コスモクリーナーは存在しない。

地球上の生物変化は、多分すぐには現れないだろう、が数年あるいは数百年後、私たち人類の生存を脅かす生物が出てくることも、不可能ではないだろうね。

              

福島原発周辺の、ペット&産業動物に対する、政府&地方の行政の怠慢さは眼を覆うばかり。

福島県の動物行政の怠慢さは今に始まったことではない、以前に収容犬の引き出しを打診したとき、担当者はもとより県の上層部にまで電話を入れても、収容犬に対して冷たい反応の言葉しか出てこなかった。

結局その子は殺処分になってしまった。

今の福島県の対応を観ていると、その当時と何ら変わっていないと感じるこの頃。

                    

                    

YouTubeでこんなパロデイが有りました。

ナチスドイツのヒトラーが題材になった映画の字幕のみを編集した物ですがshock、途中で餓死した動物たちの画像を入れてあります。

      

ナチスドイツという物に嫌悪感を持つ方々が多いのも事実、ましてやヒトラーはユダヤ人民の大虐殺の首謀者。

それをパロデイにしてしまった、笑えないシュチュエーションだが、ヒトラーがこの様な人物だったら、歴史は変わっていたのかも。

この動画の説明の中に

>ネット上では、「チェルノブイリでは、汚染の拡散を防ぐために、避難区域の動物は一匹も外に出さず全部殺した」というような情報がたくさん流れていますが、それは事実では­なく、ソ連は、事故の初期段階で多数の家畜を避難させていたようです。
高田純「世界の放射線被曝調査」(ブルーバックス)には1100台のトラックを用意し、1万3千頭の牛と3千頭の豚を事故発生の7日後から10日後の間に(4日間で)避難­させたという記述があります。
Z・A・メドヴェジェフ「チェルノブイリの遺産」(みすず書房)には、原発30キロ圏から8万6千頭の牛を退避させた、という記述があります(期間についての記述なし)。
農民のエレーナ・ワコリュクが書いた「チェルノブイリの地獄から」にも、家畜を避難させる様子が描かれています(家畜トラックが長い列をつくっていた)。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN9512.html

阿部知子議員(社民)は、2011.05.16の衆議院予算委員会の質疑で、「チェルノブイリではほとんどの家畜は一緒に連れ出してる。連れ出せなかったものも汚染されて­いない飼料等を与えて放射線レベルを下げてる。殺したら『汚染物質』になる。殺してブルーシートは間違っている」という趣旨の発言をしています。
http://www.youtube.com/watch?v=q8kj9pmb5wU

と言う話もあることを記しておきます。

余りにもふがいない政権、隠し事の多い東京電力の体質、相乗効果でFUKUSIMAの災害は大きくなってきてしまっているのです。

共にリーダー不在と言うところだけは一致していますけれどもね。

           

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« 仔猫の里親募集は | トップページ | 国民をバカにしていないか? »

コメント

私には福島県としての対応に不満があると言うこと、それらは今までの行政は責任を負わないと言う体質が根本にあると思っています。

動物や産業動物に対しての配慮が全くない人たち、行政は人の財産を本気で守ろうとはしませんからね、守ろうとするのは自分たちの立場!電話で話していて感じたことです。

投稿: ぶんた | 2011年5月18日 (水) 11時21分

周りに可哀想な犬・猫が多すぎて福島の犬・猫・家畜のことは耳をふさいできてしまったが、どうしたら彼らを救ってあげられるのでしょうか?
動物は二の次三の次なんですか?

扱いは物ですね。

投稿: フルヤ | 2011年5月18日 (水) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187504/51693687

この記事へのトラックバック一覧です: FUKUSIMA:

« 仔猫の里親募集は | トップページ | 国民をバカにしていないか? »