« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

悲しい知らせが

3年前!北海道にお婿入りしたFUN君が亡くなったと飼い主さんから連絡が本日ありました。

Dscn0158 思えば5年前、倅が突然家に連れてきた(笑)、実はブログ上で全くと言ってよいほどファン君の事は書いていない。

本来里親さん募集はしていなかった子ですから。

ブログの写真集、我が家の日常に少しだけ写真が有る程度....1261

我が家に来て数日後、みんなでバーベキューパーテイ、君には匂いだけshock....

最初の飼い主の飼育放棄、そして某愛護団体経由で倅の元にたどり着いたファン君。

Pa070008

その倅も飼育放棄?....

Pa070013

と言うか放りっぱなしcrying....1579

色々と問題行動は観られましたが、今になっては笑い話coldsweats01

1604jpg

色々なことを教えて貰ったように感じます、きっと犬の神様が我が家に来るようにし向けたのかもhappy01

P3160009 ある日こんな物を発見、レトリバー種に多い腫瘍、切除手術後の検査で良性と判定されたが、余り観たくない物です。021

此の手術の後、女医さん達に盛んにアピールしていたファン君coldsweats02何考えているんだか....

そして、北海道への旅立ち。

7年10月31日、その日の東京羽田空港は曇り空。

Photo 此のジャンボ機で一路北海道は新千歳空港へ。

Pa310111 上昇中旭がまぶしい、太陽も祝福してくれて居るんだね。

Pa310113 雲海の上を滑るようにすすむairplanedash

Pa310137空港ではパパさんがお待ちかね、バリケンの中のファン君そわそわしていて怪訝に思ったら....

受付の女性と思っていたら目線の先にパパさん(笑)

パパさんの車の中で終始ご満悦heart04coldsweats01....

Pa310139jpg 道の駅で休憩、嬉しそうだね。

2時間ほどのドライブで目的地の新居へhouse

Pa310142 着いたとたんにこの有様coldsweats01おおものだ~~

Pa310148jpg ニセコアンヌプリをバックにお散歩、この日は殆ど風もなく冬の到来を告げる雪虫が舞っていた。

Pa310166

Photo_2

すぐ近くに観える羊締山(まっかり村だ~~)coldsweats01sweat01

Dscn0008 そして雪の中で遊ぶファンcoldsweats01...

君の祖先は元々雪深い国の出身、よいところに行ったね。

101_0135_2_fan 家の中でくつろぐファン、落ち着いたよい顔、私の前ではとうとう見せなかった.....

でも良いんだよ!本当の家族に囲まれないと安らぎは産まれないから!。

                    

                   

                   

ここ数ヶ月体調を崩し、また夏が北海道でも異常に暑かったそうです、心臓に疾患があり今年の夏は何とか乗り切った物の....

やはり循環器系の症状が出て、本日朝の2時眠るように静かに息を引き取ったそうです。

ファン君、家族を幸せにしてくれて本当に有り難う、君の事は何時も忘れなかった。

遠い北の大地で眠る、私の友人だね。

Goodby Fun 永遠に

            

              

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

神奈川県動物保護センターへ行ってきました。

久々の更新coldsweats01sweat01です.....

2週間ぶりの休み(半場強制的に取りましたshock)を利用して、神奈川県平塚市土屋にある神奈川県動物保護センターの平成22年度 動物愛護のつどいに行ってきました。

此の情報を小田原犬猫レスキュー.comさんからいただいていましたのでhappy01...

Img_6822 秦野市にほど近い畑の中にあるセンター。

千葉県とは比べものにならない.....

収容頭数。

桁が違うのです。

捕獲収容でさえ犬700頭未満、引き取り300頭ほど....

遺棄された猫1800頭ほど、飼い主の持ち込み(引き取り)400頭ほど。

犬の再譲渡率は50%に近いと言う驚異的な数値。

でも....

何処も同じなんですが猫に関しては非常に悪い。

1割の子しか......

会場では、保護団体の方達が地域猫活動のパネルを展示していてくれました。

避妊去勢をしてくれていれば、殺処分しなくても良い命!何とかならないのか?と言う思いは何処も同じなのか.....

