« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

MARIMO

You Tubeでこんな動画を見つけました。

4年前に投稿された物。
出来もいい。
投稿者、plannetさん
まあシュチュエーションが(笑)、まあ普通の日本の家庭なのかな?、犬小屋で外飼いって.....
昔ながらの飼育方法ですね、昭和の時代では当たり前だった風景。
weepでも泣けます。
            
         

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

      
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務連絡

けんしん様へ

お問い合せをいただきました、グレートデンの里親の件ですが、メール( malim.0608@softbank.ne.jp)に送信することが出来ません。今一度確認をお願いいたします。

問合せ先:

PAKの募集要項 PAK(http://homepage3.nifty.com/nazozen/)
> (募集№1863)にお願いします。

ぶんたの家の募集犬ではありません、くれぐれもお間違えの無いようにお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

犬と暮らす喜び

またまた手抜き!と言わないでね。

最近グラさんの記事私の言いたいことをいっぱい書いてあるのでね....

以下転載。

>近所のペットショップに、脚の具合が悪い2ヵ月半のゴールデンの赤ちゃんがいるとの知らせを受けたので、見に行ってきた。

D8eb83dc いったん買われていったのだが、しばらく歩かせると前脚がグンニャリするということで、「返品」されたらしい。

繁殖屋からショップに来たときには、ひどい下痢と栄養不良だったので、「くる病」ではないかと診断されたと店員は言う。

だが、先天性疾患の可能性も大いにあるだろう。

ショップは脚の様子を見て、里親募集するかもしれないということだった。

このケースのように、「繁殖屋から来たときには栄養不良」だとか、「寄生虫だらけだった」などという話は非常に多い。

栄養管理も衛生管理もできていないところで繁殖された犬は、当然ながらヒトや犬、新規なものへの社会化などなされているはずがない

真面目なブリーダーのところなら行われているような管理が、何もなされていないのである。

さらに、無理な繁殖によって、様々な先天性疾患を持っており、それが飼われていった先で発覚するということは珍しくない。

小型犬は水頭症や軟口蓋過長、パテラなどは当たり前、大型犬は股関節形成不全は当たり前である。


このゴールデンのように「返品」される犬も多いだろうが、ショップにいる間に病気が発覚して、そのまま繁殖屋に返されて殺処分されたり、ルルのようにショップで殺処分を待つ身になる犬もいる。

病気がなくても、売れ残ってしまう犬もいる。

そして、山に放棄されたり、少しずつ保健所に持ち込まれたりしたものが、時々発覚して新聞をにぎわすのだ。

犬猫をショップで飼うというのは、こうしたシステムの一翼を担うことである

このことに気づいたら、ショップで飼うヒトも少しは減るのではないだろうか。

不幸な犬猫が商品として生産され、そして廃棄されていくという非人道的なシステムを、みんなの力でなくしていきたいと思うのである。


ゴールデンの赤ちゃんを見て、沈んだ気分で帰宅したら、友人から本が届いていた。

エリザベス・M.トーマス『犬たちの隠された生活』(1995年)である。

本が何よりも好きなので、つい手にとって見てしまうのだが、食事をしながら眺めていると、思わず引き込まれてしまった。

それは著者の夫の愛犬についてのエピソードである。

ある夏の暑い日、夫がコーン入りのアイスを買って食べていた。
犬がじっとアイスを見ているので、夫はコーンを差し出した。
すると犬は一口でアイスを食べてしまわずに、コーンのアイスをほんの少しだけ舐め取った。
夫がもう一口舐めてコーンを差し出すと、犬はまた少し舐める。
こうして順番に舐めた後、コーンのふちまで来た。
夫がコーンを一口かじる。
すると犬は唇をめくり上げて、小さな門歯で端っこを少しだけかじった。
こうやってかわるがわるかじったのち、最後に小さな先端が残った。
すると犬は夫にそれを譲った。

なんと心温まる情景だろう。

この犬と著者の夫は、8年間にわたって信頼と互恵の絆を作ってきたそうである。

だがそれにしても、なかなかこうはいかないだろう。

なぜこの犬は、少量の食べ物を分け合うというような、「犬らしくない」ことができたのだろうか。

著者は次のように説明する。

どちらも相手に対して不当な要求はせず、相手を下に見たり、自分が主人顔をしたりすることもなく、たいがいはそれぞれ相手のいる前で、自分のしたいことをしてきた。

こういう条件のもとでこそ(当事者双方がたがいに対等であると考えている、こうした環境のもとでこそ)かかる情景が生み出されうる。

自ら考えて行動する犬、過剰な訓練によって自発性をつぶされていない犬、行動の指針として、自らの観察力と想像力に頼ることのできる犬、そういう犬だけが、共有の一形態として相互にひとつのものを食べあう、そういったきわめて人間的な作法を理解しうるのである」。

こうした関係こそ、まさに私が目指すものである。

どっちが上とか下とか、リーダーだとか、そんなことに囚われるのではなくて、それぞれが独立した人格として対等な関係を築く。

そこに、お互いへの尊重が生じるのだ。

やたら命令したり、管理されたりしていない犬は、自分で判断し、自分でふさわしい行動を選択する

そういう犬が見せる想像力や感情は、訓練でがんじがらめにされた、過度にしつけのいい犬が見せるのよりも、はるかに豊かであると著者は記している。

まったくその通りであると思う。

自分の頭で考える感情豊かな犬とのふれあいは、こんなに楽しいものはない。

昨日、動物病院が休みだったため、散歩に行けなかったボニちゃん(ラブMIX♀7歳)は、今日私が行くと全身で喜びを表現していた。

うれしさが体からあふれ出すという感じである。

雨で増水した川っぷちを走り回り、知り合いのボーダーくんを見つけて飛んでいって挨拶する。

2回ほどボーダーくんの前でご挨拶のジャンプをすると、動きを止めて私の方を見て、うれしそうにすっ飛んで帰って来た。

わざわざ呼び戻さなくても、ヒトの雰囲気を見て自分で判断して帰ってくるのである。

危険物を回避するために呼び戻したりすると、「どれだけ早く戻れるかゲーム」を自分でやっているかのように、全速力で走ってくる。

おやつは持って行ってないので、食べ物目当てではない。

自分でそうしたいからやっているのである。

こうした心からの信頼関係を築いてこそ、犬と暮らす喜びを堪能することができると思う。

以上転載、ただし加筆ありcoldsweats01...

友人の山本氏の元にやってくる多くの問題犬。

私の所も余り変わらないが、多くは飼い主の接し方に問題が有る場合が多い。

まあ保護犬の場合はまた別問題ではありますが、新しい家族がどう接するかでその子の犬生が大きく変わります。

この記事を良く読んで考えて欲しいな。

そしてもう一つの記事。

                  

以下転載。

呼び戻しが上手く行かないワケ!

非常に多く寄せられる質問に、「呼び戻しがうまくいかないんですが、どうしたらいいんでしょう」というものがある。

定番中の定番だ。

その関連として、「おやつを持っていないと呼んでも来ない」、「おやつを食べたら走り去ってヨーヨーになってしまいます」というのもある。

あまりにも多いので、その原因を考えてみたい。

まず第一に考えられるのが、環境的要因だ。

犬の気が散りやすい環境、すなわち他の犬がいる、騒々しい音がする、交通量が多い、子どもが走り回るなどといった状況では犬は興奮してしまい、飼い主に集中できなくなる。

犬のカーミングシグナルに注意してみよう。

舌をペロペロしたり、何度もお辞儀したり、体をブルブル振るったりしていないだろうか?

