2024年6月14日 (金)

千葉県動物愛護センターからの引き出し。

1週間ほど前愛護センターからのわんこ3頭引き出してきました。

最近静かなセンターしか見ていなかったけど、この日は小型犬の声が聞えていた。

して本題のわんこたち。

センターでの名前はスリム君。

センターへの収容日が2023年8月28日と言う事はすでに10か月。

昔だったらとてもじゃあないけど生きてはいなかっただろうね?、問題行動が有ると言う事で登録団体さんが引き出さなかった子。

落ち着かないハイパーな男の子。

ナッツ君、柴。

この子もハイパー、推定年齢は3歳程度だけれどもう少し若いのかな?

今年の一月捕獲収容。

かまってもらえなかったから来るのか?めちゃくちゃな甘え方。

源さん、かなり高齢10歳を超えていそう、たぶん14歳から15歳程度になるのか?。

高齢犬の捕獲収容は非常に多い、そしてセンター収容後ろうそくの灯が消えるように虹の橋の向こうへ旅だって行く。

センターの殺処分数がゼロにならない最大の原因だよ。

他の犬への攻撃性は私は飼い主由来だと思う、たぶん家から離れた場所で犬小屋生活。

それでおかしくならない犬が居るだろうか?、番犬飼い私が嫌いな飼い方でもある。

皆傍に居たいんだよわんこは!。

捕獲収容したのは去年の12月19日、センターの寒さを生きながらえてわが家に。

看取り覚悟の引き出しです、たぶん他犬への攻撃性は治らないかもしれないのでね(笑)

センターで露と消えた子の分も長生きして欲しいね。

他の2頭は譲渡に向けて動いています、今までが幸せだったかは!?、この子たちの行動が物語っている。

愛情の希薄な!、モノとしか見ていないような元飼い主の心が伝わってくるよ。

 

担当者と話をしていたら、問題行動が有るからと譲渡保留ではなく、実はこの子たちを見て引き出す譲渡ボランテアさんが居なかったんだと(笑)。

私の現役時代だったら考えられない風潮だよね!、引き出せなかったら其の後は煙となって行く時代、年間6000頭の殺処分をせざるを得ない時代だったからね、それもたったの10年ほど前。

無理をしなさいと言う訳じゃあないけど、看取りはして欲しいと思っちゃうな。

 

幸せではない犬生の子たちに!幸せの光を与えたいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

生命与奪権

そんなものは誰も持ってはいないはずだが!


手元に居る子が汀に居る時に苦渋の選択をせざるを得ない。


生命維持装置を外すことがどんな事かそれを理解しているから一秒でも一緒に居たいという思い!、だがそれでどんな苦しみをその子に与えてしまうか?。


今まで数多の子を看取ってきた身でもいざその場になれば葛藤はすざまじいものになる。


保護っ子を幸せにしてあげられなかった悔しさが!そして後悔が!そして懺悔。


安楽死せざるを得ないときにいつもそれは訪れてしまう。


その子の苦しみを背負うと言う事なんだろうな!。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

久々に千葉県動物愛護センター。

行ってきました、引き出しの為に。


友人関係に紹介されたと私の家の門をたたいた依頼者さん、何度も書くが実際の我が家には門は存在していない(笑)。


まあそれは置いといて!、引き出してきた子は5歳程度と言われたガリガリ君ソーダ(笑)


ではなく激やせの女の子。











体重回復のために食事ケアを行っています、その前にちゃんと獣医師さんの検査とアドバイスをもらいました。


穏やかな子のようです。


それとも今は猫を被っているのだろうか?(笑)


しかし、なんでこんな可愛い子を激やせさせ路頭に迷わせた飼い主がいまだにこの世に存在しているのだろうか?、私には未だに謎なんだよね!。


 


直近の足かけ3年にも及ぶ多頭飼育現場でさえも、飼い主は最後まで諦めずに多くの子達を面倒見ている、その子達はふくよかでそして穏やか!、ビビリがあり人慣れが難しい子も居るが概ね穏やかな子ばかり。


30頭を超える子達を一人で面倒を見る事がどんなに大変か?、私自身も多頭飼育は否めないが一頭とて路頭には迷わせぬ!と言う気概は同じ。


でなきゃある意味強権発動していただろうね、私も保健所も(笑)。


 


こんな可愛くおとなしい子をなぜ面倒見られないのだろうか?。


不思議なメルモ、皆さん宜しくね


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

被災した犬たちの保護活動。

我々ではすべての子を助けられる訳ではないが!。

被災地から1月初旬に知人友人を通じてSOSが届いた。

現地での保護犬活動したあまりにひどい言動の団体の存在があり、我々の活動も頓挫してしまうかに思われた。

知人友人たちの飼い主に対する説得があり、2月中旬やっと数頭が救済できた。

その中で大型犬大好きな私の元へ1頭の黒ラブがやってきた。

震災のストレスで疥癬症が悪化して至急保護して欲しいと依頼された子。

現地はインフラが完全に破壊されていまだ復旧のめどが立っていない地域だと言う。

 

自衛隊などにより道路事情は改善されているので運搬には支障が無いと言う事だったので、知人友人のリレーで我が家にたどり着いた子です。

すでに医師の診断で投薬続行中です、症状の改善後不妊手術等の医療行為を行います。

君の未来は幸せしか待っていないはず。

来月の譲渡会デビューが出来るかな?。

黒ラブちゃん、女の子で5歳程度と聞いております。

性格も良く、黒ラブらしい子ですよ。

 

幸せを願ってぽちっとな!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

譲渡会。

2月18日に協力いただいている、アニーズわんにゃんの森さんが譲渡会です。


場所は、サニーキャンプフィールド、長野県上田市富士山3232で行います。


私も遠くから駆け付けます。


アニーズわんにゃんの森 さんのブログです。https://annies12forest.blog.fc2.com/blog-entry-317.html


 


ビビっと来たら信州へGo

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«明けましておめでとうございます。