猫が圧倒的に多く(しかも仔猫)2000頭、犬300頭ほど、それでも千葉県や茨城県などに比べれば遙かに少ない。

Img_6796 イベント広場(ふれあい動物広場)で行われた、センター卒業犬のしつけ教室、沢山の方が参加していました。

Img_6803 この子は(名前忘れちゃったm(__)m...)前肢(片足)を切断したためにバギーに乗って登場happy01

非常に温和しく可愛い子(^^)、やはりセンター卒業犬です。

Img_6812 会場の中で揉みくちゃにされた、ぶんたの家スタッフwink

Img_6814 会場内掲示板には、迷子のお知らせが....

                

                  

千葉県が、此の神奈川のセンターの様な数字に、持ってゆくことが出来るようになるのは、まだ数年はかかると思う。

それでも日々の努力が実を結ばない事は無いだろう。

何時の日かきっと。

            

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

行ってきました、里親会

生憎の雨の中、藤沢までpawpadsさんの里親会に行ってきました。

10日の天気が思わしくないためにrainweep、強行しました。

Img_6653 雨の中でも多くの方が待っていてくれました。

感謝です。

雨なので殆ど写真は撮ってはいませんm(__)m..

Img_6657

Img_6655 後半雨が本降りになってきましたので、早めの切り上げm(__)m....

それでも決まった子happy01、検討して貰える子happy01が、嬉しいですね。

         

       

次回は11月13日会場と時間は同じで!行いますhappy01

晴れてくれると良いな~~。

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

りあるふぁー

毛皮という物について皆さんはどのように考えているのか?...

私は日本国内で普通の人には必要の無い物!と言う認識。

こんな記事を見つけた。

              

以下転載

「ふわふわのおようふく」

私はキツネ。

11145587_448167538_1large
私はお友達と檻の中にいるの。
産まれて気がついたらここにいたんだ。

11145587_636262698_218large

ニンゲンが
『もうそろそろだな』

って言ったから、『やった!出られる!』って思ったの。

私はニンゲンに着いて行ったの。


何だろう……
初めて見る景色にびっくりしてたら、いきなり頭を硬い硬い棒で叩かれたの!!

『きゃーーっ!!!痛い!!何するの!?』

逃げようと思ったら、足を捕まれて、また叩いてきたの!!

『やめてください!やめてください!!私が何かしましたか?檻の中でいい子にしてました!!!だから叩かないで!!!』
11145587_448167523_1large
ニンゲンは容赦無く叩いてきた。

ボーーッとしちゃった……

あれ?
鼻から血が出てる……

嘘!!逆さまに吊されてる!!
足首からナイフを入れて私のおようふくを剥がそうとしてる!!


『やめて!これはママ譲りの自慢のふわふわの毛なの!!何で剥がすの?私のおようふくを取らないで!』


私には、おようふくが一つしかありません。
ニンゲンには色んな服があるけど、私達には、おようふく…一つしかないの。


『わたしの……ママからもらった……おようふくが…』

私は血まみれでコンテナにほうり込まれた。

お友達がいたの。

『ねぇ…どう……してなの…かな?』
『わたしも……わからないよ……ママからもらったおようふく…取られちゃった…』

光りの中から何かが言ったんだ。

『君達、君達のおようふく…毛皮はニンゲンの為につくられてるんだよ。お洒落や高級気取りのニンゲンの為にね。』


『ニンゲンには……沢山…おようふくがあるのに…どうして…こんな事…するの?』

『毛皮が欲しいんだよ。金持ちぶるニンゲンや、流行りに合わせてね。』

『そんな…私の産まれた意味は……ニンゲンの毛皮の為…なの?』

『残念ながらそうだ。』

『そう…なんだ……あぁ…寒いな…痛いな……今度は……ママ譲りの…自慢なふわふわのおようふくで……もっともっ…とお洒落……したい……な……』

『ニンゲンとは都合のいい身勝手な生き物だ。唯一涙を流すだなんて、証拠はあるのか。我々をモノとしてしか見ていない。下等動物だと我々を扱うが、その言葉、そっくりそのままかえしてやろうじゃないか。』

『ママ…私は死んだの。こんなもがき苦しんだ私達のおようふくを、ニンゲンは平気で身につけるんだね。』






    