これらはストレスシグナルである。

練習は、刺激の少ない環境からはじめ、徐々に刺激が多い状況に移行していこう。

ただし、散歩は静かでのんびりした場所で行うのが基本であるから、無理に人ごみを歩かせたりせずに、できるかぎり迂回して散歩の質をキープしたい。

どうもこういうことを犬に無理強いしたがるヒトが多いが、一方的にヒトの都合に合わさせるのではなくて、犬の都合を尊重してあげよう。

第二に学習的要因である。

呼び戻し合図と飼い主のそばに行くという行動が十分に関連づけられていない場合には、犬は呼ばれても来たり来なかったりする。

そういう場合は、一つ前のステップに戻って、短い距離で合図→おやつ、合図→おやつを繰り返し練習してみよう。

呼ばれて行ったら、「なんですぐ来ないの、もう」などと怒られたという経験をすると、呼び戻し合図が嫌なことの前触れになってしまい、なかなかやってこなくなる。

これは、合図が正の罰になってしまっているということであり、こういうケースが非常に多い。

呼び戻しの後には常にいいこと(ご褒美)が起こるようにしよう。

ヒトだって、怒られるとわかっている所には行きたくないだろう。

外に出たらおやつを受け付けない犬の場合は、室内で練習する。

おやつがないと呼んでも来ない場合は、おやつの出し方に原因がある。

犬は、飼い主の合図ではなく、おやつの存在を合図に戻ってきているのである。

これを飼い主の合図がしっかりとキューとして認識されるように変えていく。

最初から見せている場合、犬は「あ、おやつだ!さあ行こう」だが、それを「あ、合図だ!さあ行こう」にするのである。

そのためには、おやつを見せてそれで「釣る」=ルアーとしてのおやつの使い方をやめる必要がある。

おやつは常にポケットかポーチの中に入れておき、いつそれが出てくるかは犬にはわからないようにする

おいでの合図をして、すぐに来た時だけおやつをあげる。

そのときに、犬が完全に自分のそばまで来たときに初めてポケットやポーチからおやつを出してあげる。

それまでは手をポーチのほうにやったり、ゴソゴソしたりなどしない。

呼んでもすぐに来なかったときには、「いいこ」などの合図だけにして、おやつはあげない。

さらに段階的におやつを出すハードルを上げていくにより、おやつを抜いていくのである。

いつまでもおやつを出し続けるのではなくて、なるべく早く抜いて行くように、「すごくよくできたらルール」に切り替えていくと、解決するだろう。

おやつをもらったらすぐに駆け出してヨーヨーになってしまう場合、おやつを出すタイミングを少しずらしてみよう。

犬がそばに戻って来たときにおやつを出すのではなく、一緒に一歩前に歩き出したときにおやつを出す。

そして次の一歩を出したときにまたおやつを出し、方向を変えてついてきたらまたおやつ。

それでもヨーヨーになる場合には、メンテナンスを行ったほうがいい。

いちばん最初の散歩トレーニングに戻って、舌打ち合図→おやつを繰り返しながら移動し、合図→方向転換→おやつで、ヒトの動きに集中してついて歩く練習をする

動画はこちら

だんだんおやつを出す間隔を長くして、方向転換を何度かしてからおやつというふうにしていく。

第三に技術的要因

まだ練習を始めたばかりなのに、やたら遠くから呼んでいないだろうか。

最初は至近距離から呼ぶところから始める。

また、犬に自分の体の真正面を向けて、手を広げて「さあおいで」などとやっていないだろうか。

これは対面でコミュニケーションするヒトのマナーであって、犬にとってはマナー違反だ。

犬に対して少し斜めになり、ちょっと顔を背けてあげるだけで、犬の負担がずっと軽くなって来やすくなる。

嫌そうな顔をしてノロノロやってくる場合には、叱ったり小言を言ったり、犬の様子におかまいなく何度もしつこく練習するなどの正の罰を与えていないか、自己点検してみよう。

「○○ちゃん、おいで~、おいで~、おいでったらもう」などと、わかりにくい合図を出しているケースもある。

合図ははっきり、きっぱり一度だけを徹底したい。

その意味でも舌打ちは適している。

呼び戻し合図を出すタイミングが悪い場合もある。

犬は匂いかぎに没頭しているときに、自分の世界に入り込んでしまって我を忘れることもあるので、そういう時は、一瞬集中が途切れて頭を上げたその瞬間に合図を出す。

犬は現在、今この瞬間に生きる動物である。

やたら呼び戻したり、いつでも絶対服従を要求したりなどしないで、今犬にとって大事なことにも敬意を払ってあげよう

そうすると犬は、いつでも笑顔で喜んで戻ってきてくれるようになる。

              

以上転載

少しは解って貰えたでしょうか?。

信頼関係を構築しなければわんこは側には来ない!、なのです。

楽しい、そして犬に取って安全な場所、それは飼い主さんの側。

そうでなければわんこは戻ってこないでしょう。

              

今までの自分の行動を振り返ってみましょう。

                  

 

 

         

               

      

なんか自分なりにずるしている感じもなきにしもあらずcoldsweats01sweat01

グラさん有り難うございますm(__)m。

          

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閑話休題(^^;...

趣味のはなし。

こんなビデオをYou tubeでみつけた。

ディズニーのダンボを思い出す(笑)、良くできたCGなのですが、違和感が無いだけに笑えた。

しかしこんな風にぞうさんが時速300Kmオーバーで飛んでいられたら、ある意味恐怖shock...

飛行機の着陸が今でも非常に難しいと言うことは皆さん知ってはいると思いますが、こんな場所での着陸は.....

多分日本国内では空港閉鎖に会うと思う(笑)!。

進入角度がかなりきつい、滑走路北側に山があり、若干低くはなっているのですがそれでも40mほどの高度(爆)...

斜面に沿うように進入!そして滑走路すれすれでの引き起こしshock、解る人には解る怖さ.....

場所は、カリブ海に浮かぶ小島!St Barts 島eye、リゾート地として有名なのか?島には沢山の別荘のような家並みが。

しかし走っている車が....日本か?と見まがうほど日本車とワーゲン(爆)ばかり、ぶんた号も?(軽トラ)走っているしcoldsweats02sweat01...

これは進入速度と高度を間違えてしまった良い例なのかも?、引き起こしも若干早くて、グランドエフェクトによるバルーニングを起こしている。

本来なら中間付近で接地出来ていないので、ゴーアラウンドを選択しなければならないのだが....

強行着陸して事故になっている。

後の事を思うと可哀想なのだけれど、まあ自業自得(^^;...と言うことで。

横風の中で、早い段階でゴーアラウンドを選択している。

経験のなせるワザか?、パイロットのセンサーが危険を感じ取り復航している、その後の機体の動きを見てもそのまま接地していれば大事故のなった可能性は否めない。

しかしボーイングの設計思想なのか?横風時の安定性は他の追従を許さない!と思うのは私のえこひいきか?....

