« 保護犬のリハビリをするということ! | トップページ | 行ってきました&ジョデイのホームステイ »

2008年11月15日 (土)

犬との生活

犬との生活において何が重要なのかと考えたとき思い浮かぶのは何だろうか?。

躾け?

愛情?

共に遊ぶ?

思い通りに訓練する?。

ドッグスポーツ?。

散歩?。

Etc......

今、日本という国において 犬! と言う動物において、どれだけ正しい知識を持って接している人がいるだろうか?......

正しい知識!と言うことであればほんの数人だと思う(もっと居たら失礼だとは思いますけれど)!、色々なサイトを巡り、また色々なところを訪問し、意見を交わしているのですが、納得の行くところはほんの一握り........

問題の多い!保護わんこと接しているせいか(笑)どうも理解しないと先に進めない私!。

私の場合、問題行動を理解することから!その子の生活が始まる。

噛みつく子!はセンターにおいて引き出し!は出来ませんけれど、それでもたまにすり抜けてくる子はいるのです。

成犬になって噛む!ということは、殆どパピーの時の愛情プラス社会性不足や!、ストレスに起因していると思っています。

子犬の時に愛情を貰っていない!?.. 子は、引きだしてきてしばらく経つと、幼児的行動が始まります。

そんな子は意外と早く問題行動が消えてゆきます!、私との遊びの中や他の犬たちとの遊びの中でコミニケーションを取り始めて、普通?のわんこになって行くのです。

私自身は現在普通に言われているところの、訓練!や躾けという行為を一切行っていません!、とは言っても オイデ! スワレ! マテ! くらいは出来ないと、里親さん困ってしまいますからね。

それ以外の躾は私自身から行っていません!。   何故かって?...

                  ストレス!

保護した子の場合、問題行動=ストレスの場合が殆どの子に見ることができます。

保護してから、ストレスを取り除くリハビリを数ヶ月して!、やっと立ち直って良くなったからと強制訓練などしたら......

                  元の木阿弥!!。

               数ヶ月の苦労は水の泡!!。

今、私は遊びの中でワン子達に覚えさせるようにしています、家庭犬として生活するのに、不自由のない程度のことを覚えて貰う程度!のこと.....

散歩で引っ張らない!、むやみに吠えない!、Etc.....

                    .

以前は行っていました!矯正(強制)訓練を確かに!.....

行っていて、何故元に戻ってしまうの?と言う疑問から、最初そんなに難しいと思わなかった事柄に、何故そうなるのか??、何故よい子になってくれないのか??矯正訓練をしているはずなのに?酷くなる.......

自分のやり方の何処が間違っているのか解らない??.....

本を読んでも解らない??....

ネットで有名な方の所に行ってもわからない??......

良いことばかりしか書いていないし、自分の行っていることが!何処が悪いのかわからない!、余程頭が悪いのか?とも思ったりした。

動物行動学という物を知らなかった時期でした、最初わりと近年に書かれた本(著者を忘れたけれど日本の出版物)を読んで、自分の知っている範疇のことが書かれていた。

私は何をして居るんだろう?そんな疑問の多い日々でした。

確かにそのころ一緒に活動していた方の、飼い犬たちに癒されていた日々!本当によい子達でした!

         何故?こんなよい子が出来るの?.....

やり方は変わらないはずなのに(自分が思い込んでいただけだと思う)

                    .

                    .

                    .

自分の親族や、家族を抱え面倒を看なければならなくなり、保護活動そのものが出来なくなってしまうような状態に陥ったために、その方の元を去り体制を立て直し?何とか活動再開(まだまだベストの状態にはほど遠い)。

やはり2足のわらじは履けない!。

そんな中で知り合えたEggiさん、救いの神に見えたのは私の気のせい?(笑)

が!実践できるまでの長かったこと、身に付いた垢は中々落ちずにいた!

夏の暑い盛り(6月過ぎから)私の体調は最悪だった!、殆ど気力もなく仕事の出来ない日々が2ヶ月以上続いた。受けた仕事は何とかこなすにしても、絶不調です!。

この時期わんこに対して殆ど何も出来なかった!、とは言っても食事とトイレ、散歩くらいは何とかこなしてはいましたが.....

犬が変わった?、身のこなしが変わった?、表情が変わった?.....

何が変わったのか最初解らなかった?.....

私の犬に対する接し方が、気力のない時期に良い方向に向いたのでしょう!。

当然のように怒鳴ることもありませんから!......

確かに怒ることは自分ではしないように心がけていても、とっさの時には出てしまっていた、それが出ない(出せない)訳ですからね。

犬の行動は観察出来ていても!自分の行動が把握できていない私がそこにはいたのです。

叱ることからは良いことは何も生まれない!、確かに命の危険が及ぶことには叱ってしまうことがあるかも知れない、しかしそれを回避出来るテクニックがあるからその事を利用すればよいのです!

その事を学習させるには長い時間と根気を必要とするでしょう!、でもわんこは良い学習の仕方をすると忘れずにいます。

連れ合いに、いつも瞬間湯沸かし器と言われ続けていた私!その行動が何故悪い!!などと言っていた私!......

そう誰が悪いわけでもない、自分自身の内に潜む悪魔の声が......

言い訳いってんじゃねぇ~~(笑)

                    .

                    .

                    .

この記事は一ヶ月ほど前に書いて温めていた物です、前の記事と重複してしまう記事ですけれど、あえて公開しました。

ブログランキングに参加しています、ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« 保護犬のリハビリをするということ! | トップページ | 行ってきました&ジョデイのホームステイ »

コメント

428さん初めまして!、リンクの件了解ですよ~(^^)。
つたないブログですがよろしくお願いいたします。
新たに来た子を一ヶ月くらい観察だけするって結構大変ですよね、でもへたにいじくり回すよりも速く馴染むというか良くなってくれますよね。

前はさんざんいじり回して(笑)中々良くなってくれなかったことがありますから.....

Eggiさん有り難うございます。
お気づきとは思いますが、ウイーンのワンコの輪のリンクの下に!、ドイツの森というリンクを付けてあります!。
Eggiさんとは違った切り口のブログ!です。
獣医師という立場から書かれていますから当然だとは思いますけれど......

Eggiさんとは違った目線を私に与えてくれた一人です、皆さんの参考になる物があれば!と思ってリンクしてあります。

投稿: ぶんたの家 | 2008年11月20日 (木) 17時17分

ぶんたさん、お早うございます。
風邪の具合は如何ですか?

ぶんたさん、
248さんは、ウイーンのワンコの輪リンクに参加されているDoggy Labの管理人さんです。
ドッグスクールとペンション、そして保護活動もされています。

これを期に、お二人の交流が深まってくだされば、とても嬉しいです。

投稿: Eggi | 2008年11月20日 (木) 12時30分

はじめまして。
私のところでは一時預かりをすることが有りますが、
ぶんたさんのところと同じで1ヶ月位はなにもしないで
静かな生活?をしております。合図をしないでもイヌが自分で
考え付いて来るようになってきます。

新しい飼い主さんの方にもリンクさせて頂いても宜しいですか?

投稿: 428 | 2008年11月20日 (木) 09時33分

Knd_Pev77さんコメント有り難うございます!。ここでは初めてですね(^^)。
いつも色々なことを参考にさせていただいております。

保護わんこ!色々な面でリハビリに時間が掛かります、今のような保護の仕方になって、速く良くなる子もいますけれど、実際わが家で中々馴染んでくれないわんこもいます!。
チイちゃんが速く普通の子になって欲しいですね!、お互いに頑張りましょう!

投稿: ぶんた | 2008年11月18日 (火) 21時26分

犬猫は此方が怒ると駄目ですね。^^
怒ると対外負けます。
何時も穏やかに接さないと言う事を聞きません。
また、元の木阿弥にならない様にぐーと堪えて
自分の感情が元に戻るのを待ってます。(大げさですが。)
家もチイちゃんはその愛情をかけられて育たない犬の典型です。
人間との遣り取りをした事が無い。
恐怖と飢えとしか経験した事が無い。
1年半掛かっても普通の犬の10日ぐらいです。
でも頑張ります。^^

投稿: knd_pev77 | 2008年11月18日 (火) 16時21分

蜜柑さん!、Eggiさん!コメント有り難うございます。
どうも返事が遅くなってしまいました。
最近調子が悪く、風邪を引いても治りが悪くなっています。年と共にですかね~~、最近まで風邪なんかひかなかったのに?.....

蜜柑さん!、私はまだ青(Eggiさんの領域)にはまだまだだと思いますよ!もっと精進!しないととてもとても!!、まだいまだ道半ばという感じですよ。

でもEggiさんの元へたどり着けたのは、多分すでに赤ではなく疑問を持っているからでしょうね!。

Eggiさん!、あの時は本当に不思議に思いましたよ!、今まで苦労?していたことが嘘のように、勝手にわんこが.......
自分に原因があることに気がつきました!(笑)

投稿: ぶんた | 2008年11月18日 (火) 10時01分

ぶんたさんの大きな変化は、アハハァ~ 怪我の巧妙でしたかッ。

でも、そこで、すぐに『』って気が付くところがぶんたさんですよねッ。

ウイーンのワンコの輪リンクが始まってから、まだ日が浅いのに、皆さんのおかげで、《ワンコ尊重精神》に興味のある人が増えたようですよ。

賛同者さん同士の交流も出てきましたし、とても嬉しいことです。
有り難うございます。
そして、これからも宜しくお願いいたしますね。

投稿: Eggi | 2008年11月17日 (月) 15時48分

ぶんたさん、こんにちは。
以前Eggi さんのブログで書かれていた「人間が犬の世界を理解して、それに合わせれば、自然と犬も変わりますから」という言葉は、私もいつも胸の中に抱いています。

ぶんたさんが体調不良の時に、わんこたちは「お父さんが変わった」と勘違い(?(^^; )してくれたようで、でも結果的には、ワンコは良い方向へ向き、ぶんたさんも状況を客観的に見られる良い機会だったようですね。

赤色オーナーさんも、そんな偶然でもあって、「あれ?」って思ってくれれば、「青色」に変わってくれるのかもしれません。
Eggi さんの所にくるオーナーさんの発言をみていると、「赤色」な事をしていたけれど、潜在的な物は「青色」で、「赤色」な行為に疑問をもっていたように感じます。
だから Eggi さんにたどり着くんでしょうけどね。

「あれ?」と思った人が一人でも多く Eggi さんに辿りつける事を願いたいです。

投稿: 蜜柑 | 2008年11月17日 (月) 12時55分

もか王さん!コメント有り難うございます!。
嫌いだったことがある程度の距離を持ってワン子達に接していると思っていました!、ただ昔(犬が嫌いだった頃)の知識として頭に入れた、リーダー論や強制訓練が中々抜けずにいたのも事実です!。
確かに、Eggiさんと知り合い換えようとしていた前ぶりもあったのでしょうけれど、わたしのあの状態の時のワン子達に感謝しなければなりませんね!。
自分という物を気づかせてくれたのですから!!。

投稿: ぶんた | 2008年11月16日 (日) 21時06分

わが家はド田舎ですから、交通機関によっては非常に時間が掛かります!、多分ウイーンに行く方が近いかも(爆)......
まあ冗談はさておいて、グラさんとお会いしてEggiさん直伝の教えを請いたいですね!!。

わが家に来るにはアクアライン経由のバスが一番安くて速いです!。
東京駅から、近隣の駅まで1時間25分くらいですから。
駅から歩いたら家まで1時間半くらいです(爆)

駅まで迎えに行きますよ!(笑)

パピーに戻ってしまうのはいつも不思議に思っています!、何故そうなるのか?まだ理解しては居ませんけれど、面白い行動だと思っています。

投稿: ぶんた | 2008年11月16日 (日) 19時59分

おひさしぶりです。
瞬間湯沸かし器、懐かしい表現ですね。
昔の頑固親父や偏屈親父の代名詞みたいですね。
ぶんたさんは最初犬嫌いだったんですよね。
だから保護活動もスムーズにできるのかなとおっしゃってた時期がありましたよね。
私なりになるほど~感情移入しない分しっかり保護犬をお世話できるんだと思っていました。
ぶんたさんなりに葛藤があったんですね。
私だって、普通の飼い主ですが、同じように自分の機嫌の悪い時もあります。でもエッギさんのブログを読んでから、不思議と叱ることが少なくなりました。
犬が人間に被害を及ぼす時は自分の身を守るときだけですものね。
叱る必要はないんですよ。原因が必ずあるんですから。それはその場にふさわしくないストレスを課しているときです。
その解決策がわからず、てっとり早くしかりつけるという方法をとっていただけなんです。
私も反省することしきりです。
でも気付いた時がスタート、お互い頑張りましょうね。
改めて気付かされるお話でした、ありがとうございます。

投稿: モカ王 | 2008年11月16日 (日) 19時09分

どうもありがとうございます!
変化の過程がよくわかりました。
強制訓練の効果は一時的なもので、長期的にはかえって悪くなるというところに疑問を持たれたんですね。
そしてEggiさんの考えかたに出会い、体調不良時に叱らない・命令しないを意図せずして行なったことによって効果を実感したということですね。
よかったです。
たしかに保護犬でパピーがえりする子いますね。
ルルもそうでしたが、いま散歩させているボニちゃんは現在進行形です。
ぶんたさんのところに見学にいかせていただきたいと前から思っているんですが、残念なことに遠そうですね。

投稿: グラ | 2008年11月16日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬との生活:

« 保護犬のリハビリをするということ! | トップページ | 行ってきました&ジョデイのホームステイ »