リアルファーはただの服やアクセサリーかもしれないが、その『元』になっているのは、
紛れも無く、罪の無い 動物達。



質問です。

何故、フェイクファーではダメなんですか?
リアルファーではならない理由が知りたい。
ただ、手触りがいいから、とかありきたりな答えはいりません。


『お願いがあります。ふわふわの物を買う時は、商品タグを見てください。ポリエステルはフェイクファーです。どうか、どうか、どうかこれ以上、私達のおようふくを取らないで。うさぎさんもタヌキさんもアライグマさんも……みんな言ってる。だからお願い……おようふく、取らないでね……。もし、おようふくが着いてるのを見つけたら、買わないで下さい。それだけ需要が増えてしまします。』


ニンゲンの皮を剥いだら犯罪
動物は犯罪にならない。

腐りきった世の中に…
やり場の無い思いと、私の行動力の足りなさに…情けなく思い、文章にしました。


どうか…私のこの文章の想いが届きますように……

                            

.....................................

毛皮の残酷さについて詳しくはこちら
http://arcj.info/



★あなたのバッグに付いている 装飾、靴についている装飾、
 襟元、コート、マフラー、キーホルダー、ヘアアクセサリー・・・
 動物の毛皮でできていませんか?


★犠牲になる動物種
 キツネ(フォックス)・タヌキ(ラクーンドック)・犬・猫
 ミンク・アライグマ(ラクーン)・ウサギ(ラビット)
 チンチラ・野生動物等


★毛皮の生産過程
 毛皮は、動物を繁殖させ殺して剥ぎ取ったものが70%~75%で
 残りは野生動物を捕獲し殺して剥ぎ取ったものである。
 現在日本で売られている毛皮のほとんどは中国産。
 中国などでは犬や猫の毛皮も大量に生産し、
 日本などに輸出している。(日本は動物種の表示の義務はない。)
 近年の毛皮の価格低下は、労働力が安く、動物福祉に関する規制が
 一切ない中国での生産に切り替わった為である。


★繁殖・飼育による方法

・人工授精で生まれた我が子をストレスにより母親が食い殺す率は
 平均30%、中国では50%。

・ストレスにより、精神に異常をきたし、首を振り続ける
 ぐるぐる回り続ける・行ったり来たりし続ける
 無反応になるなどの異常行動をとる。

・ストレスと餌の不足により、檻の中では共食いも起こる。

・檻は上下左右全てが金網であるため、金網が足に食い込み
 皮が剥け、骨がむき出しになるケースもある。

・「福祉が整っているから毛皮の質がよい」と毛皮業者は
 主張するが、生まれた年の冬毛に生え変わると同時に
 殺されるため、福祉の有無は商品(毛皮)の質に影響しない事が
 専門家により証明されている。

・病気や怪我の治療は行われない。


★殺害方法

・肛門と口に電極を差し込み感電させる
(失敗し何度もやり直す場合が頻繁にある)

・首の骨を手で折る。

・水に頭を入れ溺死させる。

・棒で殴る

・尻尾を掴み地面に叩きつける。

・首元を踏みつける、など。

★2004~2005年の調査では、これらの方法で動物が死に至らず
 毛皮を剥がされている間中、動物は必死にもがき抵抗し、毛皮を
 剥がされた後、10~15分、頭をもたげたり瞬きするなど
 生き続けていたことが確認されている。


★野生動物
 強力なスプリングを持つ罠などにより捕獲され
 その場で飢え死にするか、捕獲者に胸を踏まれるなどして
 殺される。自分の足を食いちぎって逃げる動物もいるが
 その大半は出血などにより死亡している。


★あなたにできる事たくさんあります。

・毛皮製品を購入しない。

・お店、企業に毛皮を使わないように意見する。

・友人・知人に毛皮の非倫理性について話をする。

・チラシを配布する(チラシ差し上げます)

・購入してしまった毛皮を企業に抗議の手紙と一緒に返送する。
 またはARCに寄付する(デモ時に使用します。)

            

以上転載。

生きるために動植物の命を分けて貰う。

それは仕方のないこと、他の命をいただくことによってしか、私たちの命は維持できないから。

でも無駄に、そして命をもてあそぶかのように、その命を奪い自分たちの欲求だけに溺れて、それでよいのか?...