同じ様な機材に観えても、安定性はボーイングには届いていない。

                                            

香港空港の着陸4連発(笑い)  

Saba 島に着陸進入(^^;...滑走路の両端が絶壁shock.....

間違いは許されない.....

私は飛行機よりも遊園地のジェットコースターの方が怖いが....

ある意味それ以上か?。

これも怖い、オーバーランゾーンが全くない、片側絶壁、片側...壁shock.....

Lukla | Nepal 空港?(飛行場?)ネパールの山のなか....凄い飛行場....

実際、雲中着陸で事故を起こし乗客乗員が亡くなっている。

    

これだったら静岡空港なんて可愛い物です。

日本では農林水産省が以前補助金を出して農道離着陸場という飛行場をけっこう作ったけど、もっと立派(笑)....

雲の中での着陸、着陸後拍手が起こっているけれど気持は解る、進入してゆくにも谷間を縫っての進入shock...

かなりの揺れだと思う。

しかし凄い(^^;.....

一度経験してみたいと思っているのはこれ!

究極の着陸(^^;...

制御された墜落(contorold crash)と表現される、aircraft carrierへの着陸(^^;...

まあ夢のまた夢だろうなcoldsweats01sweat01

                 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

良いとこさがしをしよう!

またまた転載記事(笑)ずるしてるなんて言わないでお付き合い下さいm(__)m

             

ドッグウォーカー博士のスローライフ より転載。

発達障害児の支援に関する本を読んでいたら、こんなことが書いていた。

できないときに注意をするのが日本の伝統的な子育てである。

年相応にできて当たり前、できないときに注意すれば自然に覚えていくものという意識が強くあるという。

だから、できて当たり前のことができても褒められない。

逆にできて当然のことができないと、「何やってるの」「ダメでしょ」と叱りつけるのが一般的な対応である。

発達障害があったりすると、できて当然のことができないため、叱られることが多くなり、自己評価が低下したり、トラウマが形成されたりすることになる。

この傾向に「人並み」意識の強さが拍車をかけているとわたしは思う。

人並みでないと子育てが失敗したと思われるから、自分の子どもが人並みにできないと焦る。

その親の焦りが、子どもをよりいっそう窮地に追い込む。

それに対し、私が3年間留学していたイタリアはまさに個性の国で、個性的であることが最大限尊重されていた。

日本のように集団行動は要求されないし(学校の行事などにもない)、彼らにそんなことはできないだろう。

みんなと同じであることは、日本では美徳だが、イタリアでは欠点である。

ひとりひとりは違って当然なのだから、そのいいところを褒めてあげましょうと。

犬育てもそうであると、のびのびとしたいい犬になると思う。

私自身は「個性的な」とか「変わっている」などというのはむしろいい意味でとらえているので、ルル(ヨーキー♀5歳)が障害を持っていたり、怖がりだったりするのも、大事な個性だと思う。

健常な犬、問題ない生育環境で育った犬にはできないこともたくさんあるが、逆にルルにしかできないこともある。

たとえば、犬に初めて会う猫や、怖がりの犬とあわせても、相手を怖がらせることがない。

高齢者や障害のある子どもと仲良くする。

私のグルーミングをしてくれる。

研究会に一緒に出席して膝の上で爆睡し、私を落ち着かせてくれる。

などである。

できないことや欠点ばかりに目を向けていると、その子の良さがわからなくなってくるだけでなく、自分の力量不足にたいして自己嫌悪が生じる。

そこからできない自分と、できない犬に対する怒りがぐるぐる循環して負の連鎖が起こる。

これは犬(や子ども)にとってだけでなく、飼い主(や親)にとっても決していいことではない。

そんな気分に陥りそうになったら、自分の好きなことをやって気分転換したのち、犬とのかかわり方を全面的に変えてみよう。

犬に何かをさせようとしたり、いけない行動を叱ったりするのではなくて、日常生活における行動の些細な一つ一つのなかの好ましい行動にご褒美をあげてみよう

これを、アクティブ(積極的)トレーニング(Aトレーニング)に対し、パッシブ(消極的)トレーニング(Pトレーニング)という。

くわしくはこちらを参照。

ご褒美というのは、手っ取り早くはおやつだが、その犬が喜ぶことなら何でもいい。

飼い主の注目も、犬が喜んでいればご褒美になりうる。

喜んでいるかどうかは、犬のボディシグナル(とくに口元と尻尾)をよく見て判断する。

口を開けて尻尾を高い位置で小刻みに振っていたら喜んでいる。

飼い主が注目したときに、犬が耳を伏せて尻尾を脚の間に巻き込んでいるようだったら、注目はご褒美にならないどころか罰になる。

人間が忙しくしているときに、おとなしくいい子にしていたらそっとご褒美をあげる。

来客があっても吠えなかったらご褒美。

同居動物と仲良くしていたらご褒美。

このように、いいところに注目していたら、その子がとてもいとおしくなるし、それによって好ましい行動も強化されるので、よい連鎖が生まれる。

犬と飼い主の絆もよりいっそう深まる。

そして気づいたときには、のびのび、生き生きした、愛すべきハッピーわんこになっているのだ。

          

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻撃前のネゴシエーションシグナル~「支配性行動」の別解釈

これは、何時も読みに行っている、ドッグウオーカー博士のスローライフというブログからの転載です。
私と同じ様な目線、そして考え方のトレーナーさんの一人、博士号の持ち主でもあります。
犬博士ではありませんよ、別のジャンルの博士です。
                                                   
以下転載。
犬は常に犬同士会話しているし、ヒトにも常に語りかけている。

Blenda Aloff "Aggression In Dogs"(犬の攻撃行動)を読んでいて、こんな言葉を見つけた。

ヒトも犬に対してよくヒトの言葉で話しかけているのが、犬も犬語で話しかけている。

なのに、多くの人間はそれに気づかないか、または誤解していると。
著者は、あらゆるトレーニングの前に、飼い主は犬の言葉を学ばなければいけないと言う。
たしかにその通りである。

このことはもっと強調されていいし、こういう認識がもっと広まってほしいと思う。

特に攻撃行動の修正を行う場合には、こうした犬のコミュニケーションをよく知って対処することが非常に重要となる。

というのは、まず第一に攻撃行動をするような状況を避けることが必要であり、そのためには犬のボディシグナルからそこにあわられた気持ちを読みとって、次の行動を予測することが要求されるからである。

犬同士は匂いを使ってもコミュニケートしているが、大多数のヒトは犬ほど嗅覚が発達していないため、匂いからその気持ちを読み取ることはできない。

なので、ボディシグナルや音声シグナル(吠えなど)が、重要な判断ツールとなるのである。

さて、犬の攻撃行動を理解するに際し、従来は犬の習性として理解された垂直的ランキング説にもとづいて、支配性(優位性)攻撃(dominant aggression)という言葉が多用される傾向があった。

だが、犬の(そしてオオカミの)社会システムは、単純な垂直的な上下関係によって成り立っているのではないことが明らかになるにつれて、この言葉も使用されなくなってきた。

