2021年2月19日 (金)

アゲタクナイ症候群 その後

結論から言うと仔犬たちはみんな!、いっちめえやがった(笑)

ラスク君、一番里親さんの下へ行きそうも無かった子(笑)

心配をよそに幸せになっちゃいました!。Photo_20210219092301

Photo_20210219092302 Photo_20210219092401

途中の道の駅ではかなりストレス反応があったのに、里親さんの家に付いたら!!

 

あ~~ら不思議(笑)

しっかり馴染んでるラスク君の姿が、最初のあのビビリは何処へ行ってしまったの?(笑)

抱き上げただけでお漏らしをしちゃうほどの子だったのにね。

幸せになる事は私の望み。

  

そしてクマちゃんも!!、幸せだより。

Photo_20210219092403 Photo_20210219092402 Photo_20210219092404

やんちゃな仔犬のままだけれど元気に雪の中で!。

ちびは写真撮り忘れたし、里親さんも写真は撮らないみたい(笑)

それでも元気に、皆のアイドルしていると!。

幸せになるって良いな~。

 

しかし我が家には柴軍団が又来てしまった(笑)

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

イヤ!、マジヤバイ状況(笑)

仔犬たちと新入りの柴。


 


なんでヤバイかって?


可愛すぎて、アゲタクナイ症候群(笑)


Dscn5980 Dscn5982 Dscn5979


まずはラスク君。


引き出し時は2ヶ月半程度だったけど、置物の様に全く動かない超ビビリっ子だったのだが(笑)一ヵ月程度でビビリは消えない物の普通に他の仔犬たちと遊べるほどにまで。


めっちゃ可愛いのだ(笑)


 


Dscn5947 Dscn5950 Dscn5948


クマちゃん、現在推定5ヶ月程度か?ブリンドルの被毛の女の子。


実は写真が撮れなくて、寝込みを襲った(笑)が写真を撮ったら目がぱっちり開いてるやん(笑)


もう一頭の子は里親さんが決まっている、が起きていたら写真は全く撮る事が出来ない(笑)


友人の団体代表を通じて、里親募集をお願いしている。


 


その県ではかなり前から殺処分と言う文字が無いのか?と言う地域。


千葉県の愛護センターの所長とその話になったけれど、やはり住民意識が余りに違うのではないのかと?。


実際収容犬頭数、引き取り犬頭数が昔から段違いに違う上に、返還頭数も段違いなのです。


ある意味収容犬頭数=返還頭数と言う現実。


昔の千葉県とはある意味真逆だったんだよね、でもね千葉県の返還頭数は未だに横ばいだそうです、倍増してくれれば一気に居なくなりそうな予感がするんだが?。


その県の代表は、里親希望さんの方が多くて、犬探しに四苦八苦している(ある意味私の感覚ではあり得ない!)状況だったそうです。


こっちは里親希望さんを探すのに四苦八苦していたと言うのに!。


まあ里親希望さんを厳選していたと言う事は一緒だけれどもね、基本飼いきれない人は実は犬が選んで除外して行っちゃうけれどもね(笑)


犬の飼い主選択眼はやはり凄いから!。


 


此奴ら今は私にベタベタで離したくない症候群(笑)だけどさ、里親さん見つけると正に私を無視だからね、幸せになりますって言ってさ(笑)


  


そして何故か柴が来た(笑)


チビ達を動物病院で不妊手術をお願いしに行って手術中に君津保健所の担当者から電話が入った。


40代の飼い主が友人宅で倒れ、そのまま他界してしまった、飼い主はある意味天涯孤独だったようです。


警察で唯一の親族である人物に連絡を取ったけれど、引き取り拒否!疎遠だった所為も有るだろうけれどもね。


友人は一切権限が無いのも道理だけれど、保健所も実は飼い主以外引き取る事も出来ない、その友人が実際問題かうしか手は無いと説明したが、飼育環境は無理がある。


まあそれで私に電話があったのだが。


経緯が経緯なので、まあ緊急保護として引き取った。


 


