« またまた子猫ちゃんが...... | トップページ | センターの.... »

2008年6月 2日 (月)

またまたミニチュアシュナウザーが、センターに....

Kt080530011 本日、先に保護されているミニシュナのことで愛護センターに電話を入れたところ、どっちの子ですか?と言われ?????となってしまいました。

金曜日に捕獲保護されていたそうなのですが、まだアップされていない時間でしたから解りませんでした。

電話では、手入れを殆どされていない状態ですと。

思わず、どちらも引き受けますよと言ってしまいました(笑)。

ただ引き出す方が多いと、私の所には廻ってこないことが多いのですが(^^)。

千葉県動物愛護センターでは、ボランテア登録したボランテアと、一般の方に一定期間(収容及び検疫)をすぎた個体について譲渡しています。

最低でも21日間センターに収容されてしまいますから、時期によっては小型犬にはきつい事があります!、寒い時期には検疫棟ではペットマットで暖を摂っている状態ですが、収容棟には暖房はありません。

どちらにしても、検疫期間が過ぎないことには引き出しは無理ですから、待つことになりますね!。

先の子については、非常に手入れが行き届いた子だそうです、多分飼い主さんが名乗り出てくれるのではないかと言っていました。

ブログランキングに参加しています、ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ 日本ブログ村もよろしく! 愛のクリックをお願いします(^^)

|

« またまた子猫ちゃんが...... | トップページ | センターの.... »

コメント

みほぽんさん、有り難うございます。
私自身は、本当に自分で出来ること以外出来ません!!
でも少しばかりの人脈と、愛護センター、保健所や各警察署などに活動を知られているだけなのです!。
たった一人の活動とはいえ、少しでも良い方向になるよう頑張ってゆきます。
リンクよろしくお願いいたします!。

投稿: ぶんた | 2008年6月 5日 (木) 20時16分

金&小梅ママさん、実は金曜日の夜にたまたま、ぷうママさんと同じようなことを書いてあることに気がついて、読ませていただき、ブログにアップしたのです!。思わぬ反響に私自身ビックリしています(^^)

>小さなことも積み重なれば大きな力となると信じて
1ワンでも多くの命を救いたいです

同感ですね、地道に少しずつ出来ることを行ってゆけば、道は開けると思っています。

これからもよろしくお願いします。

投稿: ぶんた | 2008年6月 5日 (木) 20時05分

ロデムさん、ショコラさんコメント有り難うございます。
以前馬渡代議士のブログに、飼い犬がセンターに収容されてしまい、土日を挟んだために連絡が取れずに困ってしまった飼い主さんから連絡があったと書いてありました。
何処の県の施設も殆どが、警備員が居ない場合留守電になってしまい、当番の方(担当者や職員ではありません)しか居ない状況です。

鑑札やマイクロチップが装着されていれば、速やかな連絡が出来るのです。愛犬に悲しい思いをさせないためにも是非装着をお考え下さい。

なお、マイクロチップについては保健所やセンターの規格を確かめてからの装着を!!

投稿: ぶんた | 2008年6月 5日 (木) 19時57分

桜花さん、
>自分にできうることをもっと冷静に考えてみようと思います

私は、動物保護とはこの言葉につきると思います!、背伸びしても出来ない事は出来ません物ね!。
地道に一つずつの積み重ねだと思っています、これからも精進してゆきます!。

投稿: ぶんた | 2008年6月 5日 (木) 19時43分

はじめまして、みほと申します。

昔飼ってた大好きな犬がミニシュナだったので、たまたまブログでトントンと辿り着き、一昨日の『迷子シュナ』の事を知りまして、今書き込みさせて頂いております。

今回の事で沢山の事を思いました。
飼う事の重要さ、考えさせられます。
簡単に飼えるんだって思ってしまった自分が恥ずかしい。

ペットでも、人と同じくらい価値があるって、自分の子供の様に対応すべき。貰い受けた時から、何があっても居なくなったら、必死で探す覚悟と愛情。
飼い主さんと迷子になった方からすると、どちらも淋しくなきゃいけなくて、それに私たちは、少しでも手を取り合って協力してあげるべきだと思います。

最近は、なかなかお家同士の付き合いが薄いから、なおの事探す手段は限られてきますよね。
もちろん、事前に迷子になってしまうケースを想像し、するべき事もちゃんと飼い主さんならば、把握していなければいけませんね。
でも、なにはともあれ(*^◇^*)この様な、行動をされてる、ぶんたさんに皆のぶんまで、拍手贈りたいです!!!!

出来れば、今後もこのブログに参戦したく、状況も把握させて貰いたいので、リンク貼らせて欲しいです!

みほより。

投稿: みほぱん | 2008年6月 5日 (木) 15時47分

ご挨拶がおそくなりました
ブログ掲載
そして、この子達の命を救っていただいて
ありがとうございます
感謝いたしております
命の期限って何なんでしょう?
そんな簡単に人間がそこにある命の期限をきめるなんて
おかしいです
私のできることなんてブログ掲載ぐらいしか
できないですけど
小さなことも積み重なれば大きな力となると信じて
1ワンでも多くの命を救いたいです
本当にありがとうございました

投稿: 金&小梅ママ | 2008年6月 4日 (水) 07時22分

ぶんたさん、はじめまして。ロデムと申します。
ウチにも2シュナがいて、迷子の子達が気になり
金&小梅ママさんのコメント欄から来ました。
とりあえず、命の期限が無くなったと知りホッとしました。
この事だけでも、当ブログにお越しいただく方々にお伝えしたく
勝手ながらぶんたさんの所をリンクさせていただきました。すみません・・・。
ウチもマイクロチップのこと、真剣に考えてみようかと思います。
ぶんたさんのブログを読んで、とても勉強になりました。
1匹でも多くのワンちゃんが幸せになるために
私にも、できる事があれば出来る限りの事を
やってあげたいと思います。


投稿: ロデム | 2008年6月 4日 (水) 00時45分

ぶんたさんへ・・・

同じシュナウザーを飼う者として、たまたまシュナが保護されたことを知り、こちらにたどり着きました。
命をつなぎとめていただきありがとうございます。

今は無力の自分が情けないですが、将来はなんからの形でこの子達のお役に立ちたい、と考えさせられる衝撃の出来事でした。

動物は全て、飼ったら家族、ということを一人一人が忘れなければ、こんなことにはならないのに。。。

ぶんたさま、どうぞお体に気をつけ、これからもよろしくお願いします。

投稿: ショコラ | 2008年6月 3日 (火) 21時04分

はじめまして
ぷうママさんのところよりお邪魔しました

今回の2シュナは命の期限が取り外されたのですね
よかった
ホントによかったです
とりあえず、一安心できます

以前より動物愛護センター(管理センター)で殺処分されるワンちゃん、ニャンちゃん達の事を知る度胸が痛くなる思いでした
何をすればいいのか。何ができるのか。
答えがないまま時が流れています
今回、我が家にもシュナウザーがいる関係で記事アップをさせていただき、ぷうママさん・ぶんたさんのブログを拝見することができてよかったです
自分にできうることをもっと冷静に考えてみようと思います

今回の2シュナ君については安心できたことを当ブログにお越しいただく方々にお教えしたいと思います

投稿: 桜花 | 2008年6月 3日 (火) 19時46分

jimさん、ありがとうございます!、そうなんですね、いまだに各都道府県間のネットワークは構築されていません!。また同じ千葉県内でも、政令指定都市(千葉市や船橋、柏など)は独自の運営(動物愛護)ですから、県とは懸け離れた意識ですね!。
また各保健所間でも、意識の温度差は有りますね!、担当者によってだとは思うのですが、一寸不思議な気がします。

今回、この記事を書いて反響の大きさに驚いています!一人一人の力は小さくても、集まれば大きな力になります。大勢の方が声を出していただければ、それだけ助かる(助けられる!)子が多くなります。
純血種の子だけではなく、雑種と言われる子達にも、愛の一手!!をよろしくお願いいたします。

投稿: ぶんた | 2008年6月 3日 (火) 19時35分

ぶんたさん、みなさま はじめまして、アメリカ在住のjamと申します。
いつも皆様の温かい活動を遠方からですが応援させていただいております。

最近とても気になることがあります。それは、センターに収容されている子の中には飼い主の方が懸命に探していても収容期限が短いため処分されてしまう、または保健所に迷子届けを出していても、情報が十分ではないのでは?と...

昨日こちらから千葉県の保健所に連絡を取りました。
それは、保健所に届いている迷子情報と収容された子が一致していると思ったからです。今日その子の情報がないので、無事に見つかったのではないかと思います。

迷子犬の中で、預けた先の車の盗難でその車に乗っていたワンまでどこかへ連れて行かれてしまったりと、もっと全国統一の保健所の動物収容情報やそれに兼ねて、より詳しい迷子情報があれば、飼い主の元へ戻る事ができるのではないかと思います。色々な迷子情報を読んでみると、老犬または、病気の子、首輪のない子など
とありますが、センターでは、放棄犬に見えてしまうのかなと..

私も、蓄犬登録 マイクロチップの普及、そして動物の体のためにも不妊手術は、必要な事だと思います。

ぶんたさん、いつも温かい活動をありがとうございます。どうぞ、お体にはお気をつけ下さいね。

投稿: jam | 2008年6月 3日 (火) 03時05分

皆さん、コメント有り難うございますm(_ _)m。

少なくともこの子達の命の期限は取り払われました!。

記事に書いてあるとおり、一般の方も動物愛護センターより引き出しは出来ます!!、その方がよい場合がありますね。
ただ!、可愛そうだから!と言う気持ちだけでその子を引き取らないで欲しいのです、終の棲家として終生どんな辛いことがあっても離さない!と言う事を、約束して欲しいのです。

この子達はすでに目に見えない傷を負っています!!、そのことを承知の上で愛情深く見守って欲しいのです!。

畜犬登録はもちろんですが、マイクロチップの装着もしっかり行って欲しいです。

ちなみにぶんたの家は、不妊手術とマイクロチップはすべて(獣医さんにて)行っています!!。

投稿: ぶんた | 2008年6月 3日 (火) 00時20分

ぶんたさん、お先レスお許しくださいm(__)m

アトムママさん、初めまして。ぷうママと申します。

今日センターの方に連絡した時にチラッと聞いた話ですが「係りの者が行くとトコトコ近寄ってくる、人間好きな良い子ですよ」と、引き取ることはできない・・ただ飼い主さんは現れていないかな?って私に、譲渡を勧められました^^;
体調なども問題ないし、飼い主現れなくても譲渡の方でいくんじゃないかな~?って話をしてくれました^^

落ち込んでいた私に、最高の話をありがとうございますm(__)m ・・・って、別に私の為じゃないですね(笑)

投稿: ぷうママ | 2008年6月 2日 (月) 21時04分

ぶんたさん、初めまして!
金&小梅ママの知り合いのアトムママと申します。
実はこの記事を見て、私の友人が「このシュナちゃんを引き取りたい」と申し出てくれました。
それで、この子の状態とかを詳しく聞きたいと思い愛護センターに電話をしたところ5時過ぎていたので連絡がつきませんでした。
なので、明日朝一番で、その友人が電話を入れてみる事になりました。
元の飼い主さんが見つからず、他に引き取り手がないようでしたら、この話しをすすめて行きたいと思いますが、よろしいでしょうか?
一応、ぶんたさんの方に確認しておこうと思ってコメントさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: hiromi | 2008年6月 2日 (月) 20時43分

私も朝に電話をして「どちらの??」って言われてしまいました(><)

歯も綺麗に生え揃っているし、トリミング(というか丸刈り?)したら若い子かもしれませんね。。

「もぉ、なんなんだよぅっ」って頭を抱えながらぶんたさんのこの記事読んだら、、、泣けてきました。

私、何か力になれる事ありませんか?すみません・・役不足ですが。。

投稿: ぷうママ | 2008年6月 2日 (月) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまたミニチュアシュナウザーが、センターに....:

« またまた子猫ちゃんが...... | トップページ | センターの.... »