*以前に、誰がこの説を唱えているのかという質問をいただいたことがある。
大雑把に言えば、動物行動学を少しでも学んだことがある人ということができるだろう。
日本でも名が知られているというところで言えば、トゥリッドルーガス、イアンダンバー、レイモンドコピンジャー、テリーライアン、日本ではあまり知られていないところでは、ブレンダアロフ、バリーイートン、アランスティーブンソン、ジェームズオヘアなど、日本では、武内ゆかり、尾形庭子、水越美奈、西川文二などである。

優位的な(ドミナントな)行動というと、「ボス犬」のように垂直的なヒエラルキーにおいていつも優位にある犬が行う行動であるかのような印象をうける。

実際そうした意味で用いられてきたのだが、いつも資源に対して優先的にアクセスしたがる犬などはいない。

いまはこの骨ガムはほしいが、いらないときは同居犬にゆずる、餌は子犬に先に食べさせる、このベッドはお気に入りだが、自分が使っていなければ誰が使ってもいいなどのように、状況に応じて流動的である。

にもかかわらず、すべての犬の行動を「ボスになろうとしている」と解釈すると大間違いに陥る。

また、パピーのときの資源を守る行動を、かわいいからといって喜んだりして強化してしまうと、大人になったときの攻撃性を導くこともありうる。

なので、不用意に資源を守る行動を強化しないことが重要だ。

資源を守ろうとして唸ったり吠えたり咬んだりする行動は、これまで「支配性行動」と呼ばれることが多かった。

だが、犬の社会システムはよりフレキシブルで複雑であることが明らかになってきた現在において、「支配性行動」にかわる別の言葉が必要である。

それをブレンダアロフは、、assertive behaviors(要求を主張する行動)と表現している。

そして従属的(submissive)行動と言われてきたものを、yielding behaviors(権利を譲る行動)と言いかえる。

これは実際の行動に即した、正確な表現であると思う。

「要求を主張する行動」をしている犬は、尻尾をピンと立てて、耳を前に向け、体を伸ばして立つ。

「自分はいまこれがほしい」、「いまこれがとても重要なんだ」、と言っており、この一瞬の状況において他の犬にたいして自己主張し、権威を受け入ているのである。

それにたいし「権利を譲る行動」をしている犬は、耳を倒し尻尾を巻き込んで体を小さく見せる。

「いまこれをあけるよ」、「いまこれはキミにとってもっと重要だということを認めるよ」と言っており、この一瞬の状況において他の犬に従って、権威を与えているのである。

犬はこうしたボディシグナルを利用して、コミュニケートしたり、ネゴシエート(交渉)したりして対立を避けているのである。

ところがヒトはこれを「支配性」などと誤解して、ボスになったら困るからスチールホールド(はがいじめ)しようなどと、誤った対処法を採用する。

ここでしっかり犬の言葉を理解しておく必要があるだろう。

こうした要求を主張する行動や権利を譲る行動をとおしたコミュニケーションが成立しなくなると、攻撃行動や逃避行動にいたる。

なぜそうなってしまうかというと、1.犬の言葉を学ぶ機会が少なかったまたはなかったこと2.ストレスや飼い主による罰によってカーミングシグナルが失われてしまったことを指摘することができる。

うちの犬は他の犬に吠え掛かる、または噛み付こうとする、といった悩みをお持ちの方は、こうした「犬の事情」をよく理解しよう。

攻撃行動の対処法については、こちらこちらを参照。
以上転載。
理解できましたか?理解できない方、理解できた方、双方コメントしていただけると嬉しいな。
                

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

悲しき現実、ジンジャーと名付けられたシェルテイMix

YouTubeで今話題になっている捨て犬。

英国の有る会社の監視カメラが捉えた映像。

シェルテイMixの子の足は爪が伸び放題shockなのだそうです、走ることもままならないだろう。

保護するときに良く巻き込んだ爪を観る、その様な子は運動不足とかなりのストレス症状を見せる。

捕まれば2万ポンド(約262万円)の罰金。

私には少ないような気がするのは何故だろう.....

                  

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

なかよし動物フェステバル2010

生憎の雨の中、行ってきました愛護センターまで。

富津を出るときは.....

ドピーカン(爆)、北の方角には入道雲がshock....

案の定、市原インター付近から....

どっしゃぶり~~のあめのなか~~を♪♪、愛護センターに向けて!ぶんた号でひた走り....

やっぱり雨男か?...最近イベントでは降ってなかったんだけれどもね~~...

広場で行われたイベント、早々に建物に避難。

雨のために来場者はないかも?と思っていた私。

甘い、非常に甘い。

あの豪雨の中rainthundertyphoon....

非常に沢山の方が来てくれました。

カメラを忘れたぶんたですが、momoさんから少し写真を別けていただきました。

ちょっぴりさわりだけ。

Img_5376 愛護センターの奥まったところにある慰霊碑。

今日は花束が献花されていました。

Img_5382

本邦初公開?かな...頭に尻尾の生えたおっちゃんcoldsweats01

有ることで願掛けの様に伸ばし始めて、いつの間にかトレードマーク(^^;...

もう必要がないから切っても良いのだけれど、何故か切りたくないこの頃。

Img_5377 我が家のマスコットガール(ちょっと古いか?)まりちゃん。

会場で子供達に揉みくちゃにされていた。

Img_5380 大きさが大きさな(2Kgを切っている)だけに、可愛いんでしょうね子供達には(^^;....

マイクロチップのデモで連れて行ったのに、愛玩されまくっていました(^^;.....

私はここで何をしていたかというと.....

県衛生指導課の職員さんと一緒に、アライブさんから支援していただいた迷子札の説明&配布。

そして飼育相談(笑い)、飼育(しつけ)相談そのものは会場内で行っていたので、私は補足くらいにとどめていました。

飼い主の飼育姿勢でどうにでもなってしまうことを!。

解らなくとも頑張っている人を観ると応援したくなりますからね。

  

雨の中本当に多くの来場者に来ていただき本当に有り難うございました。

            

                 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

                  

 

 

おまけ(笑)

環境省のポスター(エクザイルバージョン)が大量に有ります。

ただし、掲示期限が9月30日までですので、公の場所には掲示できません。

自宅に飾るとか!、その程度の利用方法しか有りませんが、欲しい方はメールにてお申し込み下さい。

送料着払いにて発送いたします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

ハードロック。

生き残ったチビ猫3頭の食事前の様子coldsweats01sweat01....

ハードロックで踊り狂っているように観えるcoldsweats01何もあげていないかのようにも観える(^^;....

こまった....

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

動物愛護週間行事「なかよし動物フェスティバル2010」

千葉県富里市御料709-1 千葉県動物愛護センターにて、なかよし動物フェステバル2010が開催されます。

日時 平成22年9月23日(秋分の日) 午前10時~午後3時

チラシはここから印刷してね!。

盛りだくさんのイベントで皆さんをお待ちしています。

私は朝から!衛生指導課のテントの中か、付近でうろちょろしていますからお声がけ下さいね。

       

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

里親会の御礼

昨日、藤沢市にある辻堂海浜公園にてpawpadsさん主催の里親会に参加してまいりました。

多くの来場本当に有り難うございましたm(__)m。

Img_6470_2 いつもは、1時間半くらいで到着することの出来る会場。

3連休のために道路は駐車場状態shock....予定の時間を大幅に遅れ1時間の遅刻(^^;....