毛皮の必要なエスキモーの人たち、日本ではまたぎの人たち。

けっして命は無駄にしてはいない。

自分が日々生きるために、その糧に感謝しながら命をいただいている。

自然に対する感謝の気持ちが無くなれば、いずれその報いは自分に帰ってくるだろう。

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

自然の理(ことわり)の中で生かされていることに気づいて欲しい。

       

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

ティタン君

グレートデーンパピーのティタン君改め華彩君。

本日からトライアル、余り行っていませんけれどトライアルも行うんですよcoldsweats01

Img_6628

しかし本調子では無いし、ちっちゃいし、120日で15Kgってshock....

と思って出発を控えていたのですが、やはり1日中ケアできる!里親さんの元に言った方が良いと判断。

しかも獣医さん目の前(爆)歩いて1分coldsweats01.....

まあ我が家にいるより断然良いと判断して送り出しました。

里親様の後をついて行くティタンdog幸せになるんだよweep....

      

 

 

って(^^;...すぐ会うのかhappy01

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

放牧

久々の放牧、かなりの間さぼりまくりです。

まあ2週間ほど(瀧汗)の期間ですが.....

エイミー、ダイ、文太をひきつれて(^^;...

前回は、ソフィアに再び大脱走されてしまって、余分な時間を費やした思い出が.....

Img_6592 今回は実猟を行っている、ブリタニー4頭&シーズー2頭も一緒にhappy01シーズーも可愛かったし、ブリちゃん達のレンジの広さに驚き。

まあ実猟の世界では普通なんでしょうね、一緒に居ると行き過ぎなのかと思ってしまうくらい。

それでもフィールドの半分も使ってはいないが....

我が家は、レンジの超狭い文太(爆)、ちょっと長いダイ、そしてエイミー、エイミー最初はそんなに離れなかったが....最後の方で鳥臭を追いかけ、スイッチが入ったのか?ブリちゃん達のレンジより遠くまでdashshocksweat01.....

Img_6598

流石にフィールドから出るまでには至りませんが、点になっていたcoldsweats01sweat01.....

Img_6599

もう少し呼び戻しはしっかりとしないとな!、課題だ。

Img_6602 Img_6608

そして、場所を移動して野球場でのフリーラン。

Img_6617 ブリちゃん達のフリスビーの練習のために借りておいた。

当日はフラウちゃんも来ていたので、模範演技?のあと、投げ方講習に始まって、実技coldsweats01sweat01ぶんたはへぼなのでダイちゃん取れませんshock.....

ブリちゃん達は楽しそうに追いかけて上手くキャッチ。

我が家は投げ手を訓練する必要あり(爆)

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

 

 

 

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

犬の習性にかなった飼い方って?

またまた転載m(__)m....

グラさんの過去記事から。

以下転載。

「犬の習性にかなった飼い方をしましょう」

どのしつけ本にもこう書いてあるし、動物愛護法にもそう規定されている。

だが、「犬の習性にかなった飼い方」って何だろう。

どうもその理解がバラバラだったりするのだ。

そこでいまいちど、犬の習性という側面から、考えてみたい。

1.社会的接触を必要とする。

犬は高度の社会性をもった動物のなので、ヒトやイヌとの社会的接触が必要不可欠である。

毎日長時間(6時間以上)ひとりで留守番させられたり、家の中で家族のメンバーと別の部屋やサークルの中などに閉じ込められたり、また今は少なくなったが外で繋ぎ飼いされたりすると、この社会的接触を満たすことができなくなり、非常に強いフラストレーションを感じる。