まだ若い40代、実は何人も同じような事例を私は観ている、飼い主が他界そして残された家族は飼育放棄してしまう事例をね。


一番酷い例は、数頭だったけれど、40代後半で破産してしまい、動物遺棄しそのまま雲隠れ!一切の連絡が出来ず友人から相談のあった事例、既に栄養失調状態なほどだった。


会社倒産で高齢のラブラドールを保護した事も有ったな!、解雇された従業員からの相談だった。


 


老人への譲渡は私は条件付きで認めている、それは一人暮らしであっても一緒なのだから。


話はそれたけど、柴の男の子、2014年10月6日産れだと言う事はわかっている。


Dscn5973 Dscn5974 Dscn5975


保護時、口が出る(笑)事はわかったが、ストレスからくる行動だと思う、まあ順次改善していくでしょう。


慌てなきゃならない事は皆無だからね(笑)


君は家の子かな?(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。


月日の移ろいが物凄く早くなったと感じるジジイになった!(笑)ぶんたです。


箱根駅伝をネットで観ていたのが昨日の様(笑)


去年は予定外のレスキューが多発、もう受け入れません(笑)


と言いながらかなりの子が幸せへの橋を渡ってゆきましたね。


流石に今年は無理かもしれないけれど、多くの方々に微力ながら応援していきたいと思います。


仔犬たちは1頭の子が譲渡は難しい感じだけれど、他の子は既に決まったり他の団体の協力で譲渡の道が開けるでしょう。


他所の県ですが、多頭飼育現場は多くの団体やボランテアさんが入りかなり改善してきました。


月一程度で行けるかな?何て思って居たら、仔犬たちが来てそれもかなり難しいけどなるべく協力して行きます。


そこは諸事情で写真掲載は出来ませんので悪しからずです。


 


今年も老体に鞭打って!


頑張りません(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

感謝!。

皆様からの支援物資そして支援金、本当にありがとうございますm(__)m。


細々と行っている保護活動と行き場を失った子達(とは言っても老犬!)の看取り活動。


続けていくにはヤハリ皆さんの支援が本当にありがたいです。


 


   


不思議な事なんですが、支援者の皆さん、秘匿でお願いしますと!。


実は凄く多くて、氏名も金額も公表はしませんが、物資で一番多いのは動物葬祭場、


多くの飼い主さんは傷心の中、保護した子に使ってくださいと10年ほど続いている物資の支援。


様々な動物達を最後まで看取ってくれた方々達からの暖かい支援です!。


 


そして大切な浄財での支援。


今年1年、もう保護はしないと決めていたにも関わらず(笑)柴の子達、放浪犬、ケダマン君(笑)仔犬たちと次々と!。


金額的には総額ですが20万円を少し超える程度、私にとっては物凄い金額で感謝しきれません、総て医療行為に消えてゆきますが本当に感謝です。


この一年本当にありがとうございました!。


 


    


まだまだ看取りの子達は続きます、直せない様な問題行動(譲渡後逸走されたらまず捕獲不能!)から譲渡を諦め、今後10年ほどは看取り活動を続けなければならない子も居ますからね。


保護っ子の譲渡はやはり難しい!、まあ良い子の方が多いですけれどもね!。


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

老人世帯から相談の子達

結論から言うと、元のさやに納まったよ!。


最悪引き取らなきゃならないかな?なんて考えていたけれど、家族が説得まあ私の意地悪な(笑)アドバイスが聞いたのか?


まあそれも県の職員の受け売りをそのまま言っただけどもね。


フィラリア症は今では怖い病気じゃアなく!投薬で末期であっても手術を行わなくても除去できる!。


昔は確かにイチかバチかの難しい手術を行わなくっちゃならなかったけどもね!、飼い主のおじいちゃんも最後まで見届けたいと言ってくれたようで一安心。


私の知る動物病院へ通ってくれるそうですよ。


 


動物愛護推進員の面目躍如だね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«悪魔的