1時間前に着く予定で家を出たのに......

皆様に大変な迷惑をおかけしましたm(__)m...

当日参加したのは

E.ポインターのエイミーちゃん。

ペキニーズのモニカちゃん。

チワワのクレアちゃん。

年齢詐称疑惑の!、M.シュナのカーン君。

そして、山武市で保護した子犬4頭の内、最後まで残ったサリーちゃん。

チワワのカンナちゃん。

この二人には里親希望さんがわざわざ駆けつけてくれました。

そして子猫軍団cat4頭....

成猫、ハコ(白子と書いてハコと呼びます)ちゃん、カスミ(ロシアンブルーが混ざったような色合い)ちゃん.....の2頭

総勢12頭をぶんた号に押し込み(笑)会場にcoldsweats01sweat01rvcardash....

到着後急いで荷ほどき(^^;...

ではなく陳列(^^;...

ではなく点字もとい展示coldsweats01

Img_6466

仔猫の廻りはあっという間に人だかり(^^;....

仔猫を育てるのがどんなか解っている私には、ちょっと複雑な気持ちが有ります。

それに仔猫ばかり欲しがる人の気持ちも解らないm(__)m....

何故?成猫ではだめなのだろうか?.....

仔猫の育て方を間違うと......1頭1頭違うしね!同じ性格の子なんて皆無。

簡単だと思うのでしょうか?......

               

 

今回、里親さんが決まった、あるいは里親さんが決まりそうな子は.....

まずはサリーちゃん。

サリーちゃんそっくりな先住犬、しかしその子はガンで亡くなってしまった....

そんなとき、前回の里親会に出ていたサリーとウィアに目が留まったそうなのです。

里親会の前にやりとりをした後、会場でお見合heart04coldsweats01sweat01....

ちょっとビビリながらもパパさん達と遊ぶサリーちゃん、そんな姿を横目で見ながらcoldsweats01他の里親希望さんとのお話を.....

しまいには頭がこんぐらかって(スクランブル状態shock...)行くぶんた...

.....

そしてクレアちゃん....

チワワ軍団の中でひときわ際だって気の強いクレアちゃん、非常に飼いやすい(表現が上手くないか?...手の掛からない..かな?)子だと思う。

何と二組がバッテングshock.....

1組は老婦人、1組は若いが先住犬がいる....

クレアちゃん、老婦人でも全く問題は出ないと思う、そのくらい楽な子です。70代の独居老人coldsweats01sweat01それだけで選考から外される里親会も有るようですが.....

私は最初から外すような真似はしません。

よくお話を聞き、その方の状態、そして希望される子の状態を良く見て決定をします。

お話しを伺っていて特に問題は無いと判断、健康状態も良さそうな方。

最近はこの様な方が多いのでしょうか?。

私の母親は、60代ですでに痴呆が始まり、80を過ぎてなくなりましたが、世話が焼けた~~shock.....

私の頭がおかしくなったのはこの事が原因か?....

まあ元々だからcoldsweats01そんな事では...

         

話を脱線させるなって(^^;....

そしてもう一家族.....

先住犬との様子を観させていただいた。

クレアちゃんも先住犬もシランふり、一応の挨拶はすませたが....

双方興味なしcoldsweats01sweat01......

それがだめか?

と言うことではありません、同じ家庭に入っても問題が出ることは少ないでしょう....

が!話を聞いていて問題発生.....

パパさんに対しての要求が酷い状態shock....

どうも甘いcoldsweats02

それが会場ですでにちらほらと.....

それらは後々問題行動の山となる、クレアがその家庭に入った事で引き金になり、問題が大きくなる可能性がある。

その様な問題も私はハッキリ言ってしまうから(^^;....中々決まらないのかな?、でもその子達の今後を考えたらとても.....

その旨を説明し納得して貰い、将来次の子を迎えても問題のない子にするために、相談し合い訓練を続けていただくことを約束しました。

     

これでクレアちゃん、すんなり譲渡かと思ったら......

避妊手術のため、何時も行っている先生の所へ帰り道寄ったら....

手術台に乗ってから担当の先生が呼ぶ?。

        

行くと、乳腺腫瘍が有ります、そしてそけいヘルニアもshock....

一緒に手術をして貰うことに。

後は検査待ち、悪性であれば譲渡はなくなるshock......

その旨を里親希望様に電話連絡、待って貰うのは辛いが.....

             

そしてカンナちゃんもお見合。

ビビリで控えめなカンナちゃんは、抱かれるとうっとり(^^;...

先住犬とも大丈夫そう...

が体重...900を若干切る個体の大きさshock...

問題がないわけではない!帰ってからよく考え結論を出して欲しいと.....

                          

         

そして仔猫が一頭決まった。

雨の金曜日にうち捨てられていた、4頭の子猫の内の生き残り。

ごくう!と名付けた(だって保護当時、子供の頃に観たアニメの孫悟空の顔にそっくりだったんだもの!)その子は1頭になっても力強く生き続けた。

先住猫との相性も問題は観られなかったhappy01、きっと上手くやって行けるだろう。

新しい名前は、ココちゃんcat

                

               

そしてなんと.....

年齢詐称疑惑のちっちゃなM.シュナカーン君leo....

一時預かりさん急挙決定。

先住のミニピンの子と問題が観られなかったので、一緒に連れて帰って貰った(^^;....

さてどうなりますか?.....

後は時間切れ(爆).....次回のお楽しみと言うことで....

本当に有り難うございましたm(__)m

他のことはpawpadsさんを観てね!。

しかし....写真が~~coldsweats01撮っている暇がなかった。

   

 

 

 

 

            

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

               

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

3年間ありがとうございました

私の友人のシャドフラクーのパパさんのブログが閉鎖に追い込まれた。

卑劣な方法を持って誹謗中傷を繰り返し、中には関係の無い人まで巻き込んでいる.....

すでに犯罪の域に達する行為も行われている。

これについてはしかるべき所に出て行くことになると思う、まあ誹謗中傷した方々、首を洗って待っていてくれ。

多くの関係ない方々に迷惑が掛かると、今回先生は断腸の思いでブログの閉鎖を選択した。

誹謗中傷を聞くと、事実無根な事を書き込んでいる、また何処で調べたか?納税額までshock.....

まあ確かに先生....収入少ないから....

納税も出来ないし、収入の殆どが経費に消えている現状では....

生徒の3割から4割が(私が悪いのだが、言い出しっぺの一人)保護ガンドッグ他の生徒さんshock.....(そんなに多いとは思っても見なかったが、見せられて唖然)

それらは経費のみ出て行き、料金をいただいていないので収入はゼロshock.......