われわれ人間も、どこかに閉じ込められると、たとえ短時間でも不安になるし、閉じ込める行為については監禁罪という立派な刑事犯罪が成り立つ。

それぐらいやってはいけないことなのだ。

また、同種の動物との接触も欠かせない。

単頭飼いの場合はとくに、人間のみと接触しがちになるが、人間には人間の友達が必要なように、イヌにはイヌ友達が必要である。

同じくらいの活動性をもった、穏やかでしつけのいいイヌと友達になって交流させ、イヌ社会のマナーを学ぶ機会を作ってあげよう。

2.運動を必要とする。

ゆっくり歩く散歩と共に、早足で歩いたり、走ったり、追いかけたりなどの運動も必要である。

とくに、リードなしでおこなう自由運動が不可欠であるということが、日本ではあまり認知されていないように思う。

一定のペースで長時間走る持久走よりも、高速で走っては休むというようなインターバルトレーニング系の走りが好きな犬が多い。

私自身は一定ペースで長時間走るのが好きだが、運動量が多い保護犬がいても連れていかないし、だいいち他人のペースに合わせて走るというのは、やってみればわかるが、かなりストレスがかかる。

残念ながら、運動といえば自転車での引き運動や、単調なボール投げを思い浮かべるヒトが多いが、犬には勝手に走り回れる自由運動こそが必要だ。

走りたくなければ歩けばいいし、ゆっくり休んでもいい。

こうやってオフリードで自由にしているときに、犬同士交流することで、社会性を発達させることができる。

犬同士のコミュニケーション手段としてのカーミングシグナルは、オフリードの犬でよく観察されることが、このことを物語っている。

3.マーキング、吠えなどによってコミュニケーションをとる。

犬は匂いによる情報交換をおこなうが、その際に自分の尿や糞を利用する。

排尿の際には、片足を上げて行う犬が多数派である。

これを道路が汚れるからという理由で、外で排尿をさせるなという圧力もある。

だが、外での排尿は犬の重要な社交の手段なのだ。

なわばり行動でもある。

また、自分の住み家を汚さないという習性にもかなった行動である。

そこで、ヒトには臭わず犬にだけ臭うという妥協点を目指して、排泄後には水をかける、住宅地ではなく広い草地を散歩させるなどの配慮をするといいだろう。

逆に室内トイレは、習性の変更を迫るだけに、教えようと思えばそれなりに根気が必要である。

この習慣は、日本では広く行われているが、ヨーロッパでは排泄は屋外でするものなので、室内トイレは売っていない。

犬にとっては屋外トイレが自然であるのは当たり前で、人の都合のみを押し付けるのではなく、犬の都合も考えてあげよう。

吠えは犬ならではのコミュニケーション手段なので、全面禁止すべきものではない。

だが、些細な刺激で吠えたり、いつまでも吠えたりするのは、オーバーストレスのサインである。

4.穴を掘る

これも習性によるものだが、その理由については諸説ある。

庭があったら穴掘りスペースを確保してあげるといいだろう。

ただし、やたら穴堀するというのはストレスサインなので、その場合は飼育環境をチェックしよう。

5.動くものを追いかける。

これは遊びに取り入れてあげるといい。

小型犬では猫じゃらしが人気だ。

その一方で、追いかけてはいけないものをには、「まって」を教えよう。

6.泥のなかで転げまわる

気持ちがいいだろうことは想像がつくが、やらせている飼い主はそう多くない。

私はボニちゃんにはやらせてあげて(ルルはそもそもこんなことはしない)、川で水浴びしてよしとする。

洗うのが大変だが、たまにはやらせてあげると喜ぶだろう。

そのほか、番外編として、寄りかかるのが好きというのもある。

狭くて暗いところが好きだとよく言われているが、家庭犬では広々した明るい場所を好む犬もけっこういるので、一概には言えない気がする。

だが、ヒトやクッションのふち、ソファのアームなどに寄りかかるのはみんな好きだ。

狭くて暗いクレート状のものを好むのはむしろ猫で、箱やキャリーなどはことごとく猫に占領されている。

さてみなさんは、「習性にかなった飼い方」をしているだろうか。

以上転載。

さて皆さんどうでしょうか?......

           

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

郵便局の

郵便局の車が、我が家の じょうぼ(方言、入り口からの道路)を駆け上がってくる。

何事かと思うような?......

降りてきた配達の人。Img_6563 仔猫ひろちゃったんです(^^;....

シャーシャー言いながらも抱かれている子達。

我が家にいっぱいあるダンボール箱に詰め込むcoldsweats01sweat01..

                       

virgo昨夜の内に棄てられたんでしょうか?

dogいや!多分たった今、なぜなら少し前まで雨が降っていたでしょ!。

全く濡れていない。

            

ゲージを組み立てて中に入れて様子見。3頭とも仔猫とは思えない激やせshocksweat01.....

