« 理解に苦しむこと? | トップページ | またまたブリーダーの崩壊 »

2007年4月22日 (日)

山梨県の多頭飼育

動物保護という名目で、多頭飼育してしまい、どうしようもならなくなった?人がいる。なぜこの様な状態になってしまったか解らないのだろうか?。

リンクしてありましたから、観に行っている方もいるのでしょうが、すでに20年以上も前から動物を集めていたようなのです。(昭和60年の時点で犬60頭、ネコ61頭)

ある意味悪質なブリーダーよりタチが悪いのではないでしょうか?、確かに私財を投入して(ビル内を飼育場にして)行ってはいると思いますが、何かが根本的に間違っているか?解らないのでしょうね!。オーナーは保護活動を行っていると言い張り!TVの取材では、ボランテアは要らない??などと、暴言(ボランテアさんに対しての)吐いていたようなのです。

そして現在では、個人では立ちゆかなくなって、ボランテアさんや行政が対策会議を開き、今後の対応を検討している最中なのです!!。成り行きを注目していますが、この子達の将来が心配です!!。大阪府の対応のようにならないことを祈るばかりなのです。

動物保護と言う言葉を、簡単に口にする方が居ます、別の口にすることは良いのですが、動物(命)に対する責任や、社会に対する責任を棚上げしてしまい、端から観ると何をしたいのか解らない人がいます。動物保護の名の下に何故か?金儲けを企む人や、虐待を行っている人たちがいます!!。

この様な事柄は、動物保護では絶対にないはず!!、なのに平然と言い放っているのです??。

鹿児島の一件や、此の件はいい例でしょう......

何故なんでしょう?人のエゴではないのでしょうが、何かに取り付かれたように次々に捕獲して、閉じこめてしまうのです。

昔、恐怖映画だったと思う、コレクターという題名だったと思うのですが、何かを収集していた男が、ある日若い女性を、家に幽閉してしまう話だったと、(何故かTVで放映していた物を細切れに観たため良く覚えていないが)女性の絶望感に打ちひしがれた姿が、こういう現場にいるワン子達に、重ね合わせてしまいます。

逃げ出すことも、助けを呼ぶことも、満足な食事を取ることも、出来ないのですから!!。

此の現場も、帝京科学大学の学生や、多くの方々の協力により、少しずつではあるのですが改善が観られるようになったようです。

ここも多くの支援物資(フードがメインになるようです)、資金が必要です。

皆さんのご協力をお願いいたします!!。

ブログランキングに参加しました、ポチッとしてね

|

« 理解に苦しむこと? | トップページ | またまたブリーダーの崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県の多頭飼育:

« 理解に苦しむこと? | トップページ | またまたブリーダーの崩壊 »