しかも先生の所生徒さんすくな~~、営業しなくっちゃ(家の分もね)

まあ余り多くても濃いレッスンが出来ないけれどね。

免許の問題も書き込んでいるようだけれど、それを行政は認めて取扱業をOKしている!と言うことで何も無いなんて事実無根だぜpunchimpact

由緒ある王室ガンドッグクラブを愚弄しているのはおまえだよ。

シャドフラクーのパパさんのブログから転載

>2007年に THE GUNDOG CLUB を 書き始めて以来3年間、
多くの方々に、ご愛読を頂き ありがとうございました。
心より感謝いたします。

残念ながら中傷の書き込みが続き、このブログは閉鎖させて頂きます。

しかし、犬と共に暮らすことの素晴らしさ、とりわけ保護犬と暮らすことの
楽しさをお伝えし続けたことは、私の偽らざる気持ちです。

それほど遠くない日に また改めて新しいプログで、犬と共に生きることの
素晴らしさを発信をしていきたいと思っております。 
(gooではない、ほかのプロバイダーになると思います)

ご愛読頂きました皆様に、重ねて御礼を申し上げます。

    管理人

以上転載。

総アクセス数30万のブログが消えることは寂しいし、私は同志を殺されたに等しい。

誹謗中傷をくりかえし、多大な迷惑を多くの人々にかけ、閉鎖に追い込んだ人間を私は許さない。

             

追記(^^;...

一緒に書いて置けばいいのにcoldsweats01sweat01

免許が無いとか(爆)、偽トレーナー?とかの書き込みが有ったので.......

まあしかし(^^;....

坊主憎けりゃ袈裟までも!という感じかな?.....

私は少なくとも訓練士さんやトレーナーさんに免許は交付されていないと思っているがいかがか?

免許という物は大別して2種類、 芸道における免許と法律の免許。

まあ便宜上免許という物を発行していればそれはそれで(^^;...

動物(競馬は別にして)関連の免許は獣医師免許しか私は知らない。

まあ法律の上でしか解らないのでこれ以上は書きませんが、訓練士さんやトレーナーさんて皆免許持ってるの??....

トレーナーなどの訓練業務を行う場合は、

こちらを良く読んでね!。

動物取扱業者の規則では、事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市の長の登録を受けなければなりません。

免許制ではなく、登録制なのです。

もちろん、動物取扱責任者の配置と言う項目があります。

それは、専属の常勤職員のうち、業務を適正に営むために必要な知識や技術に関し、一定の資格要件を満たした者です。

と有ります。

そしてその資格要件の中身を観ても......

免許の文字はない!(ナポレオンボナパルト風coldsweats02)....

公認訓練士や認定インストラクター..etc.....

              

 

 

と言うことで訓練を業として行う場合には登録すると言うこと、保健所等で手続きを行えば登録できるのです。

だから免許は無い(爆).....

偽トレーナーは法律上存在できません。登録してあるか?確認すれば良い事、ましては動物取扱者以外でもその事業所において、動物取扱責任者の指導監督の下誰でもトレーニングは出来る。

何が言いたいのか皆目わからん......

ましてや訓練スキルは月とすっぽん.....

先生の普段の教えは対処療法ではない(ここ重要!)ので素人目には何を行っているか解らないだろうね。

まずは陽性強化!保護犬や、間違ったトレーニングを積んだ犬は心はボロボロ。

そのケアから始まる訓練。

生徒や廻りの人間は目の前の症状を治して欲しいのでしょうが....

私もかつて対処療法を行って苦い思い出が有る人間、上手く行くのは最初の頃だけ、その時に飼い主に戻すと喜ばれるが.....

数ヶ月後...

もっと酷くなったわんこが目の前に(爆)......

先生はその様になった酷い状態のわんこに臆することなく、わんこを矯正してゆく。

簡単ではないことをこともなげに行ってゆくのです。

経験とスキルが無ければとても出来ない事。

たまに噛まれては居ますが、それは想定外の事や急を要して時間の取れない状態で行ったがため。

目の前に口から泡を吹き、目を真っ赤にしたわんこを観て、普通の訓練士などは出入り禁止にするが、先生はこともなげにわんこに近づき様子を観る。

もっともカーミングシグナルを駆使してはいるのですが.....

こんな事スキルの無い人間に出来るかな?.....

私の場合保護がメインなのでこの様な事態は多い。中には恐怖でセンターの獣医師さんを噛む子も.......

そんな子を温和しく注射させることが出来るといったら信じてくれるか?.....

私たちのやり方なら出来る。

              

                 

まあ信じようと信じまいと、私たちは目の前で死の縁に居る子達を多く観ているのだから......

先生のスキルはそれだけではない、私はドッグスポーツという物を行ったことがないが、競技会の難しさは解っている。

特にトップレヴェルの戦いは....今思い出してもきついぞ....

先生はそれをこともなげに行っている、しかも競技専用の子ではなく、普通の家庭犬?まあGSP(ジャーマン.ショートヘアード.ポインター)なので猟犬ではありますが....

高価なレトリバー種に混じって、ただ同然(ごめん!)でせしめたフラウちゃんと何時も上位に居る。

競技専用のわんこに混じったカローラわんことでも言ったらいいのか?....

イニシャルDの86レビンがあるけれど、あれはまあ別の話で(爆)

色々な競技でもそうなのだが、ゴルフ等でも高価な道具をそろえたがる人が居る。

私の友人の父親は、パター1本(爆)できっちりパーで廻る!そんな強者が居る。

誰かが曲げてしまって棄てようとしたパターだそうですcoldsweats01sweat01...

そんなパターで250ヤードを軽くshock

良く言われたのが地道に基本をしっかりやれと、そうすれば自ずと結果は着いてくる、決して道具のせいにするなと。

まあ高い物は買えなかったしな~~毎日3時間くらいクラブを振っていたけど上手くはならなかったな~~(がっくし)

まあそんな状況で先生は結果を残している(何故かリザルトが2009年から公表されていないshock、まあ事務局曰く素人さんが勘違いするといけないと?.....)

偽トレーナーや偽物がここまで出来る?....

よ~~く考えよ~~♪♪

まあ私が(ぶんたが)山本ですと言ってトレーニングを行えば確かに偽物だけれどもねcoldsweats01sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

エアースカウター

ある意味凄い物を商品化した。

ブラザー工業が昨日発表した。

私の年代だと.....

ドラゴンボール、サイア人が.....まだ家に全巻有るぞ(爆)....

ロボットにしてもゲームにしても、凄い物を開発し続けている日本の企業....

日本の国策でもっと守って欲しいな。

かなり怖い現実を私は知っているのでね、菅さん首相として踏ん張りどころでっせ。

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せへの旅立ち

我が家のチワワ軍団の中で、トップバッターで決まったシエラちゃん。

家族の元へ旅立ちました。

P9100014 家族にも慣れて、女王様気分?のシエラちゃん、かわゆいから許すhappy01

元々人なつこい性格、上手く暮らして行けるでしょう。

>シエラちゃんの近況報告です、まず家族全員に、かわいがれております。(子供達がこれほどシエラ歓迎を歓迎するとは正直ビックリ)

1)当日に日曜日は、さすがに疲れたみたいで、グッスリ
2)月曜日は、家族の顔を伺うような仕草で行動、慣れるまでまだまだ先は長いかな?
3)かなり、慣れました
4)家の中を一人で探索しており、ほとんど女王様です
やはりシエラ家は全員犬好きでした、ばらばらの時間で、それぞれ帰宅しますので、シエラちゃんも大変だと思います。
  
だそうですconfident
P9100011jpg こんなに可愛がられて......
幸せものめhappy01scissors
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年齢詐称疑惑(笑)

M.シュナウザーのカーン君。

まだパピーと思っていた?まあ歯の状態が良くないのでどうかな~~とは思っていたのですが.......

昨日去勢手術時複数の先生に観て貰って......

1歳から2歳程度か?.....

体は非常に小さく、5月に里親さんの所に行ったまみちゃんよりも小さい....

オデブなのに、3,5Kgしかない。

まさに幼児体型shock...

男の子であれば、ほぼ7Kg前後有っても良いはず、どんな育ち方なのか?.....

鳴き方も行動もパピーなのに.....

ちょうど7ヶ月程度のパピーがこの大きさくらい、てっきり.....

チワワのクレアが大きさ余り変わらないぞ(爆)(重いけど)....

最近はこんなに小さい個体を繁殖させているのだろうか?、元々M.シュナは疾患が多く発生することが報告されている。

それを体の大きさを小さくしようとすれば、その確率は飛躍的に増大する...

目先の利益のみ追求する繁殖屋が横行した結果だろうね、元に戻すにはかなりの(膨大な)出費、そして労力、信念がなければまずは無理だろう....

カーンを観ているだけで、日本のペット業界の本質が観えてくると言ったら.....

言い過ぎだろうか

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

グレートデーン、ロッキー君、5歳の里親様募集

以下転載

2010/09/08 グレートデン ロッキー君の里親募集

グレードデンのロッキー君の里親募集のお手伝いをします。

里親さん、それから一時預かりさんも募集しています。 *****************************************************

犬種:グレートデン(雄) 年齢:5歳 体重:65kgくらい 経緯・性格等:   

飼主死亡のため保護者を失いました。   

寂しがりやで、人懐こく甘えん坊です。

素直な性格です。   

基本的な訓練がしっかり入っているので、出された指示にはきちんと反応し落ち着いていられます。   

神経も細すぎず太すぎず、例えばカミナリなども怖がりませんし、  外を通る人や犬の気配にも吠えることはありません。  

散歩で出会った「向かってくるオス犬」に対して興奮を示す場合があります。   

沢山の愛情と、根気よく節度ある係わりの中で、この犬の持つ良さを更に引き出して一緒に犬の余生生活を楽しんで頂けたら有り難いです。   

中学生以下のお子様がいるご家庭はご遠慮ください(デン飼育経験者のお宅はこの限りではありません)。  

室内で大型犬以上の飼育経験がある方。

問合せ先:

PAKの募集要項 PAK(http://homepage3.nifty.com/nazozen/)
> (募集№1863)にお願いします。 *****************************************************

ロッキー君の写真

Photo Photo_2 3

以上転載。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

追記

ロッキー君幸せをつかみました!。

皆さんの後押しがあり、新しい新居での生活が始まりました。

            

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

里親会の開催

開催場所  藤沢市辻堂西海岸3丁目 辻堂海浜公園

開催日時  9月18日(土) 12時~15時

雨天の場合は、9月19日(日)

よろしくお願いいたします。

またイベントで、ドッグスクールアイルの山本先生による躾け相談も行いますよ!。

毎回pawpadsさんのおかげさまで盛況な里親会です。

公園のため時間が限られていますが、皆様どうかよろしく。

また去年開催が多くできなかった小田原での里親会も10月頃には開催できると思います。こちらも日程が決まり次第ご報告いたします。

          

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなホームステイ

またまたやって来ましたcrying......

家族が重い病気にかかり、面倒を観ることが出来なくなったと....

君津保健所経由で相談があり.....

かつては全て不用犬として引き取り、その最後は家族に見守られずに.....

翌日には煙となって天に召されていた子達....

その思いのある(現実を観ている)私は、断れないshockcrying......

しかし....

このところ立て続け?....

あまりの多さに辟易しだした.....

確かに、愛護センターなどでは毎日のように引き取り希望の飼い主が来る......

千葉県全域なので仕方がないのかも知れないが......

ここ1ヶ月で4件の相談!、保健所担当者にはもっと多くの子が相談に訪れているはず。

お陰で、愛護センターに入った子の引き出しが全く出来ないshock.....

それでなくても我が家にはあふれかえっている、わんにゃんdogcat達...

さてどうした物か......

今回の子

Img_6388_2 わりかた大きめの(今としては)ヨーキー君。

今の子が小さすぎるのだとは思いますが......

11歳、この年末が来ると12歳...

リードを付けてゲージに居るのは訳ありcrying.....

ストレス&不安から来る問題行動が散見され、様子見の段階だったのでsweat01sweat01......

どんな生活をしていたのだろう、本来の飼い主から離れ高齢の夫婦(飼い主の親御さん)の元で暮らしていた......

その親御さんが重い病気になられた?...

そんな理由で我が家にたどり着いたヨーキー君。

本来の飼い主さんには非常に申し訳ないが、余り良い状態で飼育されていなかったと観る。

まあ親御さんを非難するわけではない、この子の習性を知らなかったが為にこの様な問題を抱えていると思う。

高齢のため時間は掛かるだろうが、治らないことではないと私は思う。

里親さんの元へ行けるか微妙な所(私としては早く行って欲しいが)、可愛い笑顔が近い将来観られると思っている。

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大移動?

と言うほどの物では有りませんがcoldsweats01sweat01.....

チワワ軍団のうち6頭。

なゆた

かえで

アニー

マリモ

エミリ

アンナ

と......

シーズーの姉妹?。

あんず

すもも

が、キャットナップ千葉支部さんの協力申し出により、里親様を捜すために旅立ちました。

チワワ軍団を飼い主から引き受けた際に、残りの子達の一部を引き受けてくれた団体さんで、めどが付いたので協力したいと言ってきてくれました。

感謝です。

私自身は小型犬と猫がにがてcoldsweats01sweat01.....

助かりますm(__)m

まあシーズー姉妹はおまけ.....

ちょっとビビリだけれど、愛らしいあんずとすもも。

寂しくなるけど幸せを見つけてね。

なお里親希望の方はこちらからお問い合せをお願いいたします。

それでもまだ60頭を越えていることが判明shockどうしよう.....

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

支援のお願いm(__)m 

ぶんたの家の総飼育頭数。

9月8日現在....

68頭shock、  dog犬..34頭。(訂正、もう1頭いたcoldsweats01sweat01) cat..猫34頭

個人での飼育頭数を遙かに超えた頭数ではありますが....

何とか、今現在持ちこたえて居ますがcrying....

去年の30頭から一気に倍増!。

仕方のない一面もあるけれど、やはり私自身にセーブが効かないのか?。

死の淵に追いやられた子達を全て助けられないけれど....

目の前に現れた子を、見殺しには出来ない.....

そんな葛藤と共に数が増えてしまっている。

最近の傾向として、保健所に相談の後我が家に来る子達が激増。

流石にその後の事が解っているために断り切れないのが実情です。

どうした物か?.....

ぶんたの家も一時預かりさん募集しようか?....

しかし....

その預かった子も全て里親さん、一時預かりさんの元に行ける子ばかりではない、色々なトラウマ、又は疾患を抱えshockとてもではないが、そのまま譲渡はいくらずうずうしい私でもお願いは出来ない。

結果は我が家にロングステイの子が増えて行くだけ.....