上手く育つか心配、がミルクは飲んでくれる!ので何とかなるでしょう。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

里親会の開催

またまたpawpadsさん主催で 里親会の開催です。

開催場所  藤沢市辻堂西海岸3丁目 辻堂海浜公園

開催日時  10月9日(土) 12時~15時

雨天の場合は、10月10日(日)

よろしくお願いいたします。

毎回pawpadsさんのおかげさまで盛況な里親会です。

公園のため時間が限られていますが、皆様どうかよろしく。

また去年開催が多くできなかった小田原での里親会も10月頃には開催できると思います。こちらも日程が決まり次第ご報告いたします。

今回の参加は、仔猫3頭。

子犬、3~5頭

成犬、サリーちゃん(出戻りましたcoldsweats01sweat01)8ヶ月程度。

ペキニーズのもなか(モニカ)10歳。

チワワのクレア、トライカラーロングコート、5歳程度。

成猫を連れて行けるスペースが有れば、2~3頭....

くらいか?

スタッフとして、いつもの文太(角さんcoldsweats01)&マリーちゃん(カゲロウお銀?)

で辻堂海浜公園に出没いたします、よろしくお願いいたします。

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーンは?...

何処に行ったんでしょうhappy01...

Img_6296

実は前回の里親会の時に、置き忘れてきましたshock....

 

 

 

                   

と言うのは冗談で、トライアルを開始していたのです。

そして正式譲渡、先住犬とも仲良く過ごしています

なにげに落ち着いたcoldsweats01??雰囲気、わんこ度200%のカーン改めジェスパー君

幸せになって欲しいなと思っていたら、動きに似てさっさと行ってしまった(笑)

               

メルボルンの友人の愛犬は一字違いのジャスパーdoghappy01!相変わらずの可愛さ。

ここも訪ねてみてね。

            

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しつけに不精は....

またまたまた(笑)ずるcoldsweats01sweat01....

ドッグウオーカー博士のスローライフから。

以下転載。

最近、このブログの読者さんから、書かれていることを参考に対処したらうまくいったというメールやコメントをいただくことが多くなってきた。

私としては大変光栄なことである。

厳しくしなくても、リーダーにならなくても、犬の気持ちに寄り添って自由を認めてあげながら、困った行動が減っていけば、こんなにうれしいことはない。

飼い主さん自身でそれができるというのも重要なことだ。

特殊な技能を持った人でなければできないようなやり方では、広まっていかないからである。

今日のセミナーに来てくださった読者の方からも、聞き分けがよくなった、落ち着いたなどといううれしいフィードバックをいただいた。

犬の自由を拘束しないということについては、こんな発言をされた方がいた。

迎えたばかりの犬が先住犬と折り合いが悪いので、夜はサークルに入れて、自分もその前で寝ていた。

噛みつきがあったのだが、サークルから出して寝るようになったとたんに噛み付きがなくなったと。

こういう証言は、セミナーで必ず出てくる。

犬舎ではなく、家庭で暮らしている犬を家族から隔離することが、いかに大きなストレッサーになっていることか。

サークル閉じ込めをやめるだけで、犬の精神状態がぐっと落ち着くのである。

それは犬が高い社会性をもった動物であることと無縁ではない。

だが、犬ほど社会性が高くない猫でも、ヒト家族と離れた場所で飼育するとかなりのストレス行動を見せるようになる。

この方は違うが、トイレができないから、留守番中に危険だからなどというヒトの都合を通そうとすると、安易な道具に頼りたくなる。

トイレができないのはしつけていないからである。

室内に危険物があるのは、部屋を犬仕様にしていないからである。

こういう対処を怠って、不精なことをしようとすると、犬に無用なストレスをかけて、かえって手間がかかる面倒な事態になる。

散歩の時に引っ張るのは、引っ張らないで歩く地道なトレーニングをしないからである。

便利だから、すぐに引っ張りが直るからという理由で、チョークやハーフチョークを使ったり、あるいは「犬にやさしい」といううたい文句を真に受けて、ハルティやジェントルリーダー、イージーウォークハーネスなどの便利な道具を使うと、犬を傷つけたり不快な思いをさせることになる。

体に不快な刺激を与えて引っ張りをなおそうとするのは、すべて罰を使った方法である。

犬にやさしいをうたった商品は、それが罰であるとは書いていない。

だが、引っ張ったら顔がぐっと横向きになったり、胸のところが締まったりするという嫌悪刺激が加わることによって、そのときには引張りという行動がなくなるのであるから、これは「正の罰」である。

こうした便利な道具は、犬に自発的に好ましい行動をするように教えるものではないため、道具なしでは引っ張らずに歩けない、ということになりやすい。

でなければ、長年チョークチェーンをつけ続ける犬などいないはずである。

リードがはずれたとたんにめちゃくちゃに歩いたり走り去ったりするようでは、「しつけた」とは言えない。

リードなしでも自発的に飼い主と一緒に歩き、飼い主の動向に注意を払うことができる、という状態になって初めて「しつけた」と言えるのである。

そしてそれはそんなに難しいことではない。

だが、不精をせずに、地道に犬との関係を築く努力なくしてはできないことである。

こうしたしつけは、犬をヒトの思うままに操るためにするのではなくて、犬が何かと制約が多い不自由なヒト社会で、犬らしさを最大限発揮しつつ、楽しく暮らせるようにするために必要なことである。

便利な道具にたよったり、不精したりしていたのでは、それはできない。

自分の犬をハッピーわんこにするために、飼い主はちょっと努力をしてあげたい。

そうすると、自分もハッピーになれるのである。


以上転載。

今までの日本式わんこの飼育方法が、いかにわんこの常識から外れているか.....

実はかく言う私もなのだが、ゲージ(クレート)飼育を行っている。

が一日の大半を過ごさせてはいない、食事の時以外は殆どの子がフリーなのだ。

中にはフリーに出来ない子もいる、問題を矯正するまでの間、有る程度の時間我慢して貰わないと我が家は修羅場と化するshocksweat01....

                        

しつけ(おしつけ!になってはいけない)は日々の積み重ね、自分に厳しくわんこに優しく(わんこ目線でね)である。

そしてもう一つ。

以下転載。

どっちが良い子?

ほとんどの犬の飼い主は、うちの犬は「いい子」である、あるいはそうあってほしいと思っているだろう。

私もうちのルルやボニちゃんはいい子だと思っている。

だが、人によって「いい子」の内容は違う。

飼い主を観察していると、人の言うことを聞く犬=いい子という図式が見えてならない。

飼い主のことを「ご主人」と呼んでしまう人はいまだに多く、そのご主人様の言いつけをよく守るのがいい子なのである。

これでは主人と僕ではないか。

どうも私はこういう言い方を聞くと、「封建的主従関係」という言葉を思い浮かべてしまう。

命令に忠実に従う犬が「忠犬」として称えられたのは、国民が臣民(僕)だった時代の話だろう。

国民が市民(政治的主体)になってもなお、犬だけはヒトの僕にとどまらなければならないのだろうか。

次の動画を見てほしい。

アメリカのトレーナーが行っている防衛・服従訓練の様子である。

チョークチェーンをつけられたピットブルが、命令に従って動いている。

時々リードが引かれて首に力が加わっているが、痛みに強い犬だけに動じない。

だが、ボディランゲージをよく見てみよう。



顔を背けたり、お辞儀したり、舌をペロッとしたりなど多くのストレスシグナルを出している。

ハンドラーの指示には従っているが、楽しそうに見えるだろうか。

ご褒美のつもりで撫でているシーンでは顔を背けている。

これは撫でる事がご褒美になっていないということを意味する。

大きな声での命令口調での指示と、大げさな身振り。

こんなふうにしなければ言うことを聞いてもらえないのだろうか…。

あまり愉快でない動画で終わるのは気分がよくないので、口直しに楽しい動画を見てもらおう。

先日紹介したドイツのトレーニングスクールのもので、ここはレスキューした犬のトレーニングもやっている。

今回の動画は、子どもが子犬をトレーニングしているところだ。

この子どもがまた上手で、犬の頭を撫でたりなどの犬が嫌がるようなことはせずに、上手に指示を出している。

もちろん大声をだしたりなどしない。

子どもでも、そして相手がトレーニング初体験の子犬でも、楽しくうまくできるという証拠の動画だ。



力ずくなことは何もやっていない。

オスワリしたり、飛びつきをやめたりなどの良い行動をしたら、すかさずおやつをあげている。

最初の動画のトレーナーよりも、この子の方が犬の扱いがうまい。

犬がストレスシグナルを出していないどころか、尻尾をブンブン振ってついていっているのがその証拠である。

とても自然に好ましい行動を強化しているので、無理なく学習できヒトとの絆も深まる。

「リーダーにならなければいけない」という意識で、こういうトレーニングができるだろうか。

最初の動画が、言うことを聞く犬を作るトレーニングだとすると、後の動画はヒトのコンパニオン(仲間)を作るトレーニングである。

皆さんは、どちらが好みだろうか。

そして、どっちの犬がいい子だと思うだろうか?

以上転載。

ピットブルなどの闘犬種、ある意味この様に育てないと言うことをきかないと思いこんでいる人が大半ではないだろうか?。

以前この犬種でEggiさんと話し合ったことがある、当時今の様な訓練方法では無かったために、彼女の言った!ピットブルといえどもたかが犬!されど犬なのよ!と.....

私にはこの意味が当時理解できなかった。

私の常識とEggiさんの常識がかけ離れていたためなのだが.....

最近、日本で放映されたTVの中のピットブル、実はウイーンでの取り組みを放映した物だったのですが。

特定犬種(指定された犬種&そのMix)を飼う場合免許が必要になってその飼い主が連れていたのがピットブル。

私の常識の範囲外(爆).....

飼い主や廻りを観る柔らかい目線、ストレスシグナルは皆無と言って良いかも。

今まででは観ることはない。

日本や、旧態依然とした今までの訓練方法では、まずあのような笑顔の子は出来ないだろう。

それで居てあの自信に満ちたた!たずまいconfident、なかなかである。

飼い主さんが頑張った賜物である。

           

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

マリちゃん

マリちゃんを拾って(笑)ちょうど1ヶ月、あれから大して大きくならずに今日現在2,5Kg。

1ヶ月で1Kgしか大きくなっていない、どれくらいまで成長するのか?...

Img_6303 LADFで初めてあった時、大きさに注目!テラコッタタイルの目地は30Cmです。

この時に、歯の状態などから3ヶ月以内と観たのですが....

どうももっと行っていそう、動きが2ヶ月や3ヶ月そこらではないと思う。

Img_6326 ちょっと不安そうな顔してます。

Img_6331 しかも垂れ耳。

Img_6341 シャンプー後のマリちゃん。

Img_6337笑っているよ。

Img_6483 みんなと一緒に。

しかしちっちゃい。

Img_6489 猫よりもcoldsweats02.....

そんなマリちゃん、ぶんたの家の営業スタッフとして活躍する事になりました。

Img_5385

と言うことは家族の一員!。

そんなわけで、マリちゃん里親さん募集はm(__)mありません。

                 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

それぞれの動物愛護のかたち2010 イベントレポート(1)

またまたずるして転載です

「それぞれの動物愛護のカタチ 2010」イベントレポート (1)

はリンクしてありますので読んでください。

京子アルシャーさんが来日して講演してくれたんですね。

行きたかった~~(無理!同じ日に愛護センターでのイベントに参加)

レポートを読んでも内容の濃い物だったようですね、しかし...会いたかったな~~、ドイツまで行けないしな~~(チョー!ボンビーな物でshock).....

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ再開いたしました。

GUNDOGトレーナー(笑)の山本先生!やっとブログ再開しました。

まあガンドッグと限定しませんからね~~。

オールマイテイですから、何でもござれと引出しの多い方です。

THE GUNDOG CLUB  2'd stageと言うタイトル。

と言うことは次の段階に入ったと言うことかhappy01up

1段目を燃焼しきり、ブースターを切り離し次なる飛躍をするべく2段目に点火scissorsと言うところでしょう。

残念ながら前のブログは酷い被害に遭い!、全て消去せざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

前の記事が全て読めない状況というのは寂しいですが、また先生に色々なことを書いていただきましょう。

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »