2018年2月22日 (木)

パピーミルやペットショップの弊害がこんな所にも。

ある補助犬の協会役員と話した時の話。

実はその協会では、候補犬を捨てられた保護犬などから選抜している場合が多い。
ここ数年、実はほとんど候補犬になれる子が殆ど居ないと言う実情。
 
性格的な物、環境変化に弱い物、遺伝疾患などがある場合は候補犬から外さざるを得ない、性格的な物の中には繊細でビビリは当然ダメなのですが、数か月育ってからそういうメンタル面での発症が最近頻繁に見られる。
 
遺伝疾患による骨格異常なども最近とみに増えたと言う感じさえする。
 
股関節形成不全は言うに及ばず、股関節脱臼も割合は凄く増えているように感じるこの頃。
純血種でもこの疾病は多いのは解っているけれど、実は野に居る(笑)いわゆる雑種犬(ハイブリッド也オリジナルブレンドとか言い名は変わっているとは思うけど!)がかなりの確率で存在している。
 
ショップで売られていた純血種がなんらかの間違いで野に居る子達とまぐわったのかもしれない!。
田舎での確率はかなり高く、また昨近の避妊去勢の普及で、交尾の対象となる個体が減って来て居ればなおさら近親相姦の様相を呈してくるのは明白だと思う。
余りに多い雑種犬の疾病、蛇口を絞めていない現状では、純血種疾病に限らず多くなることが懸念されると思う。
 
 
余りにも無責任な繁殖を行う業者、早く免許制度と個体管理制度をしっかり確立して欲しいな、少なくとも親子6代程度まで管理できるようにして欲しいものです、そして生まれた仔犬子猫を90日齢まで親兄弟から離してはならないとする強制的な法律も制定して欲しい。
 
 
不幸な子を後世に残さないためにも、業界ぐるみで改善して欲しいと思う今日この頃、

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

支援のお願い

私は、支援を募ることは 出来るだけしないように心がけていました。
私の本業の仕事(設備メンテナンス)の収入を 犬猫の飼育にあてていますが、自営のた
めに 良い時もあれば 悪い時もあり その都度犬猫のために 何とか乗り越えて来ました
。

犬と違い猫を保護した場合は 避妊去勢を受けても決まらないことが多いので そのまま
家猫状態になっていますが、終生飼育を覚悟しています。

犬は愛護団体と提携して 私は訓練士(トレーナー)
でもあるので副業で問題犬のトレーニングをして
います。

しかし問題は 
【ぶんたの家】私個人で愛護活動をしていた時に預かった犬達がいます。
昔、少しの間預かってくれますか?の言葉を信じて 預かったまま 連絡がとれなくなっ
た団体や個人。
     
犬猫達には 罪がないのだから 私なりに 頑張って飼育してきました。
里親探しをしたのですが決まらず…
その子達もシニアになりました。(秋田犬、中型犬雑種)

一昨年、妻は 体調が悪いため 仕事を辞めました。 それでも犬猫の飼育をしてくれます
が妻が仕事を辞めた分の 穴埋めが うまく行かない状態になっています。

妻が回復して またパートが出来るようになればと願っていましたが ・・・
思うに任せていません。
   
そんな家庭の事情もあり
今回 皆様のお力をお借りして 支援を募らせて頂こうと思いました。
申し訳なく思っています。

■ぶんたの家で
昔からの保護した子達にかかる費用は

毎月分で
ドッグフード 約3~4万円(大型犬がいる)
キャットフード 約3~4万円

ペットシートが一番かかり6万円前後(スーパーワイド使用)

その他フィラリア予防薬、フロントライン数万円(期間中)

ぶんたの家の犬猫は
みんなシニアになっています。しかし 医療費は別です。

夫婦で 大好きな犬猫の保護活動を始めたのにも関わらず
こうして 支援をお願いすることを お許しください。

■支援物資の送付先は!

ぶんたの家 千葉県富津市桜井517-1
代表 永塚裕大
   
携帯090-3592-0691
なお、携帯は非通知設定、公衆電話から、番号通知不可の電話からでは掛けられません
イタズラ電話が多すぎて設定させていただいております。
■支援金の送付先は!
ゆうちょ銀行からは
記号10580 番号55903871
名前  ブンタノイエ
   
他金融機関からは
【店名】 〇五八 (読みゼロゴハチ)
【店番】058 【預金種目】普通預金 
【口座番号】5590387

皆様、心苦しいのですが
よろしくおねがいいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

多夢

我が家で保護した甲斐犬ミックス?のような子。

身体的特徴は屋久島犬のようだが、かなり小さく柴犬程度の子。
Img_11828年ほど前、知人の家の近くを放浪していたのだが、臆病な性格が災いして保護もままならず、知人が四苦八苦して何とか保護した子。
後で知った事だが、すぐ近くに住む保護活動家の子だった。
我が家で里親さん募集もしたが、我が家から出て行く事を拒否した子でもある。
1510980901753 1510981036481私の膝で甘える多夢ちゃん。
あまり写真を撮らなかった子でもあるからこれが本当に最後の写真になってしまった。
多夢ちゃん、幸せにしてあげられなかったのかな?私の下に居る事が幸せだったのか?。
8年前、まだ白くなかったお顔が保護後どんどん白くなっていった。
推定年齢15歳以上
2017年11月18日10時55分、永眠。
 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

嫌な話?

ここ数日、猫の保護依頼が殺到(笑)

友人の猫娘さんの所も子猫でてんやわんやしてるし!(滝汗)
我が家ではすでに飽和状態で受け入れは不可能、猫の寿命は長いしね。
 
朝話が来たのは、介護に携わる知人からの電話。
子猫が生まれてしまったから、山に捨てると言う話をされたらしくて、どういう風に説得したらよいかと言う相談だった。
かなり酷い状態の飼い主らしく、本人はえさもまともには上げないようだ。
諸々法に該当することを伝えたが、そのような人に法を説いても無駄なことが多い。
ネコの命優先ならば、子猫を引き取るから手術させろ(笑)位の方が良いと思うと!。
 
今までの経験上、そのような人は高飛車な言動は逆効果、ましてやその飼い主は猫嫌い(笑)と言う話だから質が悪い。
子供が欲しがったから飼ったって!、猫は物じゃあない、生きている命。
そういう人達を説得するのはまた至難の業と思う。
 
取りあえず間に入っている知人には、そういう飼い主を説得する材料(ヒント?)を幾つか掲示しておきました。
こういう人達が沢山居るから、蛇口が締まらないんだね。
 
 
 
 
もう一つは、以前多頭飼育で崩壊した、家のおばあちゃん。
家を売り、アパートに住んでいるのだが、ペット不可にも関わらず再び猫を飼いだした。
私には捨てられていたネコが居て可哀想だし私もさみしいし!
と私には話していたが賃貸物件の約束事を破るのは犯罪行為だから辞めてくださいと。
 
 
 
だが私にも隠れ!、最近判明したのは再び超多頭飼育(^^;...
娘にも通告済みだが、一切行動を起こしていないようです、そして最近聞いたのが!。
 
 
 
何だかアパートの中で子猫の鳴き声がいっぱいしている~~(^^;...
季節外れの怪談だ~~。
 
 
 
しかしここの所の猫騒動どうやったら収束するかな?
ある意味、怖い話だ。
ポチットしてね~~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

千葉県の現状

久々に更新する気になったか?

 
実は一週間前に愛護センターに登録ボランテアの意見交換会に出席してきました。
愛護センターのたたずまいはボランテア登録を行った頃と全く同じはずなのに、雰囲気は全くの別物。
 
参加者の一部の人とも話をしたのですが、あの当時は独特の雰囲気で収容棟には近づきたくない雰囲気が(笑)
何か重い空気がよどんでいたように感じていたのに。
 
 
現在登録ボランテア数は56件、内訳は個人(私も含む)26件、団体30件(うち法人6件)、この中にはあるショッピングモールに出店している某ペットショップも参加している。
そこは保護犬スペースを作って積極的に譲渡しているそうです(私はまだ見ていない)。
 
千葉県動物愛護センターではFacebookで情報発信しています。
便利なツールは使わないと!(^^)/
 
殺処分数の推移を見て、当時千葉県では不可能と思えるような数字になって来た。
10年で半減する事すら難しいと考えていたのだが蓋を開ければ...
 
平成16年度で捕獲引き取り合わせて、犬9409頭猫10,326頭、約2万頭近くの子達が収容されている。
殺処分数も、犬8613頭、猫10226頭という数字、この後数年は全国一の殺処分数を誇っていた。
それから10年以上経った平成27年度の集計。
半減目標と言う物を環境省主導の下、行政、ボランテア共に頑張ってきたかいあり、犬に関しては半減どころか40分の1の215頭まで減少。
ネコは、意外と数字的には減ってはいない、約10分の1程度の1321頭にとどまっている。
その原因は、生後数日しかたっていない子猫。
乳飲み子の生育はやった事のある人なら解るが、困難を極める。
 
私の様に日中別の仕事に行かなければならない人間では、成功率は半減してしまう。
夜間人の居ない愛護センターではかなり無理があっただろう。
 
現在新たな取り組みとして、子猫の授乳ボランテアを募集中、テストケースで行ってきていたが、少数ではその方たちに時期的に集中してしまう事があり、広く募集する様だ。
 
病死や衰弱死でも、死んでしまえば処分数としてカウントされてしまいます。
お近くの子猫飼育経験者の方を広く募集中だと言う事です。
 
そう言う方策で少しでも処分数を減らすことが出来たなら、劇的改善だと思います。
 
千葉県でも、行政としての処分数ゼロが近づいてきているように感じました。
また譲渡や啓もうにも力を入れてきていますよ、Facebook見てね!。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«更新忘れてる(笑)