今回数頭(チワワ軍団)がある保護団体の申し出で、お願いすることになった。

そこも多くの子達を抱えてはいるのですが、頑張ってくれると言うことなので心苦しいですがお願いをいたしましたm(__)m。

それでも残る頭数は60頭ほど....

やはり限界は超えたまま。

やはり一番の消費量はフード。

宅急便さん、等に何時も大量に運んで貰う....

重くて大量に注文するからちょっと大変そうですが(^^;...

支援でいただく量と半々くらいかな。

次が猫砂、最近は樹の粉を固めた物が安く出回り始めたので、殆どその品物ではありますが、ぶんた号に乗せると大量なので矢張り重いshock

Img_4454 ペットシーツの大人買いcoldsweats01.....

この数が、2週間持たないshock

トイレットペーパーと共に大量消費なのです。

連れ合いが安売りしていると、大量注文happy01

質より量ではありませんが、どんどん変えて行かないと他のシーツの無いところにshock.....

お陰で週2回のゴミ収集日は我が家から大量のゴミが.....

医療費、いくら先生がボランテア価格で行ってくれていても、総額は普通の家と比べたら.....

月に10万から20万くらいの支出で抑えては居ますが(^^;...

ブラウン君の入院の時もものすごい価格で応援していただいた先生、有り難うございます。

本来なら30万円を超えるような処置だったはず....

           

                 

                 

その様な中での度重なる支援のお願いm(__)m

現在支援していただいているのは、物資、お金会わせて月に20万円相当....

そして出費は...その倍以上.....

とても家計のやりくりでは間に合わなくなってしまったのが現状です。

自分の業の報いとはいえ、少しでも助けたいと言う思いが無理をしてしまっている。

と言っても良いでしょう

自分勝手なお願いですが、皆様よろしくお願いいたします。

支援物資の送付先はメールにて!お問い合せ下さい。

支援金の送付先は!

ゆうちょ銀行からは

記号10580 番号55903871

名前  ブンタノイエ

他金融機関からは

【店名】 〇五八 (読みゼロゴハチ)

【店番】058 【預金種目】普通預金 

【口座番号】5590387

前回のお願いで頭数減らすと言ったんだよねcoldsweats01....

何でこんなに....

                

 

 

 

  

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

立て続けのホームステイ(^^;...

久々の更新coldsweats01.....

この1週間ほどの間に立て続けに4頭のホームステイshock....

まずはダックスの(ミニチュアなのですがスタンダードほどの大きさshock)ヨウスケ君が。

家庭の事情で飼育できない状況に追い込まれ、泣く泣く保健所に相談...

そしておはちが回ってきたのがぶんたの家rainthunderthundertyphoon.....

Img_6235

ヨウスケと言う名は、里親さんが決まっていて新しい名前、すでに何故か馴染んでいて(笑)違和感なく受け入れている。

もうじき新しい家族の元で新たな出発なのです。

何で里親募集もしていないのにcoldsweats02里親さんが決まったかというと....

他の子(チワワのクレアちゃん)とのお見合が決定していて、お見合の日時が来る日と重なっていた。

しかし家族の中からやはり2頭目もダックスが良いのでは?との意見も....

Img_6249 その一頭目とは......

懐かしの銀治郎、すでに1年の歳月が.....

仲良く2ショット。

本来のお見合相手だった、クレアちゃんにはそっぽを向かれcryingたにも関わらず...、元気にヨウスケ君と遊ぶ銀治郎君eye

運命の糸は繋がっていたのでしょうか?。

ヨウスケ君を引き取ってから銀ちゃん家族が到着するまでのタイムラグは殆どない、そんな中でお見合をしてしまったけれど、問題なくじゃれ合っている2人coldsweats01....

決まる時って....不思議だ~~confident

                   

                    

                          

そして.....

Img_6266 ペキニーズ、女の子、10歳になる。

飼い主が突然倒れた....

くも膜下出血で、意識が今は戻らない.....

家族に、この子達を頼むと言い残して....

                

   

が...

他の家族は飼育できる状況にない、仕方なく保健所に相談.....

そしておはちが回ってきた....と言うより、ヨウスケ君の行く先が決まっていたので良いよ!と二つ返事してしまったshock......

残された2頭の内、1頭の子は隣の犬好きの家族が引き取ってくれることに...

でもそこも多頭飼育、2頭ともは出来ないと話していた、普通はそうだよねcoldsweats01、家みたく....30頭オーバーのわんこは.....

           

この子は里親さん募集いたしますm(__)m

性格、人なつこく甘えん坊、年齢のためか温和しいです。

室内飼いで大事にされていました、トイレなどの問題も皆無。

我が家では空気の様な存在happy01

仮の名はモニカ!、何故か我が家ではなまって もなかcoldsweats01....

 

 

 

そして.....

検疫期間あけのM.シュナのカーン君。

Img_6293                    

流石に毛玉だらけ.....

ちょっと観解りづらいのですが、顔の廻りとお腹の辺りは修復不能なほどの(まあ面倒ではありますな!)毛玉.....

そんなわけで、またまたシュナの丸刈り敢行shock.....

上手いトリマーさんだったら綺麗に毛玉とりするのでしょうが、私はトリマーではないし....

ヘボだしshock.....

バリカンに任せてマルガリータだ~~.....

BEFOREhappy01

 

AFTERshock

あまりに動きが違う(爆)壊れた時計coldsweats01....

カーン君も里親さん募集いたします。

年齢...不肖....8ヶ月令くらいだと思っていたのですが....

センターから出てきたら妙に大人びて.....

手術時に先生に良く観て貰おう、くるみちゃんの件もあるからな~~......

性格、シュナの見本のよう(爆)....

               

 

 

 

これにて打ち止め~~♪♪

と思っていたら......

来ちゃったんですshock....

Img_6317 マリちゃん、Mixの女の子、一見ラブっぽいのですが非常に小さい....

40~50日令くらいか?。

シャドフラクーエスのパパさんがレッスンのために早朝5時半!、LADFに向かっているときに、山武市の本須賀海岸近くの路上で.....

白い物体が横切ったshock

車を止め付近を探すと、薄汚れた子犬が.....

バリケンが乗っていたのでその中に収容。

         

たまたま当日、見学のために向かっていた私に電話!ひろっちゃったshock.....と。

これも運命か?...

様子を観ると、蚤ダニだらけshock皮膚の状態からして、すでに1週間以上同じ様な状況に晒されている。

付近で放し飼い?にしてはあまりに酷い状態、乳飲み子では無いけれど、まだかりかりご飯では無理な状況だし.....

フロントラインをスプレーして貰い、蚤ダニ取りbearing.....

レッスンが終わって帰りの車中。

非常に温和しく騒がず.....

何でこんな子が、棄てられていたのだろうか?....

付近には確かに民家もあるけれど、このくらいの月齢の子を放し飼いにするとは思えない.....

早朝から比較的交通量(海岸に通ずる観光道路)も多い。

実際、愛護センターで収容する子犬が多いのもこの周辺(と言っても範囲は広いですが)shock、観光地は棄てられやすいのか?。

              

チワワ軍団のお見合の為、実家を借りて....

外で遊ぶマリちゃんです。                     

                            

やはり棄てられたとしか......

             

里親さん募集はしばらくお待ち下さいね。 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、人気ブログランキングへ ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

                                           

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »